2021/3/29 | 投稿者: pdo


「交通誘導員ヨレヨレ日記」柏耕一

うちの息子が交通誘導員のバイトを始めたので読んでみた。著者は最底辺と自虐的でキツめのエピソード中心に書かれているので大変そうに思えるが息子の話だと必ずしもすべての実態を反映しているわけではないようだ。例えば昨年からはコロナの影響で仕事を失った人が日勤夜勤ぶっ続けで働くというケースが増えているとのことで、それはこの本にはまだ書かれていない。

「スティル・ライフ」池澤夏樹

第98回芥川賞受賞作。1987年。株取引の話が出てきたり、バブルの世相を反映しているような。昔読んだ記憶があり中身は完全に忘れていたのだが、冒頭の「チェレンコフ光」の会話のくだりが記憶に残っていた。笑っちゃうくらい気障な会話。トレンディドラマみたい。ストーリー自体もたいして面白くはない退屈な小説。

「尋ね人の時間」新井満

第99回芥川賞受賞作。1988年。バブル真っ盛り。オシャレなフォトグラファー(バツイチ)が若いモデルに誘惑されるが5年前から原因不明の不能で…みたいな、イケイケの世相の裏にある都会生活者の孤独と寂寥みたいなのがテーマ?とすれば安直すぎるか。当時流行ったトレンディドラマみたい。退屈な小説。

「ダイヤモンドダスト」南木佳士

第100回芥川賞受賞作。過疎化する農村と病院が舞台で、作者は医師でもあるとか。当時読んだ記憶があり中身は完全に忘れていたのだが、アメリカ人宣教師の病床での様子や院長が家族と自転車に乗る練習をしているというくだりが記憶に残っていた。これはいい小説だと思った。古井由吉が選評で、ラストの「二つの死」は時差をつけて書いた方がよかったと言っていて、確かにそうだなと思った。

「間食」山田詠美

講談社文芸文庫「深淵と浮遊 現代作家自己ベストセレクション」収録作品。(下の二作品も同じ)
山田詠美の小説は初めてなので気合を入れて読んだが若干肩透かし。確かに文章は巧いし読者を引きこむ語り口も堂に入ったもの。一篇の作品としてきちんと成立している。
しかし個人的に登場人物にリアリティを感じない。特に主人公の職場仲間のちょっとなよっとした男。鳶職の現場にそんな奴いねえよ。

「胞子」多和田葉子

「独特の世界観」で、鳥居みゆきを純文学にした感じ・・・って、ノーベル賞候補作家の小説に対してなんというチープで浅薄な感想なんだろう。でも実際そう感じたんだもの。

「瓦礫の陰に」古井由吉

この人も大江健三郎みたいに、わざと分かりにくい文章に書き直したりしているのだろうか。この文章世界に入って行ける人にとっては得難い読書体験となるのかもしれない。
でも純文学ってこういうもんだよなあ。

「十九歳の地図」中上健次

尾崎豊のアルバムではない。宇佐美りんの「推し」作家の「伝説の作品」。ひたすらむさ苦しい若者のマスターベーションを見せつけられているよう。時代の空気を濃く感じる。今で言うとNHK集金人の若者あたりが主人公になると思うし、それは読んでみたいが、今こういう作品を書く若手男性作家はいないのだろうか? 

「墓前生活」「どうで死ぬ身の一踊り」「一夜」西村賢太

すごく面白く一気に読んだ。これは大当たりであった。第144回芥川賞受賞作「苦役列車」を読んだときにそんなに面白くなかった記憶があったのだが、新潮文庫のこの三作品はすごい。こんなに面白いんならもっと早く言ってよ(誰に言ってる?)。私小説ってこういうものだよなあ。きちんと作品として成立していなければただの愚行(ていうか犯罪)記録。同性相手の女性が自分の中で具体的にイメージでき過ぎて余計にリアル。稲垣純一って(笑)。

「小銭をかぞえる」西村賢太

あんまりおもしろかったんで別のも買っちゃったよ。こういうのと気取ったトレンディドラマみたいな嘘くさい小説を一緒にしちゃいかんよ(誰に言ってる?)。
でも、もうこのパターンはいいかな。「秋恵もの」はまだまだあるらしいのだが・・・

