2020/8/21 | 投稿者: pdo

藤井聡太二冠の誕生で、今朝のスポーツ紙やテレビのワイドショーは彼の話題で持ちきりのようだ。

こんなことは羽生善治七冠の時以来(藤井聡太のデビュー29連勝は除く)だろう。

杉本師匠はじめ、ひふみん、豊川七段、橋本(ハッシー)八段、女流の山口二段や香川三段などがテレビに引っ張りだこ状態。

将棋を知らない人でも藤井聡太やこれらの棋士の名前と顔は知っているというのは間違いなく将棋界にとってよいことだろう。

しかし、江戸時代や昭和の一時期のように、誰もが昼休みになると将棋を指したり、銭湯でワイワイ盤を囲んだり、道端で縁台将棋を指したりといった具合になればもっといいことだろう。

将棋を観る人口は増えていても、将棋を指す人口は増えておらず、テレビゲームなどが普及するようになってからは減る一方な気がする。

しかし、指す人口のレベルは間違いなく上がっている。ソフトの進化もあるし、オンライン対局などの環境もあり、実戦を指す対戦相手には困らない。

目指せ藤井聡太ということで、小学校に入る前から将棋を始め、トレーニングを積んでどんどん実力を伸ばす子供も確実に出てきている。

江戸時代の詰将棋作品は、知的芸術として世界的な基準に達していると思う。しかし、チェスのように真の国際的ゲームになるには色々とハードルが高く、海外で評価されるのは難しい。

藤井聡太が何よりもすごいのは、小学校の頃から詰将棋の解答創作ともにトップレベルにあったことだ。詰将棋の創作にはある種の美的センスが必要だ。彼は膨大かつ精密な読みの能力に加えて、芸術的感覚も備えている。

加藤一二三が、今回の二冠達成に際して出したコメントは、実によいものだと思う。

「この先、AI(人工知能)研究がいかに隆盛を誇ろうとも、藤井聡太二冠には人間の探究心と求道心の先にある芸術的な一手により、盤上での感動を追求し、将棋界を湧かせて頂けることを願っております」

最強の一手が常に芸術的であるとは限らない。しかし、今回の王位戦第四局で見せた封じ手の8七飛成は、盤上での感動を追求し、将棋界を湧かせる一手であった。

邪心なくひたすら勝ちを追求する先に、美しい芸術のような棋譜が生まれる。

しかし美しい棋譜は一人では作れない。真に彼のライバルとなりうる存在が出てくることを願っている。
0

2020/8/20 | 投稿者: pdo

藤井聡太、四連勝で王位獲得、最年少二冠&八段。

昨年は木村王位誕生に泣かされたが、翌年にこういう結果が待っていようとは。

木村さんの局後インタビュー聴きながら涙が出てきたよ。

藤井二冠はいつまで藤井二冠と呼ばれるのか。

とにかく尊い。推ししか勝たん。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/13 | 投稿者: pdo

Begin Again Koreaという番組がお気に入りだ。

コロナ禍にある国民を癒すため、ソーシャル・ディスタンスを保って野外で行われた人気アーチストによる音楽ライブ番組で、先週1シーズンが終了したが、ユーテューブでも見れる。

向こうの歌手はみな歌声が素晴らしく、どんな曲も歌詞が分からなくても感動してしまう。

イ・ソラ、クラッシュ、イ・スヒョン(楽童ミュージシャン)、イ・ハイ、ヘンリー、チョン・スンファン、Jukjae、Sohyangらがヒットソングを美声で聴かせる。ピアノやバイオリンの最小限の伴奏も素晴らしい。

最終回ではクラッシュがジョンヒョンの「一日の終わり End Of A Day」を歌っていて泣けた。

最近知ったのだが、IUは以前チャン・ギハと交際していて(ラジオで共演したときにIUが一目惚れしたとか)、その頃彼のバンドでは長谷川陽平がギタリストとして加入していたのだ。ということは、長谷川の名著『大韓ロック探訪記』で対談していた時にはギハはIUと付き合っていたということ…そして二人は2017年の初めには別れているのだが、その年の6月にIUは『ヒョリの民宿』でイ・ヒョリ、イ・サンスン夫妻と貴重な2週間を過ごしているのだな、ということなどが分かり、いろいろと分かりみが深い。
0

