2020/7/10 | 投稿者: pdo

藤井七段はさすがに連戦の疲れが見られた(この1週間のうちに木村王位、橋本八段、稲葉八段、羽生九段と戦い、その合間に東京と愛知を往復して学校にも通っている)が、ここは渡辺棋聖の土壇場での踏ん張り力を讃えるべきだろう。

しかし90手目の9九飛打まで渡辺棋聖の想定局面(研究範囲)だったとは驚いた。

次の1手(9八銀合)に藤井七段は1時間23分長考し、残り時間が41分となった(渡辺棋聖の残り時間はこの時点で2時間33分)。その後の展開で時間不足が祟ったことを考えれば、この2手の応酬がこの対局の最大のポイントだったと言ってよい。

来週は棋聖戦第4局を含めて藤井七段にはさらに過密なスケジュールが続く。非常にキツい状況だと思うが、体調面にはくれぐれも気を配ってもらいたいと思う。

羽生さんの七冠達成時も殺人的スケジュールだったことを思えば、最強者の宿命とも言えるかもしれぬ。


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