「蹴りたい背中」綿矢りさ

伝説の第130回芥川賞受賞作。当時はまったく関心がなく、実に17年経って初めて読んだ。
まぎれもない天才の作品。あんなルックスの少女がこんな純文学青春小説を書いたらそりゃ超話題になるよね。誰もがそうだと思うが、この人が10年後20年後30年後にどんなものを書くのかにすごく興味がある。

「意識のリボン」綿矢りさ

というわけで2017年に出たこの本を読んでみることにした。短編集で冒頭の『岩盤浴にて』は面白かった。それ以外は、うん、まあまあ。天才なんだから、もっとすごいものを期待してしまう。なんて読者はどこまでも無責任。
0

2021/3/26 | 投稿者: pdo


第94回 米谷ふみ子「過越しの祭」

自由を求めてアメリカに渡った女性が国際結婚した男性がユダヤ教徒で、親戚の宗教行事に出席させられ息苦しさを感じるという心情に共感を覚えるのが難しく、読み飛ばしてしまう。それなりにいい小説なんだろうが、今の自分にはリアリティがない。


第95回と第96回は受賞作なし。

どちらも山田詠美が候補に挙がっているが、選評には「文章は素晴らしく才能は買うが今一つ足りない。次回作に期待」とばかり書かれて結局受賞できず、可哀そうになった。
今では押しも押されもせぬ大家となって芥川賞の選考委員になっている。この人の小説は読んだことがないけれど、ここまで焦らしプレイを見せられると読んでみたくなった。


第97回 村田喜代子「鍋の中」

四人の少年少女(10代の兄弟従妹)が八十歳の祖母の家で暮らすことになる、田舎での生活情景や主人公(十七歳少女)の心情が描かれる。あまり魅力のある作品世界と思えず入っていくのに苦労する。オチはつくようでつかない。個人的には退屈したがいい小説だとは思う。


第98回 三浦清宏「長男の出家」

57歳での受賞。「長男の出家」というタイトルだけ見て、人生に思い詰めた少年の表情(興福寺の阿修羅像のような)が頭に浮かんで涙が浮かびそうになったのだが、実際に読んでみると、確かに長男の出家の物語ではあるものの、イメージしたような小説ではなかった。
宗教小説ではなく、一種の家族物語。禅寺の息子である水上勉は高く評価しているが、それほどの深みは感じない。

0

2021/3/24 | 投稿者: pdo

最近よく見ている動画に、吉本でお笑い芸人をしている斉藤紳士という人の「ワライとブンガク」というのがあって、



まだ再生回数も少ないのだが、芥川賞受賞作紹介シリーズというのが面白く、その影響で芥川賞受賞作をぽつぽつ読んでいこうとしている。

今まで読んだ中で簡単な感想を備忘録として残しておく。



第100回 李良枝「由熙(ユヒ)」

日本の大学を中退した在日韓国人の女性が韓国の大学に留学し、言語学を学ぼうとするがどうしても韓国を母国と思うことができず帰国した経緯を年上の韓国人女性の視点で描いた小説。教科書に載せるとよさそうな品格のある文章で、特に大きな物語的進展がないので、読後には静かな感動がある。

単にアイデンティティクライシスの問題という言葉では片付けられない重みがあり、文芸小説といよりテーマ小説としてすぐれていると思った。

この作家は37歳の若さで亡くなってしまったが、今の日韓について彼女がどういう小説を書くのが読んでみたかった。



第111回 笙野頼子「タイムスリップ・コンビナート」

シュールな作風で、こういうのは嫌いではないのだが、ちょっとついていけなかった。





第111回 室井光広「おどるでく」

ロシア語で書かれた石川啄木の「ローマ字日記」みたいなものを解読していくという物語形式をとっている。難解でちょっとついていけなかった。





第113回 保坂和志「この人の閾(いき)」

筋らしい筋のない、ひたすら穏やかな小説で、気がついたらあっという間に読み終えていて、そういうことは珍しいので驚いた。何気ないようでいて計算された文体というのを感じさせられた。





