2021/9/10 | 投稿者: pdo

小谷野敦が千葉雅也をモデルに書いた小説(『僕のエメリタス』)というのをkindle版を買って読んだ(電子書籍『グンはバスでウプサラへ行く』に収録)。

すごく面白く読んだ。千葉雅也の小説『オーバーヒート』は明らかにこの小説の影響下で書かれているのではないかという気がした。

今まで読んだ小谷野敦の小説の中で、ダントツに面白い。他人を主人公にすればこんなに面白い小説が書けるのに、芥川賞候補作になった私小説とか『悲望』のように自分のことを書くとイタさが勝ってしまうのは、やっぱり根が批評家体質にできてるということなのか。

こんな面白い小説が埋もれているのはもったいないから、千葉雅也の小説が高く評価されているのに乗じて再評価されてもいいのにと思った。
0




AutoPage最新お知らせ