2020/8/21 | 投稿者: pdo

藤井聡太二冠の誕生で、今朝のスポーツ紙やテレビのワイドショーは彼の話題で持ちきりのようだ。

こんなことは羽生善治七冠の時以来(藤井聡太のデビュー29連勝は除く)だろう。

杉本師匠はじめ、ひふみん、豊川七段、橋本(ハッシー)八段、女流の山口二段や香川三段などがテレビに引っ張りだこ状態。

将棋を知らない人でも藤井聡太やこれらの棋士の名前と顔は知っているというのは間違いなく将棋界にとってよいことだろう。

しかし、江戸時代や昭和の一時期のように、誰もが昼休みになると将棋を指したり、銭湯でワイワイ盤を囲んだり、道端で縁台将棋を指したりといった具合になればもっといいことだろう。

将棋を観る人口は増えていても、将棋を指す人口は増えておらず、テレビゲームなどが普及するようになってからは減る一方な気がする。

しかし、指す人口のレベルは間違いなく上がっている。ソフトの進化もあるし、オンライン対局などの環境もあり、実戦を指す対戦相手には困らない。

目指せ藤井聡太ということで、小学校に入る前から将棋を始め、トレーニングを積んでどんどん実力を伸ばす子供も確実に出てきている。

江戸時代の詰将棋作品は、知的芸術として世界的な基準に達していると思う。しかし、チェスのように真の国際的ゲームになるには色々とハードルが高く、海外で評価されるのは難しい。

藤井聡太が何よりもすごいのは、小学校の頃から詰将棋の解答創作ともにトップレベルにあったことだ。詰将棋の創作にはある種の美的センスが必要だ。彼は膨大かつ精密な読みの能力に加えて、芸術的感覚も備えている。

加藤一二三が、今回の二冠達成に際して出したコメントは、実によいものだと思う。

「この先、AI(人工知能)研究がいかに隆盛を誇ろうとも、藤井聡太二冠には人間の探究心と求道心の先にある芸術的な一手により、盤上での感動を追求し、将棋界を湧かせて頂けることを願っております」

最強の一手が常に芸術的であるとは限らない。しかし、今回の王位戦第四局で見せた封じ手の8七飛成は、盤上での感動を追求し、将棋界を湧かせる一手であった。

邪心なくひたすら勝ちを追求する先に、美しい芸術のような棋譜が生まれる。

しかし美しい棋譜は一人では作れない。真に彼のライバルとなりうる存在が出てくることを願っている。
0

2020/8/20 | 投稿者: pdo

藤井聡太、四連勝で王位獲得、最年少二冠&八段。

昨年は木村王位誕生に泣かされたが、翌年にこういう結果が待っていようとは。

木村さんの局後インタビュー聴きながら涙が出てきたよ。

藤井二冠はいつまで藤井二冠と呼ばれるのか。

とにかく尊い。推ししか勝たん。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
0

2020/8/13 | 投稿者: pdo

Begin Again Koreaという番組がお気に入りだ。

コロナ禍にある国民を癒すため、ソーシャル・ディスタンスを保って野外で行われた人気アーチストによる音楽ライブ番組で、先週1シーズンが終了したが、ユーテューブでも見れる。

向こうの歌手はみな歌声が素晴らしく、どんな曲も歌詞が分からなくても感動してしまう。

イ・ソラ、クラッシュ、イ・スヒョン(楽童ミュージシャン)、イ・ハイ、ヘンリー、チョン・スンファン、Jukjae、Sohyangらがヒットソングを美声で聴かせる。ピアノやバイオリンの最小限の伴奏も素晴らしい。

最終回ではクラッシュがジョンヒョンの「一日の終わり End Of A Day」を歌っていて泣けた。

最近知ったのだが、IUは以前チャン・ギハと交際していて(ラジオで共演したときにIUが一目惚れしたとか)、その頃彼のバンドでは長谷川陽平がギタリストとして加入していたのだ。ということは、長谷川の名著『大韓ロック探訪記』で対談していた時にはギハはIUと付き合っていたということ…そして二人は2017年の初めには別れているのだが、その年の6月にIUは『ヒョリの民宿』でイ・ヒョリ、イ・サンスン夫妻と貴重な2週間を過ごしているのだな、ということなどが分かり、いろいろと分かりみが深い。
0

