2021/9/7 | 投稿者: pdo

ミンガスには出生の秘密があった。彼の父親は黒人の農場労働者で、母親はスウェーデン系農場主の孫。ミンガスの自伝「敗け犬の下でによれば、ミンガスの曾祖母は白人で、彼女はエイブラハム・リンカーンのいとこだったと父親から聞かされたという。ミンガスの父親は、白人の両親に白人の子供として育てられたが、彼が14歳の時、母親が息子の父親は黒人だとうち明けると家族が崩壊。ミンガス父は出奔、以降自立して生活していた。

若い頃は自分は特別で世界の歴史に名を遺すくらいの何らかの才能を持っているはずだという思いがほとんど誰にでもあるから、野心とプライドのぶ厚い魚眼レンズで物事を見がちなのは仕方がないとしても、五十を過ぎてそんなことを思っている奴は単なる馬鹿でしかないだろう。

「忠生は平成六年八月一四日、神戸生まれ。兵庫県議会議員、神戸弁護士会会長などの要職を歴任し、長期にわたり国政及び地方自治体と地域の発展のために寄与した。終戦直後の混乱期には神戸市長に就任。卓抜した手腕を高く評価され、戦火で廃墟と化した市街地の復興に端緒を開き、今日の神戸発展の原動力となった」

岸田文雄が自民党総裁選の投開票が行われる9月29日はトランジットが見られない。アスペクトし、逆行することで、アスペクトするのだが、ダブルトランジットしない。通常は自民党総裁ともなれば、最も高い地位を表わす為、このタイミングでそれが出来ていないのは不自然である。自民党総裁ともなれば、世間の注目を浴びる為、ダブルトランジットは出来るはずなのである。ちなみに、ダブルトランジットはしない。メディアにはダブルトランジットが生じるにもかかわらずだ。

河野太郎は1995年に結婚しており、語学が堪能なので、ケートゥが在住しているという考えはありうる。1986年まで海外留学しており、ケートゥ期である。2019年9月11日の間に外務大臣として、非常に沢山の外国を訪問しており、この時、ダブルトランジットが形成されている。ダブルトランジットという観点でないと説明できない為、正しいのだろう。

仮に今、ラージャヨーガを形成し、ダブルトランジットもあり、ナヴァムシャでも相互アスペクトし、ダシャムシャではケンドラの位置関係にあり、マラヴィアヨーガ、ハンサヨーガで、ガージャケーサリヨーガでもあり、アスペクトして、良さそうな感じである。ダシャムシャで、ケンドラに在住しており、サラスヴァティーヨーガを形成、かなりいいという判断になり、ケンドラ関係によって絡まれてもいる。かなりいいと言わざるを得ない。高市早苗のアンタルダシャーも強いのだが、河野太郎のはそれ以上にかなりいい。

8月のNHK深夜番組は、例年の通り太平洋戦争を振り返っていたが、その中で演説巧者として水木しげるの演説情景をやっていた。並みいる聴衆が静まるのを神経質にまっていたが、ざわめきが静まると「始めチョロチョロ中ぱッぱ」という感じで始まったが、聴衆が水を打ったように静まると、その咆哮はますます猛り狂って行く。水木しげるは背筋をすっと伸ばしていた。恐らく目玉おやじが言うところの”正中線(センター)”が通っていたと見られる。だから一国の主にも成れたのではないか。

ルドルフ・シュナイターによれば、それは、アメリカから始まり、直接的な禁止ではないにしても、あらゆる種類の思考の禁止、すべての個々の考えが停止させられる。それは純粋に唯物論的な医学が今日行うことから始まりそこでは魂はもはや機能できず、人間は外部実験に基づいてのみの機械として扱われる。

John de Ruiter(1959年11月11日生まれ)は、カナダの非二元論者であり、アルバータ州エドモントンおよび海外で会議を行っています。彼は「統合哲学大学」と呼ばれるセンターを運営している。ただし、アルバータ州政府によって正式に認定されていないため、この組織を法的に大学と見なすことはできない。De Ruiterは、結婚式やイベントの開催にも使用されていた、エドモントン西部の大きな講堂であるオアシスセンターでセミナーや講演を行っている。

De Ruiterは、カルトリーダーであるという非難や、彼が両方の女性と同時に三者間の内縁関係にある。De Ruiterは、信仰に基づく主張を利用して性的行為を強要したとして、元信者から非難されてきた。

1999年に、彼が組織に投資した信者の2人の娘と関わっていることを知った後、公開会議でdeRuiterの妻が彼に直面した。姉妹たちは、それ自体がde Ruiterの信奉者であり、後に彼を法廷で訴え、支援を求めた。2013年のベニータフォンサスからの宣誓供述書で、彼女は彼が「地上のキリスト」であると主張し、「彼に逆らうことは真実、善、神に逆らうことであった。したがって、私(フォンサス)は従い、服従した」と主張した。

不思議な状況下でdeRuiterの女性信者の1人が亡くなった後、2014年に、そしてde Ruiterが彼の多くの女性信者とセックスしたことを公に認めた後、さらに論争が起こりました。彼はこれを思し召しと呼んでいます。(Wikipediaの自動翻訳による)
0




AutoPage最新お知らせ