2017/2/23 | 投稿者: pdo

僕は今、メキシコの首都、メキシコシティーにおります。




久しぶりにオザケンの『我ら、時』というライブアルバムをひっくり返してみたら、そんな文章のある小冊子が入っていた。

ちょうど今、メキシコといえば僕たちの間でちょっとしたブームでもあり、以下その内容をかいつまんでおきたい。

* * *

えーと、アメリカ合衆国の歴史は、「もともと住んでいたネイティブアメリカンたちを、人口が95%以上減るくらい大虐殺した」という、ぞっとするような事実が無ければあり得ないわけです。

人口が95%以上減ってしまったというのは、北米の話で、メキシコでも大規模な殺戮があったわけですが、北米の状況を「核爆弾によってインディアンが消去された」と例えるなら、メキシコ側は「核じゃない爆弾によって殺された」くらいの違いがあります。どっちにしてもひどい話です。

メキシコと言うのは、ネイティブアメリカンと言われるものの魂が、日常の中にムラムラと漂い、近代化と産業化とぐちゃぐちゃになりながら生きている場所です。

それは北米における「インディアン文化保護区」みたいな生き残り方ではなく、ネイティブアメリカンの魂が、混沌とした日常の中できらめいている。

北米で自らのルーツや歴史や文化に深い疑問を持った学生なんかは、メキシコに下って行くというのがわりとあります。ジャックケルアックという「路上」という小説を書いた人や、イヴァンイリッチという知識人なんかが代表で、カウンターカルチャーとかヒッピーの価値観には、インディアン、メキシコという色が濃いです。

ちなみに小沢健二さんの妻エリザベス・コールさんも、20歳の時一人でバスに飛び乗ってメキシコに向かい、メキシコで新聞記者として記事を書いたりもしています。

そんなメキシコは、「未来都市メキシコ」という一面も持っています。未来と言ってもSF的な嘘の未来ではなくて、現実の、この土の上にやってくる未来の感じ。

例えば、メキシコシティー空港の第二ターミナルを利用する人は、車いすに乗った係員さんに案内されます(2010年10月当時)。空港では60人の車椅子に乗った職員が働いていて、もちろん車いすの人が意図的に採用されているのですが、別に大袈裟な感じは無くて、普通にたくさんの人が車椅子でスイスイ動いています。

あるいはメキシコシティーでは、同性同士の結婚は、異性の結婚と法律上同じで、国内のどこでも有効です。またメキシコシティーには公共の自転車システムがあって、市民は町じゅうの自転車ステーションに止めてある市の自転車「エコビシ」を利用できます。

メキシコは市民による抗議運動が多い事でも有名ですが、これは1917年にできた革命憲法によって「国民が抗議をする権利」が保証されているからだ、と言われます。この憲法は「社会権」というものを世界で初めて認めた憲法で、それより後にできたドイツのワイマール憲法の方が有名なのは今の世の中の仕組みのせいです。

100年前にできたメキシコの憲法は、簡単に言うと百姓一揆が成功した結果の憲法です。現在のメキシコは、百姓一揆で世の中がひっくり返ったあとの世界みたいなものです。

そんなメキシコでは、やっぱり社会とか政治とか文化についての意識がとても高くて、だから自然と本屋さんとか文化施設のレベルが高くなります。

政府が支援している文化施設「カーサ・ラム」なんて「ご立派!」という感じ。

本屋さんでも、メキシコシティーで人気の「ペンドゥロ」は、広くてお洒落で食事もできて映画も借りられて夜はライブや朗読が見られて、という空間。このお店の本の選び方、並べ方、雑貨、食事の充実ぶりは、どれもさすが。

あるいは古いアールデコの建物を改築したすてきな本屋さん「コホネブランコ(白うさぎ)」も、地味な立地にもかかわらず、お風呂場を本売り場にしていたり、とてもお洒落。メキシコ製の服ばかり売る部屋も、すてきなカフェもあります。

メキシコで社会に対する意識が高い理由の一つには、1985年のメキシコシティーでの大地震の経験があると言います。地震後に助け合って生きる中で、人々は「近所の人で自治をするのが一番効率がいい」と気づいて、寄り合いを活発に開いて、どんどん自分たちで政治をするようになった、という歴史があるのです。