第114回 又吉栄喜「豚の報い」

呑み屋の女たちと若者が沖縄の神様詣でをするという筋立てで、選考委員がこぞって絶賛しているが今読むとあまり面白さが伝わってこない。当時の社会状況による沖縄バイアスとでもいうものがあったのではないかと感じる。



第115回 川上弘美「蛇を踏む」

これは天才的な作品だと思った。非現実と現実を混淆させる描写が上手で、ユーモアもあってとても気に入った。石原慎太郎が選評で全否定しているのが可笑しい。この小説には日本の女流作家のひとつの系譜に属する何ものかがある。





第116回 柳美里「家族シネマ」

唐突に家族のシネマを撮影するところから始まる設定にいまいちリアリティを感じず、この作家のその後の活躍を知っているだけに、才能に釣り合わない、何かもったいない作品という印象を受けた。




第116回 辻仁成「海峡の光」

読みながらなぜか百田尚樹の「永遠の0」を読んでいたときのことを思い出す。映画化狙ってる? みたいな仄かなあざとさを感じた。
これは通俗小説ではないだろうか。だが純文学と通俗小説の違いとは何だろうか、などと考えるきっかけをくれた。石原慎太郎の評価が高いのはいかにも、と感じた。
0

2021/3/19 | 投稿者: pdo

スゲーな、以外の言葉が出てこない。スゲーな、のん。

俺のチンケな想像力の遥か斜め上いってるわ・・・




のん脚本・監督・主演映画『Ribbon』2021年公開へ 
樋口真嗣が手がけた応援SP映像も公開


のんが脚本、監督、主演を務める映画『Ribbon』が2021年に公開されることが決定。あわせて本作の応援スペシャル映像「映画と生きる 映画に生きる」が公開された。

本作は、監督・のんによる初の劇場長編作品。多くの卒業式がなくなり青春を奪われていく学生たちの悲しみを目の当たりにしたのんが、世の中の擦りきれた思いを少しでもすくい上げたいという思いで企画された。コロナ禍の美大生の“再生”の物語となる。

 主人公の様々な感情の流れは、カラフルなリボンで表現される。時には鋭く尖り、時にはしなやかに踊るようなリボンの動きを、『シン・ゴジラ』監督・特技監督の樋口真嗣、准監督・特技統括の尾上克郎が手がけている

 さらに、本作の応援企画として制作された、樋口が監督を務めるスペシャル映像『映画と生きる 映画に生きる』も公開。いかなる状態になろうとも被写体を見つめ続ける“監督・のん”の様子を描いた3篇(風篇/炎篇/雨篇)で、のん監督を支える映画スタッフ役を緒方明、尾上、犬童一心、片渕須直、白石和彌、市井昌秀、沖田修一、枝優花が演じている。

 のんは、このスペシャル映像のナレーションも務め、風篇では今村昌平、炎篇では岡本喜八、雨篇では深作欣二が遺した名言を印象的に読み上げている。

■のん(脚本・監督・主演)コメント
●『Ribbon』について
昨年、新型ウイルスが蔓延し始め、私自身が主催する音楽フェスを開催直前に中止の決断をしました。
あの時の悔しさは忘れられません。
そして、1度目の緊急事態宣言による自粛期間を過ごしながら、音楽や映画や舞台などのエンタメや芸術の優先順位が下がっていくのをひしひしと感じていました。
その中で改めて気付けたことは、自分は見てきたエンタメや音楽やアートによって支えられているということです。どんどんその思いが強くなって、いてもたってもいられず脚本を書き始めました。
作品の主人公を自分の憧れである美大生にしようと決めてコロナ禍の美大生の方たちの状況を調べ始めました。そして、美大生の方たちの卒業制作を取り上げた記事を見つけました。
そこに書かれてあった「時間をかけて作ったものがゴミのように思えてしまった」というインタビューが、あまりに衝撃的で。自分の悔しさにも共鳴して膨れ上がって、この無念をなんとか晴らしたいと、脚本を書き進めていきました。
コロナ禍で擦り切れた思いを、少しでもすくい上げるような映画になったら……。
心を込めて作った映画です。みなさま、ぜひお楽しみにしていただけたら嬉しいです。

