きずな 流星ひとつ

2013/10/31 | 投稿者: pdo

1970年代を代表する歌謡曲(演歌)のスター藤圭子が衝撃的な死を遂げたのが今年の8月22日。

今の世代には、宇多田ヒカルの母親と言った方が分かり易いだろう。

その死を契機に、藤圭子に関する2冊の重要な書物が刊行された(1冊は復刊)。

1冊は、彼女の大ブレイクを演出した作詞家、石坂まさをの自叙伝『きずな』(文芸春秋社)。もう1冊は、ジャーナリスト沢木耕太郎による藤圭子28歳の引退宣言直後のインタビューを収めたノンフィクション『流星ひとつ』。

この2冊を面白く一気に読んだ。

読んでいるうちに、藤圭子、石坂まさを、そして沢木耕太郎というそれぞれの稀有な個性と才能が浮き彫りになってくる。特に、藤圭子というのはひとつの時代を象徴するだけの特異な才能の持ち主だったことが分かる。

感想は改めてじっくり書きたい。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