2021/6/29 | 投稿者: pdo

週末に読んだ小説など

小島信夫『別れる理由3』
徳田秋声『新所帯(あらじょたい)』
佐伯一麦『渡良瀬』
佐伯一麦『鉄塔家族』
佐伯一麦『石の肺 僕のアスベスト履歴書』
和田芳恵『一葉の日記』
和田芳恵『暗い流れ』
綿矢りさ『インストール』
金原ひとみ『蛇にピアス』
保坂和志『生きる歓び』

小島信夫『別れる理由3』は、途中から、(1)作家が直接読者に語りかける、(2)作中人物が作者に電話をかけてくる、(3)実在の人物が登場して作中で延々と会話する、などの趣向が凝らされ、読者を飽きさせない。と言うのは嘘で、ウンザリしてとても読めたものではない。結局京子や絹子や恵子の話はどうなるのか。京子の息子のことはどうなるのか。肝心なことが何一つ展開せず放りっぱなしにされ、投げ出され、解決の兆しも見せられないまま終わる。これが小説だというのなら、適当に作家の頭に浮かんだことをダラダラダラダラと書き連ねていけばそれも小説だということになる。そして小島信夫のこういうやり方を流用して、それが小説の新しいスタイルのようだ、とでも主張したげな保坂和志によって書かれたのが『生きる歓び』という短編だ。谷中で拾った子猫を育てようとする話だが、身辺雑記に作者自身の世界観や人生観のようなものが挟まれながらいつの間にか始まりいつの間にか終わっているという作品で、これはこれで面白く読めた。こういう、言ってみれば「脳内ダダ洩れスタイル」とは対極にあるようなのが私小説家・佐伯一麦による長編『渡良瀬』と『鉄塔家族』である。『渡良瀬』は茨城の古河に住んでいた頃の電気工場に勤めていた生活が地味に描かれ、『鉄塔家族』では染物作家の女性と再婚して仙台の団地に住む生活が地味に描かれている。どちらも何かの文学賞を受賞している。地味だがよい作品である。そして電気工時代に曝されたアスベスト体験を交えたルポタージュが『石の肺』である。これも私小説と地続きの、佐伯読者にとっては必読書といえる。同じ〈日常系〉であっても保坂と佐伯のスタイルには歴然と違いがある。どちらが優れているという話ではない。スタイルを真似ても面白くないものは面白くないし、面白いものは面白い。

徳田秋声の『新所帯』は佐伯一麦が愛読するといっている作品である。若い夫婦の、ちょっとした波風ある生活が巧みに語られている。漱石は秋声の小説は高く評価する一方で「フィロソフィーがない」といって批判してもいる。確かにここにあるのは〈どリアリズム〉であって、読んだ後に何か生活の質が上がるような、「読んでよかった」と思えるような具体的なメリットがない。漱石の小説なら、読後に何か人生について深く考えさせるようなものがある気がする。しかし秋声はただありのままの人生をありのままに提示しているだけで、だから何?というものがない。しかしありのままの人生をありのままに提示するような小説が一体誰に書けるだろうか。和田芳恵の『暗い流れ』は限りなく私小説に近い形で、ひとりの少年の「イタ・セクスアリス」を描こうとしたものである。官能小説ではないのだがそれ以上の官能性がここには含まれている。心の深いところに作用するようなものだ。その点、綿矢りさの『インストール』や金原ひとみの『蛇にピアス』に描かれる官能性は浅い。心の表面にしか作用しない、ドンキホーテで売っている商品のようなもの(尤も綿矢は意図的にそう描いているのだともいえる)。両者とも文章は巧みだが、深いところに届いていないのは人生経験もあるから仕方がない、とばかり言えないのは、樋口一葉のような作家が存在するからである。樋口一葉(本名夏子、なつ)は24歳で人間の意識の奥に届くようなものを書いた。和田芳恵『一葉の日記』は、そんな作家の秘密に肉薄しようとした書物である。
0