●『映画と生きる 映画に生きる』監督役について
映画に生きる緊張感と高揚。これほどまでに、濃密な撮影が他にあるのでしょうか。楽しかったー。
私は、どの現場でもいつも緊張するのですが、今回の撮影は現場に行くまで生きた心地がしなかったです。私が監督役で、錚々たる監督の方々がスタッフ役って、どんなぶっ飛んだ撮影?と未だに思います。撮影が始まると楽しくてしょうがなくてずっと浮き足立っていました。樋口監督に感謝です。
コロナ禍で擦り切れた思いを、少しでもすくい上げるような作品を撮りたくて『Ribbon』という映画を作りました。役ではなく、現実で。早く皆様に見てもらいたいです。お楽しみに。

■『映画と生きる 映画に生きる』監督・キャストコメント
●樋口真嗣

監督になりたい。
そんな濁りなく希望に満ちた質問に対して、いつも出かかって止めてしまう答えがあります。監督はなるもんじゃないよ。呼ばれるもんだよ。
どうしよう、これでいいのかな、そんな感情を現場で出さないように必死で取り繕い、
ごまかしていると、周りのスタッフがいつも支えてくれています。
これイケまっせ!いいんじゃない?ステキだと思うよ。
みんなのことばや、みんなのしごとに後押しされて自分は監督になった。
監督でいられる。いつもそう思っています。
いま、感染症の所為で、いろんな映画が上映の機会を失い、観客のもとに届けられずにいます。感染症の所為で、いろんな映画が作られることすら許されず、形にならないまんまで宙に漂っています。
そんな中、感染症がなければ作られなかった映画がつくられ、監督の仲間が1人増えました。
大変だし、苦しいし、思ったよりいい事はないかもしれない。
でも、それでもやめられない、つくりたい。
なぜなら楽しいから。ここにしか生きられない場所があるから。
うまく言語化できないこの感情を、同じ業に絡め取られた仲間と一緒に作ってみたら、
自分の現場では絶対許されないような豪華な撮影現場になりました。
特に初めてご一緒する特機チームの見事な手際に興奮が止まりません。
自分で仕掛けた罠に自分がかかってしまうようなものです。
やはり、何があっても映画で生きたいし、映画に、行きたいのです。

●緒方明
撮影での雨降らしは何度も経験あるがここまでびしょ濡れになったのは初めてだった。パン棒を握る手が冷たくかじかんで感覚がなくなる。「もう一回!」容赦ない樋口監督の声。なかなかしんどい撮影でした。だけど決してイヤじゃない。ツラいからこそ面白い。ラクしてたんじゃ面白いことには出会えない。「映画に生きる」とはこういうことなのかも、と思いました。

●尾上克郎
もらった役は「のん組・操演部」。なんだ昔に戻っただけじゃねぇか!カメラマン役狙ってたのにさぁ。そんな俺の心中を他所に監督たちは早々と役に入り込んでいる。負けてらんないですよ。操演部魂、蘇りましたよ!走りました。紙吹雪まきました。そして脚が攣りました…。「映画に生きる」のはホントに辛い(笑)。でもこんなにステキなご褒美もあるんですね。樋口君ありがとう!のんちゃん、皆さんお疲れさまでした。

●犬童一心
カメラマン役、初めて、クレーンに乗り、35mmフィルムを自分で回しました。気分は宮川一夫。楽しかったあ。樋口さん、のんさん、ありがとう。

●片渕須直
普段はアニメーションの仕事をしていて、実写のスタジオはものすごく久しぶりだったのですが、それがのん監督のスタッフ役での出演となってしまうとは。
いいですね、のんちゃんはこれからもいろんな方向で活躍してゆくでしょうし、そのとき必要ならばお手伝いにはいつでも飛んで参りますので。

●白石和彌
なんと多幸感あふれる時間だったのだろう。あちこちに落としたり忘れてしまったモノを見つけることができました。
おかげさまで全身の細胞が生まれ変わる最高のデトックスで体が超軽い。
これでもうしばらく映画の中で生きていけそうです!

●市井昌秀
コロナの影響で自作品の撮影が延期になったことで、久しぶりの現場がまさかのスタッフ役での出演! こんな熱い現場をいつか自分も作りたいと強く思い、改めて映画って、現場って最高だ!と胸躍りました。映画はフレームの外も映画なんだ!

