2020/5/6 | 投稿者: pdo



空港から20代の4人組の女性が民宿に向けて出発

ヒョリが今朝作った曲をハミングし、サンスンがギターでコードをつける

クリックすると元のサイズで表示します

4人組女性到着 20代後半の警察官

「警官が泊まってくれたら泥棒の心配はないな」

2階に泊めることに
 
PM5:00 ジウン帰宅

2階に挨拶 4人組は食事に出発

ヒョリとジウンは犬の散歩

ヒョリが「ソウル」のMVを撮影した場所へ
「『君の名は』というアニメ映画にこれとそっくりの風景がでてきました」

日没の光景と共に踊るヒョリ
風を受けながら踊るのが大好き
IUは踊るよう誘われるも動かず

「私は年を取ったらキム・ヘジャみたいになると思わない?」
「ヒョリさんが踊っているのを見ていると、映画『母なる証明』のワンシーンみたいでした」
「そんなに怖かった?」(笑い)

サンスンは買い物

会社員5人組がスーツを着て丘の上で撮影会
警官4人組はヒョリおすすめレストランで食事 警官の仕事のハードさについて語る

帰りの車中で
「ヒョリさんが一番自信のあるものって何ですか?」
「自信があるものなんてないわ」「ただ面白いと思うの」
「バラエティー番組は面白い」「写真撮影も面白い」
「恐れていたら面白いとは思えない」
「本当にそうです」
「自信があるから面白いと思うのかな?」
「私にはそういうものはありません」
「歌も?」
「はい」
「自信のある曲はひとつもないです」「簡単に思える曲は一曲もありません」
「曲もテレビ番組も・・・」「だからヒョリさんに尋ねてみたかったんです」
「ヒョリさんはバラエティー番組がとても得意だから」
「私はバラエティー番組では地を出しているだけだからね」
「そうだと思います」(笑い)
「得意だと思ったことはないわ」
「人に会ったり話をしたり、笑わせたり、自分のことを笑ったりするのが好きなら」
「バラエティーは簡単になると思う」
「あなたは居心地が悪いでしょう?」「だからバラエティー番組が苦手なのよ」

一匹の犬が車に向かって走ってくる
「サンスンが見たのと同じ犬かしら?」
ヒョリが捕まえて車に乗せる
名前はつけていない
サンスンに連絡するが昨日サンスンが見た犬とは別のようだ

飼い主を探しに近くの家に行ってみる
もう一匹発見
家の人に声を掛けたら、その家の犬だとの答え
「もう少しで盗んでしまうところでした」

家の人が「IU?」と気づく
サンスンに連絡して、車に乗り込む

(ここからは希望により音声のみでお送りします)
若い子たちがIUを見て泣き出す
ミニサイン会が始まる
運転席から見守るヒョリ
「私も昔はあんな風だったのに」「私はここにいるわよ!」
複雑な気持ちでIUとファンの交流を見つめるヒョリ

クリックすると元のサイズで表示します

家路につく
「人生ではいろんなことが起きるわね」
「私は寂しかった」(笑い)
「泣くファンに会ったのは初めてです」
「私は小学生のころGODのファンで、テレビ局に見に行った時、それが直接見た初めてだったので、泣きました」「本当に会いたい人に会ったら泣くんですね」
「あの子はあなたが大好きなのよ」
「でも会えないことが辛くて、その思いがあふれ出たのかもしれない」

(しばらく沈黙)

「私は、昔は、どこに行っても注目の的だった」
「私以上に人気のある人が近くにいたことがなかった」
「あの若夫婦の夫は、ずっとあなたを気にして、あなたを見ていた」
「今日改めて、時代は変わったんだなと感じた」
「でもあなたのことが大好きだから、とても自然で、とても幸せに感じた」
「本当のことよ」「私はあなたの母親のように感じる」
「あなたに会えて幸せになる人を見ると、私も幸せになる」
「それで今の自分の位置に気づくの」「自分はもう誰かの後ろにいるんだなと」
「私の新しいアルバムが出たら」「もう一度そのことを感じると思うわ」
「でも今はそれを受け入れられると思う」「あなたのおかげよ」
「あなたを見て泣いている子を見ながら、そう感じたの」
「私はここにいるわよ!って言ったけど」
「本当に悔しかったらそうは言えなかったと思う」
「私にそのことを教えるための神の導きだったのかしら?」
「ありがとう、ジウン」
「私もここに来れて嬉しいです」