このように住民自治もしっかりしている知性的な面のある一方で、麻薬組織関連の殺人が48分に1件起こるという暴力的な国でもあります。しかしこの知性的なメキシコと暴力的なメキシコは実はつながっていて、何が起こるか分からないワイルドな場所だからこそ、それを生き抜く知性が必要、みたいな関係があるような気がします。

そして、その知性は身近な暴力との緊張関係によって、研ぎ澄まされていると思います。

* * *

そんなメキシコで、今週から映画『この世界の片隅に』のプロモーション活動を行う片渕監督とのんさんはじめスタッフ御一行様、どうかよい旅になりますように!
2

2017/2/21 | 投稿者: pdo

マジか(笑)

Mステにも出るらしい(笑)

もちろん嬉しくて笑ってるんだよ(笑)

これが最後のシングル(笑)




というわけで、早速買ってきた。

オザケンのエッセーによる全面広告が掲載されている今日付けの朝日新聞と一緒に。



『球体の奏でる音楽』を連想させるジャケット。後姿は息子さんのようだ。



新曲(去年や過去のライブでは既に披露されているらしい)は、思ったより「はっちゃけてる」感じ。しばらくリピートし続けることになりそうだ(笑)
1

2012/12/26 | 投稿者: pdo

小沢健二、来年6月にパパに 公式サイトで妻を紹介

歌手の小沢健二(44)が公式サイトで、妻の妊娠を発表した。現在妊娠4ヶ月で、来年6月6日に出産予定。小沢は妻について初めて言及し、お相手は36歳で互いに初婚であることも明かした。

現在、米ニューヨークを拠点に活動している小沢は、コンサートの舞台美術やデザインを共同作業で行っている妻について「本名はエリザベス・コールで、結婚しても名前は元のままです。僕も変えていません。お互いに初婚です」と公表。「アメリカ・コネティカット州生まれで、現在36才。お父さんはアイルランド系アメリカ人、お母さんはイギリス人。なので正確にはアメリカとイギリスのハーフです」と紹介した。

 一般人の妻のプロフィールを公開したのは「情報を出さないという選択肢もあるのですが、今どき、そのほうがむしろ誤情報が広まったりします。そして妊娠は明らかに、僕のお腹に起こっていることではなく妻に起こっていることなので、その妻の人となりを少しお話ししつつ、僕らの日常に起こっている息をお伝えすることにしました」と綴っている。

 小沢は「妊娠がわかってからもう大分経つのですが、僕としてはただ『女性ってすごいなあ』という感を強めるばかりで、男親および男性というものの役割は一体何なのか、裏庭を通りすがる近所のオス猫などをにらみつつ、考えております」と心境を明かした。



オザケンも44歳ですか。パパですか。

いまだにこうしてニュースになるってすごいなあ。

そういえば、樋口毅宏の小説『さらば雑司ヶ谷』の中でタモリがオザケンについて語っている言葉を登場人物が引用する場面についてのエピソードについて水道橋博士が『藝人春秋』の中で引用していたなあ。

 雑司ヶ谷の甘味処「よしの」で、常連客が「人類史上最高の音楽家は誰か」という死ぬほどくだらない議論に花を咲かせる場面。ジョン・レノンやマイルス・デイヴィスといった名前が飛び交う中、店主の香代は「オザケンだよ。小沢健二」と断言する。

その場に居合わせた五人ほどの男たちは、腹を抱えて笑い転げた。角井なんぞは目に涙さえ浮かべている。

「東大を出たことが取り柄の、あのお坊ちゃんか。おい。俺たちはな、『あの人は今』の話をしてるんじゃねえんだ。人類史上最高の音楽家は誰かって話をしてるんだ」

 香代の笑顔は勝ち誇ったものに変わった。(中略)