2020/8/13 | 投稿者: pdo

小学生の一人娘が居ます。アニメとゲームをこよなく愛する40代のおばちゃんです。コロナと政治の呟き多め、コロナ脳ですがなにか?コロナはハイブリッドAIDSで血液の病気ですよ!毎日悶々と学校の事考えてます。たまにアニメの事呟きたい。

子供達の未来は長いですから、コロナ感染してPTSDになったり、他の精神疾患になってしまうと勉強所ではなくなります。一生の苦しみとして残りますから、家庭の事情も考え、休ませることが可能な家庭は休ませた方が良いかと思います。
サポート稼ぎより、命と心を優先。ワクチン待ち。

学校も教育委員会もあほすぎて話にならないので欠席理由は自主休校って言いました。
小学校を休ませました。気を付けないと命が危ないって言っても写真を撮る時だけ取れない?って聞いたそうです。もう無理。

「そんなにコロナが心配なら自分の子だけ休ませれば?」というのをものすごくたくさん見る。だけど、一斉休校を訴える人は自分の子供だけでなく他の子供や先生、その家族が苦しむことのないようにと思ってるのです。みんな一緒じゃなきゃ、という話ではない。

たらい回しの現実について。
発熱がおさまらず、動悸・息切れ・咳症状があり、採血や心電図などの検査を求め、かかりつけ医にTEL。発熱中は受診できない為、保健所へ相談するように、との指示あり。朝9時保健所へTEL。14:30頃折り返しTELあり。紹介できるところはないとの返事。

自分で近所のクリニックをネット検索し、片っ端からかけ続け、発熱者でも受診できるところを探せと。この対応はあんまりではないかと思い、思いを告げると、市役所感染症対策室にTELせよとの指示。そこから更に保健医療課へ電話を回された。しかし現状を伝えても、同じ回答しか得られず。

頭にきたので、医師会へTEL。保健所からの紹介しか受け入れないとの返事。厚労省へTEL。保健所へ相談せよと。しましたと言っても、厚労省としては保健所へというしかないと。要は現在市において発熱者は陰性でも受診できないということです。どうなんでしょうか?

これでインフルエンザ流行の季節になってインフルエンザになったとしても。受診できず投薬も無しになりますね。せっかくタミフルやリレンザとか薬があるのに。だからこそ検査・隔離で抑え込まなければならないのに体制強化に金も人も使わければならないのに怠ってきた付けが回ってきているのでしょう。

芸能人などは、すぐ検査も出来て入院出来るのに本当に腹がたつ。発熱=コロナって全て決めつけないでほしい。今年インフルエンザなっても病院にもかかれず薬も出してもらえないだろうから不安でしかない。

だから文科省職員に学校の新しい生活様式についてお尋ねしました。

Q:感染者が毎日増え続ける中でなぜ予防を緩和するのか?

A:教員が疲弊している

Q:業者に頼める様に予算を出さないのか?

A:あなたの様な時間のある方が協力して下さい

Q:父兄に消毒しろと?

A:気になるのであれば。地域によりますし、今以上の消毒は必要ないです

Q:学校クラスターありますよ?6月から再登校して242名子供が感染してるじゃないですか?

A:学校で感染してるとは限らないでしょ?

Q:3月〜5月は子供は海外からの濃厚接触者家族以外にほぼ居なかった。5月末から学校再開してから増加したんでしょうがっ。現にクラスターが各地で始まっているじゃないですか。

A:じゃあ学校行かずに家でこもるつもりですか? 学校は必要なんです!!!!!(怒鳴られたわ)

Q:学校は必要です、ウチの子は学校が大好きです。ですが、疲弊してるんです。この酷暑の中を一日中マスクを着け、履修を削る事なく、詰め込みの授業で夏休みも短縮で厳しい暑さの中を登校するんです。熱中症で倒れる子も、搬送される子も居ました。これが正しい学校教育の現場でしょうか?

A:当初はコロナの実態がつかめなかった、だが子供は軽症・無症状が判明した、だーかーらー学校再開したんです。熱中症が心配でしょう?だからマスクを外してと通達してるんです

Q:マスク外したら感染するじゃないですか?(アホなん?)子供は軽症かも知れないが、親・家族が感染したらどうなります? 子供の面倒は誰が? 働く事も出来ず、生活はどうなるのですか?

A:熱中症が危ないんでしょ?コロナで死亡してない。

Q:死亡者が出てから考えると? 現に死亡者は居るし、それは問題発言では?

