2020/2/24 | 投稿者: pdo

太永浩『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』と荒巻正行『巨人の箱庭 平壌ワンダーランド』という本を読む。

太永浩(テ・ヨンホ)は北朝鮮の外交官で、2016年に亡命した。脱北した外交官の中では最高位級で、文字通り「外交秘録」といった内容。韓国でもベストセラーになった。

外交官というポジションは視野と見識が広く、世界の現実を知っているだけに、北朝鮮政権の非人間性にも自覚的になれるのだろう。この本を読めば非常に常識的でリベラルな価値観の持ち主であると分かるが、北朝鮮内部のエリートはこのような認識を持ちながら奴隷のように独裁者に仕えざるを得ない、あまりにも過酷な人生だ。彼自身も暗殺対象となっているに違いなく、まさに命を懸けた告白である。著者は4月の選挙で小選挙区から韓国の国会議員に立候補するという。こういう人が統一の暁には指導者になるのがふさわしいのではないか。

『巨人の箱庭』は、平壌の建築デザインの変遷を論じながら北朝鮮の歴史とその社会を分析するという内容で、とても興味深く読んだ。北朝鮮についての本は妙なバイアスがかかったものが多く、真面目な本は人権問題に焦点を当てたものが多いため、正直読むのがキツいのだが、この本のユニークな視点は斬新だった。最後の章には、ファンキー末吉が教えたロック少女(?)たちの写真もあって楽しい。

日本と韓国と北朝鮮は、まったく違うようでいて、実はパラレルワールド的な近親性を持っているような気がする。いつの日かこの三国の人民が自由に屈託なく交流できる日が来ることを願うばかりだ。
0

2020/2/23 | 投稿者: pdo

元爆風スランプのドラマー、ファンキー末吉がこんな本を書いているのを見つけ、古本屋で110円で購入。

クリックすると元のサイズで表示します

めちゃくちゃに面白かった。

彼が北朝鮮の学校で生徒たちにロックの演奏技術を教え、「北朝鮮初のロックミュージック」を製作するに至る過程は、上記の本と彼自身のブログに報告されている。

その曲『물음표(クエスチョンマーク)』は彼の動画にアップされている。



これを歌った少女たちは今どこでどうしているのだろう。それは彼にも分からない。

クリックすると元のサイズで表示します

それと、北朝鮮の音楽が五拍子だというのを初めて知った。
0

2019/8/6 | 投稿者: pdo

「音の感知可能な性質の裏に静寂という本質が隠れていることくらい、こっちはじゅうじゅう承知しているんだ。音はまさしく静寂という本質から力や伝導的性質をひきだすのだ。知覚可能なものの萌芽が生まれつつあるが、まだ音になるのか光になるのか、あるいはまったく別のものになるかも決定されていない危機的な一点からね。見えるのは音、聴こえるのは太陽、という自然の裏側から」
(ルネ・ドーマル『大いなる酒宴』より)


選ばれた作品をご紹介します。

タピオカの気持ちがわかる吸われずにカップの底に残ったほうの

残った方に感情移入しているところにグッときた。(枡野評)

君の話まだ聞きたいよタピオカの一番長い列に並ぼう

行列の長さに触れた作品が多かった中、たくさん話せるというメリットに着目した点が良かった。(枡野評)

思い切るつもりでフタを開けているストローなしでタピオカを飲む

ストローなしで飲むことに勢いを感じた。「思い切る」という言葉に何か結論出したときに「ストローなしで飲む」という行動をとったことが思い浮かんだ。(枡野評)

植え込みに打ち捨てられたタピオカが卵のように寄り添っている

タピオカを卵に見立てた作品は多かった。飲み切らずに満足して植え込みに捨てられている様子が目に浮かぶリアリティー。悲しさを感じるが「寄り添う」という言葉に温かい面を感じた。(枡野評)

キャッサバが含まれているから讃岐うどんは実質タピオカである

*キャッサバ(芋)はタピオカの原料。一部の讃岐うどんに使われていることもあります。
同じ原料だからといって同じというのは乱暴ではあるが、そこがポエジーに。みんなが「違うぞ」と言いたくなることが、作者の手のひらに乗せられている感じがある。(枡野評)

タピオカを吸うのに夢中だったのでごめん話は聞いてなかった

タピオカは他の飲み物よりも気が散る。話をしている相手よりも夢中になってしまったという気持ちの寂しさを描いた点が良かった。(枡野評)

君のその話もタピオカドリンクもひっかかったままうまく飲めない

話とドリンクをうまくかけている。(枡野評)
0

2019/4/2 | 投稿者: pdo

Chen(Exo) Beautiful Goodbye



0

2019/2/18 | 投稿者: pdo

2週間くらい前に妻にアマゾンで注文してもらったマーク・フィッシャー『資本主義リアリズム』の原書が届く。

邦訳の半分くらいの厚さの、薄い本だったのが意外だった。

町屋良平『青が破れる』と『しき』を図書館で借りる。

0




AutoPage最新お知らせ