●沖田修一
久しぶりの撮影の雰囲気に、心が躍りました。出るのはとても楽しいです。しかも目の前にのんさんが。のんさんの監督姿は、可愛らしくもあり、格好よくもあり。他、たくさんの先輩たちに紛れて、遊ばせてもらいました。
貴重な時間をありがとうございました。楽しかったです。映画楽しみにしています。

●枝優花
今までの現場史上おそらく最多数映画監督が共存という異常な空間の中で、全員がモニターを確認し、各々演出し合うなんとも不思議な現場。とても楽しませていただきました。和気藹々と皆で1つのものを作る感覚が詰まってるのではないかと思います。これをみた人たちの中から、映画を撮りたくなる人がどんどん増えて欲しいです。
1

2021/3/18 | 投稿者: pdo

某ブログにコメントしようとしたら文字数が多すぎてエラーになったのでこっちに貼り付けます。誰も読まないのにただの自己満足ですが。

はじめまして。のんさんへの熱い思いを冷静な筆致で長年にわたり継続して発信し続けておられる姿勢にいつも敬服しながら読ませていただいてます。

「あまちゃん」の大ブレイクを経て、例の事務所離脱騒動以来、一時は芸能活動そのものが危ぶまれた時期もありましたが(ファンの一方的な老婆心だったかもしれませんが)、「この世界の片隅に」の歴史的な成功があり、近年の(テレビドラマ以外での)各種メディアにおけるカリスマ的な活躍ぶりは、もはや日本の芸能史で未だ前例のない新たな地位に向かって驀進しているのではないかとすら思わされます。

私は松尾スズキのシアターコクーンでのミュージカル作品「キレイ」に強い思い入れがあり、「シブヤデアイマショウ」には個人的に物凄く期待しています。メンバーや舞台から考えて、大きなトラブルがない限りある程度の公演成功は約束されているようなものだと思いますが、現時点での前宣伝の様子から、のんさんをできるだけ前面に押し出して輝かせようという演出側の意図が伝わってくるような気がするからです。

宮藤官九郎作品で衝撃的な(実質)デビューを飾ったのんさんを、師匠格の松尾スズキがどう「料理」するのか。実力者揃いのキャストの中でのんさんが唯一無二の存在感をどのように発揮するのか。彼女のキャリアにとっては「あまちゃん」「この世界の片隅に」に次ぐ重要な作品ではないかと思っています。

とにかくのんさんはこの国でも有数の「持ってる」人ですから(その分だけ抵抗勢力も強い)、このチャンスを確実にジャストミートして、想像を超える特大ホームランをかっ飛ばす気がしてなりません。

それはそれとして、のんさんの今後の活躍の舞台は、日本を超えたアジア全体ではないかという予感もしています。
すでに台湾や香港などでもブレイクの兆しはあるようですが、今後相対的に世界における日本の地位が低下し中国をはじめアジア諸国のパワーが台頭してくる中で(芸能界のレベル的には韓国はすでに日本を大きく上回っていると思いますし中国もいずれさらにそれを追い抜くでしょう)日本がアジア(そして世界)に誇れる女優(スター)はのんさんではないかと思っています。

私は、5年以内にのんさんは国際的に女優として認められる存在になると予言したいと思います。
もちろん希望的観測ですが、日本の女優でそこまでのポテンシャルを感じさせる存在は今のところ彼女しかいません。
逆に、そうならなければ、日本の芸能界は(国力に比例して)どんどん国際的に凋落の一途を辿ると思います。
そのためにも、のんさんに国際的な映画に出演してほしいです。

是枝裕和監督が、韓国の俳優を使って新作を撮るそうです。私は韓国のIUという女優・歌手が大好きなのですが、彼女も出演すると聞いてワクワクしています。のんさんも、是枝監督でも他のアジアの優れた監督でもよいですが、早く国際的な作品に出演してほしいと痛切に願っています。

初書込みなのについ熱くなってしまい、長々と書いてしまい大変申し訳ありません。
貴ブログの今後の益々のご発展を祈念しております。
0




AutoPage最新お知らせ