「あんたら、『さよならなんて云えないよ』の歌詞をよく読んでみな」

「知らん、そんな曲」


そう言われた香代は、「さよならなんて云えないよ」を、その場で朗々と歌い上げる。

そして、タモリの話を引き合いに出して、長々とオザケンの素晴らしさを語り始める。

「むかし、いいともにオザケンが出たとき、タモリがこう言ったの。『俺、長年歌番組やってるけど、いいと思う歌詞は小沢くんだけなんだよね。あれ凄いよね、“左へカーブを曲がると光る海が見えてくる。僕は思う、この瞬間は続くと、いつまでも”って。俺、人生をあそこまで肯定できないもん』って。あのタモリが言ったんだよ。四半世紀、お昼の生放送の司会を務めて気が狂わないでいる人間が! まともな人ならとっくにノイローゼになっているよ。タモリが狂わないのは、自分にも他人にも何ひとつ期待をしていないから。そんな絶望大王に、『自分はあそこまで人生を肯定できない』って言わしめたアーティストが他にいる? マイルスに憧れてトランペッターを目指すも、先輩から『おまえのラッパは笑っている』と言われて断念して、オフコースが大嫌いで、サザンやミスチルや、時には海外の大物アーティストが目の前で歌い終えても、お仕事お仕事って顔をしているあの男が、そこまで絶賛したアーティストが他にいて? いるんなら教えてちょうだい。さあさあさあ」

 ウメ吉が舌打ちをする。タモリが言うんならしょうがねえかといった表情だ。


さらにオザケン談義はつづく。

「あれはどういう意味だ。“嫌になるほど続く教会通りの坂降りて行く”ってのは」

 豆腐屋の謙吾が訊ねた。こいつは「豆腐の角に頭をぶつけて死ぬことは可能か」を確かめるため、豆腐屋になったという変わり者だ。

「“教会通りの坂”は神に定められた私たちの人生のこと。それが“嫌になるほど続く”と思っていた歌の中の主人公が、“左へカーブを曲がると、光る海”、つまり、産み。生を肯定して、“この瞬間は続くと、いつまでも”って自己回復していくの」

 謙吾がなるほどと顎を擦った。こうなると香代の独擅場だ。



オザケンの歌詞は深読みしようとすればきりがない。上記の解釈はあくまでも一例にすぎない。

オザケンの歌詞で、いちばんストレートなのは『ある光』だろう。これも自分自身と生への肯定に満ちた唄だ。


「強烈な音楽がかかり 生の意味を知るようなとき
 誘惑は香水のように 摩天楼の雪を融かす力のように強く
 僕の心は震え 熱情がはねっかえる
 神様はいると思った
 僕のアーバン・ブルーズへの貢献」



小沢健二氏が父親になる決意と覚悟をしたのは、彼がこんな世界の未来への希望を捨てていないことの証だと思う。

「ひふみよ」のライブCDもよかったけれど、新曲のレコーディング作品も待ってます。


ちなみに、小沢健二の楽曲の中に「引用」されている曲のリストをまとめたものがあったので、ここに引用しておく。

最近オザケンにハマった人(あんまりいないかもしれないが)の参考になれば。


○「昨日と今日」 from 「犬は吠えるがキャラバンは進む」(1993.09.29)

「はいからはくち」/はっぴいえんど from 「風街ろまん」
「That Lady」/The Isley Brothers from 「3+3」

ベースラインが「はいからはくち」に、サビ手前のメロディが「That〜」に似てる。

○「天気読み」 from 「犬は吠えるが〜」

「Don't You Worry 'Bout A Thing」/Stevie Wonder from 「Innervisions」(1973.08)
「Tuesday Heartbreak」/Stevie Wonder from 「Talking Book」(1972)

どっちもメロディを引用、サビは 「Tuesday〜」のサビを使ってます。

○「暗闇から手を伸ばせ」 from 「犬は吠えるが〜」

「Reach Out of the Darkness」/Friends&Lover from 「Summer of Love(オムニバス)」(1968)
「Keep on Running」/Stevie Wonder from 「Music on your mind」(?)

「友達は家に...」をF&Lから引用、”ヘイヘイヘイ”の掛け声は「Keep〜」からの引用。

○「地上の夜」 from 「犬は吠えるが〜」

「Willie and The Hand Jive」/Eric Clapton from 「461 Ocean Boulevard」(1974)

イントロのギターがそっくり。本人が参考にしたと言っていた。

○「向日葵はゆれるまま」 from 「犬は吠えるが〜」

「Open Our Eyes」/Funkadelic from「Music for Your Mother」(?)