2020/8/10 | 投稿者: pdo

今の時代精神みたいなのを探る参考のため、芥川賞の受賞作は気が付いたらチェックすることにしている。もはや「純文学」のありがたさなどないし、そもそも純文学など存在しないのかもしれない。それでも、いわゆるエンタメとは違った何かは表現されているはずだ。

今月号の文藝春秋に掲載されていた、第163回芥川賞受賞作、『首里の馬』(高山羽根子)と『破局』(遠野遥)を読んでみた。

『首里の馬』は、沖縄を舞台に、主人公の若い女性の視点から描かれる物語で、いくつかのフィクショナルな設定に若干の不自然さを感じたものの、情報化社会と人間の実存というテーマを扱った良作という印象。作者の力量も感じられた。

さて問題は『破局』の方で、一読してこれまでにない薄気味の悪さを感じた。その作品が読者にもたらす効果は、ドストエフスキー『悪霊』の「スタヴローギンの告白」を読んだときの味わいに近い。しかし、薄気味の悪さという感覚は同じでも、その感覚をもたらした要因は全く異なっている(後述)。カミュの『異邦人』に擬えた感想もあるが、主人公の言動が時折不条理っぽいという以外には何の共通点もない。むしろ読者の感覚を裏切ってくる描写の運び方は中原昌也に近い。

不気味なのは、この主人公の内面は作者自身のものと本質的に同じであることが読んでいて伝わってくるからで(そのことは作者本人も認めている)、この小説がリアリティを感じさせるのはまさにその点においてであるということなのだ。虫唾を催させる手記を執筆したスタヴローギン(魂とか良心を持たない男)は当然ながらドストエフスキーの小説における創造物であるが、この陽介という主人公は内面的に作者の分身としか読めないのだ。

これがサイコ・ホラーというジャンルのエンタメ小説ではなく、芥川賞を受賞した「純文学」小説であるという事実は、確かに今の時代状況を反映しているといえるだろう。



0

2020/8/9 | 投稿者: pdo

今月号の『文藝春秋』に掲載されている、渡辺明のインタビューが面白い。

棋聖位を奪われた彼が藤井聡太について率直な印象を語っていて、トップ棋士としての危機感についても忌憚のない見解が聞けた。

棋聖戦第1局では、終盤で想像していない手を指されて負けるという、これまで経験したことのない負け方をした。終盤の読みのスピードで突き放す、全盛期の谷川浩司のような勝ち方であったという。

第2局では、中盤でぼんやりした手を指されて、気が付いたら負けになっていた。こういう将棋は羽生善治が得意とするものだという。

つまり藤井聡太は、緩急自在の勝ち方ができるということで、例えてみれば、大谷翔平が投手と打者の二刀流で大リーグで活動しているが、そのどちらでもトップクラスで戦っているようなもので、ある意味大谷よりも凄いという。

第3局は、徹底した研究に基づいて渡辺が優位に立ち押し切ったが、これは実力で勝ったとはいえないという。ただどんな勝ち方でも1勝したという価値は大きい。

第4局は終盤での競り負けで、読みのスピードの違いをはっきりと感じたという。

興味深いのは、「藤井の強みとAIはほぼ関係ない」と断定していたこと。結局のところ中盤と終盤の力で勝っているのであり、むしろAIが関係しているのは渡辺が勝った第3局であると。

一見すると自虐とさえ取られかねない現状分析をここまで徹底できるリアリストぶりが渡辺の最大の強みであり、今後の両者の戦いがどうなっていくのか興味が尽きない。

ちなみに、同誌に掲載されていた芥川賞受賞作『破局』(遠山遥)にも衝撃を受けたが、これについては改めて書く。
1




AutoPage最新お知らせ