コメントへの返信

2014/6/20 | 投稿者: pdo

※コメント欄にコメントできない(システム管理者による制限?)ので、前回の記事にいただいたコメントの返信を以下に書かせていただきます。

>ひできさん

コメントありがとうございます。

原作を読む限り、私もひできさんと同じ感想を抱きます。

芦川先生が関に惹かれる要素が原作からはあまり見いだせないのは確かです。

今回の記事は、私が勝手に脳内補完しての結論ですから、原作の中で関と三島と芦川先生を巡るエピソードをもっと掘り下げてほしかった気はしますね。そうすればもう少し納得いったと思います。

関は、三島が死んでいたことも知らなかったし、芦川先生に電話して「三島君について聞きたい」などと言っていることから、三島のその後の転落人生についてはまったく知らなかったようです。

その一方で、芦川先生に対しては、10年以上もの間一人で誕生日を祝ったり、「あなたのことをかたときも忘れたことはなかった」と言っているくらい、尋常ではない思いを持っています。

関が一種のストーカー的人格の持ち主でないとすれば(その可能性も捨てきれませんが)、芦川先生と関の間には、過去に相当心を通わせた事実があったとしか思えないのです。

そして原作では、芦川先生が、初めてあって間もないころ、元気から初めてシャーク堀口と関の因縁話を聞いたとき、ただ事ではないくらいショックを受けた表情をしています(アニメ版ではそんな表情はしていないので明らかに解釈が異なります)。

その後も、三人(関と三島と彼女)の間に何かあったことを仄めかす描写はわずかに出てくるのですが、具体的に何があったかは最後までわかりません(堀口・関戦の関の回想は、関と芦川先生の出会いと、関が二人の交際を知ってショックを受ける描写はありますが、その後のことが書かれていません)。

『がんばれ元気』は、基本的に終始元気目線からの物語なので、芦川先生目線からは、実はまったく違った物語があるのではないか、などと妄想してしまいます。

芦川先生が薄幸な女性として一生を過ごしそうというひできさんのご意見には私も同感です(笑

「田沼元気」の今後の人生にとっては、石田とも子のような女性がふさわしいと私も思っています。原作ではとも子が可哀そうすぎましたしね。。。


以下は、完全に妄想モード突入で気持ち悪いので、読まなくて結構です

僕の妄想する『がんばれ元気』その後

・ 元気が実家に戻り、田沼元気になって高校に入り直し、しばらくしたころに海外の芦川先生から手紙が来る

・ その手紙には、ヨーロッパにいる芦川先生のもとに関拳児が現れ、プロポーズされたこと、芦川先生がそれを受け入れたことが書かれていた

・ それに続いて、芦川先生(以下悠子)と関との間の過去の因縁が詳しく語られる

  (以下回想)
  

   三島は悠子を賭けて関と対決し、無残に敗れた後、悠子の前から姿を消した

   三島は悠子に、自分とは縁を切り、絶対に探すなと固く言い残していった

   途方に暮れた悠子の前に関が現れる   

   関は、三島との戦いの後、三島を闘争心むきだしにして叩きのめしたことに対して深い自責の念に囚われていた

   悠子は関から、両親を失い、貧乏と屈辱の中で育った幼い日々の話や、荒んだ少年時代の関がボクシングに目覚め、チャンピオンを目指してプロになるまでの詳しい話を聞かされる。プロになった後、ロートルボクサーとの戦いでうぬぼれた目を覚まされたことについても。

   悠子の中に関に対する共感と関に惹かれる思いが生まれるが、三島への想いとの間で葛藤する

   そんな中、悠子は三島が極道に堕ち、やくざの用心棒をしているという噂を聞く

   危険を冒して三島に会いに行く悠子。悠子が襲われるところを土壇場で三島が助け、相手に深い傷を負わせ、死に至らしめる。三島の背中には一面の刺青が。

   三島はそのまま自首、傷害致死の罪で服役。

   三島は悠子に、自分とは縁を切り、関の支えになってやれと強く勧める

   悠子は、三島の人生に寄り添うことを決意し、関に手紙を書く

   以来、関と会うことはなく、連絡を取ることもなかった

   地方都市で小学校の教師になり、元気と出会う。三島の死。元気の成長。

   元気を通じて10数年ぶりに関と再会し、関から交際を求められる

   元気の悠子に対する思いを知っていた悠子は、ここでも葛藤する

   元気が自分と心中してくれるならそれでもいいとさえ思ったが、

   元気が関との戦いに勝ち、目標を達成したことを見届けて、

   悠子は元気の人生に対する自分の役目は終わったことを悟り、
   元気にはこれから自分よりもふさわしい相手が必ず見つかると確信するようになる


   関がヨーロッパで暮らす悠子の行方を探し、プロポーズするまでの話。

   
   ボクサーとしては非情で完璧主義だった関が、悠子の前では情けない弱さをさらけ出す。

   悠子なしでは生きていけないと悠子の足に取り縋って泣く関。

   三島の転落人生を悠子から聞かされ、号泣する関。

悠子がプロポーズの返事をためらっているのを見て、自暴自棄になる関。

   悠子は、これから自分はこの人を支えるため生きていこうと思う。。。 

  (回想おわり)


・ 手紙を読んだ元気は、芦川先生の選択を受け入れ、彼女にお祝いのメッセージを送る

・ 関と芦川先生の海外挙式のニュースが日本でも報じられる

・ 傷心の元気のもとに石田とも子が現れる

・ とも子から、改めて元気への想いを打ち明けられる

・ 火山に対する遠慮もあり葛藤するが、なんだかんだで結局元気はとも子の想いに応える

  めでたしめでたし


漫画としては面白くなさそう。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