2021/6/28 | 投稿者: pdo

藤井聡太さんの対局日程の過密ぶりがすごい。

2021/06/29,30【王位戦・第1局】豊島将之竜王 ●
2021/07/03【棋聖戦・第3局】渡辺明名人 〇 ☆棋聖防衛☆
2021/07/06【順位戦】久保利明九段 〇
2021/07/10【竜王戦】山崎隆之八段 〇
2021/07/13,14【王位戦・第2局】豊島将之竜王 〇
2021/07/18【棋聖戦・第4局】渡辺明名人
2021/07/21,22【王位戦・第3局】豊島将之竜王 〇
2021/07/25【叡王戦・第1局】豊島将之叡王 〇
2021/07/29【棋聖戦・第5局】渡辺明名人
2021/07/30【王将戦二次予選・準決勝】石田直裕五段 〇
2021/08/03【叡王戦・第2局】豊島将之叡王 ●
2021/08/06【竜王戦】決勝トーナメント 八代弥七段 〇
2021/08/09【叡王戦・第3局】豊島将之叡王 〇
2021/08/12【竜王戦】挑戦者決定三番勝負・第1局 永瀬王座 〇
2021/08/16【王将戦】二次予選 稲葉陽八段 〇
2021/08/18,19【王位戦・第4局】豊島将之竜王 〇
2021/08/22【叡王戦・第4局】豊島将之叡王  ●
2021/08/24,25【王位戦・第5局】豊島将之竜王 〇 ☆王位防衛☆
2021/08/28 アベマトーナメント(非公式戦)
2021/08/30【竜王戦】挑戦者決定三番勝負・第2局 永瀬王座 〇
2021/09/02【棋王戦】挑戦者決定トーナメント 斎藤明日斗四段 〇
2021/09/06,07【王位戦・第6局】豊島将之竜王 〇
2021/09/11 アベマトーナメント準決勝(非公式戦)
2021/09/13【叡王戦・第5局】豊島将之叡王 〇 ☆叡王獲得☆
2021/09/16【順位戦】木村一基九段
2021/09/17【棋王戦】挑戦者決定トーナメント 斎藤慎太郎八段
2021/09/18 アベマトーナメント決勝(非公式戦)
2021/09/20【順位戦】木村一基九段
2021/09/25【JT杯】千田七段
2021/09/27【王将戦】挑戦者決定リーグ 1回戦 糸谷哲郎八段
2021/09/28,29【王位戦・第7局】豊島将之竜王
2021/09/30【順位戦】横山泰明七段

日付未確定対局
【NHK杯本戦T・二回戦】深浦九段or都成七段

棋聖戦は次の第3局で勝てばタイトル防衛が決まり、第4局と第5局はなくなるのだが、それでも過密であることには変わりがない。

注目すべきは、その対局相手のほとんどが豊島竜王・叡王であることだ。

つまり豊島竜王も同じスケジュールなわけだから、条件は対等といえる。

叡王戦五番勝負と王位戦七番勝負で十二番勝負に加え、藤井二冠が竜王戦の挑戦者にもなれば、なんと竜王戦七番勝負を加えて十九番の鬼勝負となる。

ほとんど無敵を誇る藤井聡太二冠だが、これまでの豊島竜王との対戦成績は1勝6敗と大幅に負け越している。

今年の連戦で、これまでの借りを返せるか。それとも再び返り討ちに会うのか。

この夏はこの二人の勝負から目が離せない。
0

2021/6/24 | 投稿者: pdo



清水翔太が今年は審査委員長として参加しているオーディション番組「ONE in a Billion」(通称ワンビリ)のユーチューブ動画を見ていたら、審査で清水翔太から「僕が今回見てきた人の中で一番もったいないなって思った」「ダンスも素晴らしいのに、輝いてない」「目が輝いてないし、オドオドしてるように見える」「自信がないのか、そもそもそういう性格なのか」「もっとポジティブに、明るく、夢に向かう姿を見せてくれるって約束してほしい」と言われ、泣きながら頷く姿が印象的だったカシンという少年(20歳)が、その後のオンラインレッスンを3回無断欠席してしまい脱落するというシーンがあったのを見て、ちょっと考え込んでしまった。

レッスンの無断欠勤3回というのは明らかに社会人失格のルール違反であり脱落はやむを得ないと思うのだが、思うに彼はただの怠惰な人間というよりも今でいう発達障害(特にADHD)の可能性が高いのではないかと思った。彼に必要なのは説教よりも治療であり、〈人間の成長〉をテーマに掲げている番組の趣旨からすると、彼が今後人生そのものから脱落しなくて済むようなフォローまでできるならば、と詮なき望みを抱かずにいられなかった。

審査の段階では今後の成長に期待をもたせる演出がなされていながら、その後にぶった切るような展開に残念なものを感じてしまった。

それにしても、オーディション番組はいいかげん食傷気味。よほど新機軸がない限り見る気になれない。音楽性やダンスも似たり寄ったりだし。藤井風みたいな突然変異じみた天才はオーディションがなくても世に出ずにはおれないだろうし。
0

