2021/6/10 | 投稿者: pdo

昨日のドストエフスキーつながりで思い出したのだが、先日お亡くなりになった俳優の田村正和さんの当たり役であった〈古畑任三郎〉が、「刑事コロンボ」シリーズに着想を得たものであることはよく知られている。

そして、「刑事コロンボ」が着想を得たのは、ドストエフスキーの「罪と罰」に出てくるポルフィーリー予審判事であることも、もはや定説となっている。

ポルフィーリーと真犯人ラスコリーニコフの手に汗握るやり取りは「罪と罰」の見所の一つであり、後のコロンボと真犯人の丁々発止のやり取りの先取りとも言える。

それで、ポルフィーリーの次の台詞を、亡くなった田村正和氏の口調で、さらに、亡くなった小池朝雄氏の口調で頭の中で再現してみた。

「・・・人を殺しておきながら、自分を潔白な人間だと思って、他人を軽蔑し、蒼ざめた天使のような顔をして歩き回っている—— なんの、これがどうしてミコールカなもんですか、ロジオン・ロマーヌイチ、これはミコールカじゃありませんよ!」

「では…… 誰が殺したんです?…」

彼(ラスコリーニコフ)はがまんしきれなくなり、あえぐような声で尋ねた。

ポルフィーリイは、まるで思いもよらぬ質問にあきれ果てたように、椅子の背へさっと身を反らした。

「え、誰が殺したかですって!……」

自分の耳が信じられないように、彼はこう問い返した。

「そりゃあなたが殺したんですよ、ロジオン・ロマーヌイチ!あなたがつまり 殺したんです。」

彼はほとんどささやくような、とはいえ十分確信のこもった声で、こう言い足した。

* * *

「一体あなたはこれまでに、十分生活をしましたか? 十分物事がお分かりです か? 理論を考え出したところが、まんまとしくじって、どうもあまり平凡な結果になってしまったので、恥ずかしくなったんです!結果は俗悪だった、それ は事実です。しかし、あなたは望のない卑劣な奴じゃありません。決して、そんな卑劣な奴じゃない!少なくとも、あなたはあまり長く自己欺瞞をやらないで、一度に最後の柱へぶっつかったのです。

一体わたしはあなたを何と見ていると思います?わたしはあなたをこう見ています。あなたはただ信仰とか神とかを見つけさえすれば、よし腸を引き出されようと、じっと立ったまま笑みを含んで、自分を苦しめる連中を眺めている、そういう人間の一人だと思っています。だから、早くそれをお見つけなさい、そうすれば生きて行かれますよ。

あなたは、第一、もうとっくに空気を一変する必要があったんです。なに、苦痛もいいものですよ。お苦しみなさい。事によると、苦しみたいというミコールカの考え方が、あるいは本当なのかもしれません。そりゃわたしだって、容易に信じられないってことはよく承知しています——がまあ、あまり理屈っぽく詮索しないで、何 も考えずにいきなり生活へ飛び込んでお行きなさい。心配することはありません——ちゃんと岸へ打ち上げて、しっかり立たせてくれますよ。では、どんな岸 かと言えば、それはわたしにゃ分かりっこありませんよ。ただあなたはまだまだ 生活すべきだと、信じておるだけです。

あなたが今のわたしの言葉を、紋切り型の御説法のようにとっておられるのは、わたしも承知しております。しかし、また後で思い出されたら、役に立つことが あるかもしれません。それだからこそ言うのです。あなたがただ婆さんを殺した だけなのは、まだしもだったんですよ。もしあなたがもっとほかの理論を考え出したら、それこそ百億倍も見苦しいことをしでかしたかもしれませんよ!まだしも神に感謝しなきゃならんのかもしれませんて。

何のために神があなたを護って下さるのか、そりゃ、あなただって分かりっこありませんや。あなたは大きな心になって、もう少し恐れないようにおなんなさい。 目前に控えている偉大な実践を、あなたはびくびくしてるんですか?いや、 この場に及んでびくびくするのは、それこそ恥辱です。一旦ああいう一歩を踏み出した以上、歯を食いしばって我慢しなくちゃいけません。それはもう正義です。だから、正義の要求するところを実行なさい。あなたに信仰がないのは、わたし も承知しているが、 しかし大丈夫、生活が導いてくれます、やがて自分から好きになりますよ。あなたは今ちと空気が足りない、空気が、空気がね!」
(米川正夫訳)

0




AutoPage最新お知らせ