2021/9/6 | 投稿者: pdo

今K-POPファンの間で話題の「ガールズ・プラネット999」という番組は、日本、中国、韓国から応募したメンバーがデビューを目指してしのぎを削るという、もう供給過多状態といってもよいオーディション番組の一つなのだ。

ここに参加している日本人の中に、チェリーバレット(Cherry Bullet)というグループで活躍中のメイという娘がいて、以前BSのドキュメンタリーに取り上げられていたのを見たことがあった。

その番組は、K−POPアイドルを目指して韓国に渡った日本人たちの模様に密着したドキュメンタリーで、その手の番組もけっこうあり、日本だけでなく海外のもいくつか見た。

メイは13歳でスカウトされて韓国に渡り、デビューも果している。僕の目を引いたのは、そんな彼女と一緒に生活し、自分の親がやっている料理屋に連れて行ったりして何くれとなく面倒を見ているグループのリーダー、ジウォンだった。

彼女はグループの中では年長で、年若いメンバーたちに歌やダンスのアドバイスをしたり励ましたり、メイのような外国人メンバーの世話をしたりしているのだが、メイと一緒に定食を食べながら、「私は友達が少ないので、彼女に遊んでもらっているんです」と謙虚な姿勢を崩さないところがとても好印象だった。

彼女自身練習生時代が長く、21歳といえばアイドルとしてはもう若いとはいえない。どんな気持ちでこのオーディション番組に参加しているのかは分からないが、応援したいメンバーの一人である。
0




AutoPage最新お知らせ