2021/6/22 | 投稿者: pdo

小島信夫の事故物件のような小説に付き合うのがしんどくなってきたので、今週は佐伯一麦の『ショート・サーキット 佐伯一麦初期短編集』に手を付けている。

佐伯一麦は、「端午」と「ショート・サーキット」という作品で二度芥川賞の候補になっているが、受賞はしていない。

今から見れば、佐伯一麦に与えておくのが正当だっただろうと思うが、「端午」の前に「木を接ぐ」という作品で海燕新人文学賞を受賞しているし、「ショート・サーキット」は野間文芸新人賞を取っている。必ずしも芥川賞が正しい(?)わけではないということだ。

別にこんな賞のことにこだわる必要はないのだが、新人作家にとっては、これから作家として食べていくために、何かの賞を取るというのは大事なことだろう。

佐伯一麦を読んでいると、どうしても沢木耕太郎の顔がチラついてしまう。端正な文体が何となく似ている。二枚目っぽいルックスも共通する。女にモテそうだ。ていうかモテてる。

しかし佐伯一麦の初期の私小説を読めば明らかなとおり、彼の最初の結婚生活は決して幸福ではなかった。二十一のときに、スナックのアルバイトをしていた同い年の彼女と同棲し、
すぐに子供ができて入籍し、二十代前半で三人の子供ができる。

生活は苦しく、職を転々とするが、電気工としての定職を得る。そのときの生活が「端午」や「ショート・サーキット」に書かれている。

夫婦は諍いが絶えず、子供も病気を持ち、妻が夜中にガス栓をひねったりもする。相当に陰惨な生活が描かれているのだが、不思議とそこにはじめっとした怨念や負の感情がこびりつくことはなく、それこそ沢木耕太郎のようなスタイリッシュさが感じられる。

もっとも、当然ながら暗さ、侘しさはある。しかしそれは決定的に破滅的な方向には行かない。それはやはり、文学というものが支えになっていたからだろう。私小説を書き続けることが精神の均衡を保つための安全弁のようなものになっていたからだろう。

「木を接ぐ」を書いた24歳の当時は、毛筆で原稿を書いていた。

応募作は、仕事に出かける前の朝方に書き継いだ。前日長く振動ドリルを使った朝は、手の震えが止まらずペンがうまく握れない。そこで苦肉の策として慣れぬ筆を採用することにした。(これじゃまるで年寄りの写経の図じゃないか)と自分の姿に苦笑させられたものだが、今憶い返してみると、両者にさしたる違いはないような気もする。

この頃に、電気工の作業中に当時まだよく知られていなかった発がん性物質のアスベストを吸い込み、その後ずっと喘息に苦しむことになる。

佐伯一麦の作品を読んでいると、彼が小説を書くことでギリギリのところで正気を保っていたマラソンランナーのような精神に伴走しているような感覚を味わうことができる。これはなかなかスリリングな読書体験ではある。

「ショート・サーキット」には同郷の作家眞山青果の「南小泉村」の仄かな影響を感じた。
0

2021/6/20 | 投稿者: pdo

小島信夫『別れる理由』は第59章から「夢くさい」展開に入り、力のある作家が、自意識を奔放にぶちまければこうなる、といったような、映画でいうとフェリーニの「8 1/2」のような展開、筒井康隆にもたぶん似たような作品はあるがここまでではないだろうと思われる。

現在の時代の目から見れば、たいして過激なことが書いてあるわけではないし、思わず笑ってしまうようなパンチ力のあるフレーズで畳みかけてくるわけでもない。ヤケクソで書いてるだけだろう、というのであれば、今の中原昌也のほうがその感じがよく出ている。

「駄作」とか「失敗作」と切って捨てられても仕方がないような小説に、第59章以降はなっている。間違っても小島信夫をこれから読もう、という人にはお勧めできない。

しかし小島信夫はこの「群像」の連載小説と並行して、日本近代作家の評伝や世界の文学者たちの評伝を連載していた。そちらは研究者の仕事のようにきっちり書いてある(全部読んで確認したわけではない)。

「オセロ」、「アンナ・カレーニナ」に次ぐのがこの二十世紀の小島作品だとしたら、二十一世紀にも書かれなくてはならない。それは世界のどこかでもう書かれているのかもしれないし、これから書かれるのかもしれない。

その程度には重要な小説だと思う。知らんけど。
0




AutoPage最新お知らせ