A:言ってませんよー文科省職員としては!個人の感想です。コロナだけじゃないでしょ?色んな病気あるじゃないですか、休校します?

Q:感染症は確かにありますがでもコロナは検査10分でして貰えますか? コロナはワクチンありますか? 投薬もらって寝てたら完治しますか? あなた子供いませんか?大切な家族は居ないのですか?

A:居ますけど何か?

Q:とにかく子供は疲弊してます、ここまで感染者が増えた今、休校延長すべきでは?

A:いや時間ないでしょ?

Q:時間ないから、履修科目を減らせば良いじゃないですか。主要科目に軸を置き、音楽・体育・道徳・図工、少しづつでも削れませんか? 受験に関しても、見送り提言の際に試験延長すると提言してました。結局日程変わらずです。

A:じゃあ受験生だけ、5教科のみを履修すれば?

Q:それは屁理屈でしょ?詰め込み教育を再考願いたい。そもそも今年度延長決めてれば
感染増えたら休校、落ち着いたら再開、中止になった行事も出来たでしょう? それから、運動会も歌唱も再開すると聞きました。カラオケクラスターあるのに、歌唱必須ですか?
運動会、熱中症・感染のリスクの中、必要でしょうか? 市教委に聞くと、上からの通達です!と

A:まあ確かにウチの子の学校は運動会中止になりましたよ。自治体に任せます

Q:中止ですか?羨ましいです。とにかく、学校どころではないです。提言に盛り込まれていた、オンライン授業も間に合わない。GOTOはする、感染増、8月登校なんて熱中症で登校どころではありません。休校延長願います、伴う今年度延長願います。文科省が3月にゴールを決めてるから、詰め込みなのです。ゴールを再考して下さい。秋冬に向けて(GOTOの所為で9月もクラスターだと思ってる)3波もあるでしょう。詰め込みでも間に合いません。センターを共通に変更され、その上コロナです。受験時期も考えたら3月なんて、あまりに無情では?

A:ウチも去年受験でしたから、まあ分かりますがね

Q:そうですかー去年で良かったですね。親の気持ちとしてはホッとされたでしょう?

A:ええ、今年じゃなくて良かった!と思いましたよ

Q:( 一一)ですよねー(自分だけ助ければ良いんだろうがボケ)ありがとうございましたm(__)m

文科省 TEL 内線

もしこの職員苗字をお知りになりたければ、DM下さい
0

2020/8/10 | 投稿者: pdo

今の時代精神みたいなのを探る参考のため、芥川賞の受賞作は気が付いたらチェックすることにしている。もはや「純文学」のありがたさなどないし、そもそも純文学など存在しないのかもしれない。それでも、いわゆるエンタメとは違った何かは表現されているはずだ。

今月号の文藝春秋に掲載されていた、第163回芥川賞受賞作、『首里の馬』(高山羽根子)と『破局』(遠野遥)を読んでみた。

『首里の馬』は、沖縄を舞台に、主人公の若い女性の視点から描かれる物語で、いくつかのフィクショナルな設定に若干の不自然さを感じたものの、情報化社会と人間の実存というテーマを扱った良作という印象。作者の力量も感じられた。

さて問題は『破局』の方で、一読してこれまでにない薄気味の悪さを感じた。その作品が読者にもたらす効果は、ドストエフスキー『悪霊』の「スタヴローギンの告白」を読んだときの味わいに近い。しかし、薄気味の悪さという感覚は同じでも、その感覚をもたらした要因は全く異なっている(後述)。カミュの『異邦人』に擬えた感想もあるが、主人公の言動が時折不条理っぽいという以外には何の共通点もない。むしろ読者の感覚を裏切ってくる描写の運び方は中原昌也に近い。

不気味なのは、この主人公の内面は作者自身のものと本質的に同じであることが読んでいて伝わってくるからで(そのことは作者本人も認めている)、この小説がリアリティを感じさせるのはまさにその点においてであるということなのだ。虫唾を催させる手記を執筆したスタヴローギン(魂とか良心を持たない男)は当然ながらドストエフスキーの小説における創造物であるが、この陽介という主人公は内面的に作者の分身としか読めないのだ。

これがサイコ・ホラーというジャンルのエンタメ小説ではなく、芥川賞を受賞した「純文学」小説であるという事実は、確かに今の時代状況を反映しているといえるだろう。



0




AutoPage最新お知らせ