ハンドクラッピングとピアノの伴奏が同じ。

○「カウボーイ疾走」 from 「犬は吠えるが〜」

「Darling, Be Home Soon」/Lovin' Spoonful from 「Daydream」
「Melting Pot」/Booker T. and the MG's 
「I wouldn't change a thing」/Coke Escovedo from 「Comin' at ya」
「Cross the track」/Maceo&The Macks from 「The J.B.'s Funky Good Time The Anthology」

出だしのメロディが「Darling〜」、中盤で「I wouldn't〜」が出てくる。間奏のオルガンを「Melting〜」から引用。キーボードを「Cross〜」から引用。

○「天使たちのシーン」 from 「犬は吠えるが〜」

「Tripping Out」/Curtis Mayfieled  

リズムパターンとベースラインがそっくり。

○「ローラースケート・パーク」 from 「犬は吠えるが〜」

「Jolie」/Al Kooper from 「Naked songs」
「Please Don't Go」/Stevie Wonder from 「Fulfilingness, First Finale」
「Rollerskating jam named saturdays」/De La Soul from 「De La Soul is Dead」

オープニングの雰囲気が「Rollerskating〜」っぽい。サビが「Jolie」のイントロ。ラストのリフレインで「Please〜」を引用。

○「愛し愛されて生きるのさ」 from 「LIFE」(1994.08.31)

「銀河鉄道999」/ゴダイゴ 
「Barnoon Hill」/Pacific 

出だしが「銀河〜」のサビ、雰囲気が「Barnoon〜」。

○「ラブリー」 from 「LIFE」

「Clean up woman」/Betty Wright from 「?」(?)

バックトラックは同じだそうです。

○「ドアをノックするのは誰だ?」 from 「LIFE」

「I will find away」/Jackson5 from 「Maybe Tomorrow」

○「僕らが旅に出る理由」 from 「LIFE」

「You Can Call Me Al」/Paul Simon from 「Graceland」(1986)
「Late in the evening」/Paul Simon from 「Graceland」


○「おやすみなさい、仔猫ちゃん」 from 「LIFE」

「Smile Happy」/WAR from 「Colleccion Latina」
「Sunshower」/Dr.Buzzard's Original 'Savannah' Band from 「Free Soul Impressions(オムニバス)」

前半が「Smile〜」、後半が「Sunshower」。

○「強い気持ち 強い愛」 作曲:筒見京平

「Dreamin'」/Loletta Holloway from 「Loletta」
「Sexy」/MFSB from 「Universal Love」

○「戦場のボーイズ ライフ」 from single(1995.05.17)

「This is your life」/The Blow Monkeys from 「Choice」
「Come to million keynes」/The Style Council from 「Our favorite shop」
「Love is the message」/MFSB 

終わり方が「Come〜」っぽい。中盤のメロディが「This is your〜」に似てる。

○「さよならなんて云えないよ」 from single(1995.11.08)

「Black or White」/Michael Jackson from 「Dangerous」(1991)

イントロのリフ(参考:My Little Lover「Alice」)

○「痛快ウキウキ通り」 from 「?」(1995.12.20)

「Unhooked Generation」/Frenda Payne 

イントロが「Unhooked〜」のリフに似てる。

○「カローラIIにのって」 (1995.01.01)

「4つの種」/山内修一 

○「大人になれば」 from 「球体の奏でる音楽」(1996.10.16)

「北京ダック」/細野晴臣 from 「トロピカル ダンディー」

○「恋しくて」 from single「buddy」(1997.7)

「Manic Monday」/Bangles from 「Different Light」(1986)

○「ある光」 from single「buddy」

「Black or White」/Michael Jackson from 「Dangerous」
「Good As It Can Be」/Eric Kaz 


○「ダイスを転がせ」 from 「指さえも/ダイスを転がせ」

「Goodie Two Shoes」/Adam Ant from 「?」(1982)

0

2012/9/2 | 投稿者: pdo


週末は「我ら、時」のブックレット読み、ライブ聴き。

やっぱオザケンいいわ〜。高まる。

賛否両論あるだろうが、小沢健二には、いい意味でのエリート主義を感じる。

強さも弱さもひっくるめて、愛すべき表現者だ。

あんな風に言葉をキラキラさせられる才能と存在感が羨ましくもある。

高まる。
0

2012/8/31 | 投稿者: pdo

小沢健二のライブCD3枚組+本3冊+その他もろもろグッズで豪華装丁の「我ら、時」という作品が一般発売(これまでは限定販売のみ)されたことを偶然知り、さっそく購入。

買うしかないっしょ、これは。

装丁が凝りまくっているので箱を開いて中身を出すだけで一苦労。

これから読む&聞く。

そういえばオザケンの「LIFE」が出たのは1994年の8月31日らしい。

もう18年前になるのか・・・


0




AutoPage最新お知らせ