PM8:00
会社員たちと同じ時刻に到着

彼らがおいしいホルモンを持ってきたと聞いて興奮するジウン

バーベキューの準備をしているサンスンに抱き着いて「寂しかった」とキスをねだるヒョリ

夕食は豆のスープ
「丘の上は風がすごくて」「私が踊ったらジウンが私が狂ったんじゃないかという目で見ていた」「私はいつもそんな感じだから」「君はいつもそんな感じだ」「踊るだけじゃなくて・・・」「黙って」

外ではホルモンの匂いに犬たちが寄ってくる

PM9:00 女子4人組が帰宅

全員がバーベキューに加わる
女子警官は全員が合気道と柔道の黒帯
新入社員の彼女も警官と分かる

PM10:35
ジウンが退勤する際に内緒でチョコを渡すサンスン
感動するジウン

【10日目】

AM5:00

ヒョリとジウンがヨガ教室へ

夢を見たというジウン
「海辺を歩いているとクジラを見た もう一匹見たいと思ったらもう一匹来た」
「それは私とサンスンじゃない?」「たぶんそうだと思います!」
「目が覚めてから、これは幸運の兆しだと思いました」
「すごいわね、この民宿もうまくいくわね」「たぶん未来の暗示ね」

AM7:00

サンスン起床 会社員チームも警察官チームも起床済み

キッチンの床がまた濡れている 水圧を弱めるサンスン 水漏れは止まる

AM7:30 

ヒョリ帰宅

朝のヨガを指導するヒョリ(女性警官4人と新入社員2人)

サンスンが朝食を作る チーズとポテトのパラック・スープ

AM8:00

ジウン出勤

ジウンはアメリカの弟の卒業式に出席するため26日から28日まで出かける

野菜とイカのチリソース炒めを作るヒョリ 女性警官にふるまう

アボカドサンドイッチをジウンに渡すサンスン

ゲストたちにつづいてジウンも出発

「日曜日に戻りが遅くなったら来なくていいから」

二人だけの静かな時間

空港でサンドイッチを食べる姿を自撮りするジウン

昼寝から目覚めるサンスン
テレビを見ながら洗濯物を畳み、ペットに餌をやり、ネットを見ながら昼食、スマホ片手にひなたぼっこ 犬のゴシルと遊ぶ 退屈なほど平和

PM12:46 ヒョリも起きる

二人でお茶

「今日は何をして過ごそうか?」
「友達はいないの??」
「君が友達だ」
呆れるヒョリ
ヒョリの姉の家に遊びに行くことにする

「映画を見に行かない?」
「昔はよく一緒に映画を見に行ったもんだ」
「スーツを着てね」「ホテルのナイトクラブとか」
「今は入れてくれないんじゃないか?」
「年齢制限に引っかかる?」「でも私なのよ!」
「昔はそうやって遊ぶのが楽しかった」
「あれから私たちは変わった」
「人は変わるものさ」「そういうことをやり尽くしたから今のような暮らしを始めたのさ」

「もう2時よ、早く出なきゃ」「時はあっという間に過ぎるわ」

サンスンが曲をかける

Heart, Mind & Soul / El Debarge

ヒョリはTLCの「Waterfall」をかけて踊り始める

掃除のBGMはピンクルの「ルビー」

サンスンが止めて自分の曲にする

Come Closer / Roller Coaster

その頃、警官が後に到着したメンバーを空港に迎えに行く

サンスンがシンクの水漏れをチェック

ヒョリの姉の家に向かう 

幼い2人の甥と話す

ごちそうになる

「民宿は楽しい?」
「こんなに家事をしたのは生まれて初めてだわ」
「ヒョリが小さい頃は、家族がいくら言っても皿洗いをしようとしなかった」
「小さい頃からずっとそうなんだ?」
「そうよ、私はずっと変わらないのよ」

洗濯機を借りてシャワーを使うサンスン

タロット占いをしてもらうヒョリ
(※このシーンは予告では強調されていたが、意味のあるシーンはカットされている)

会社員チームは工場を改装したカフェへ 次に広大な小麦畑に

PM6:30 

ヒョリとサンスン帰宅

サンスンが焚火の準備

PM7:30

警官チーム帰宅

会社員チームも帰宅

PM10:40 消灯時間

寝室でジウンの写真を見て「幼稚園児みたい」というヒョリ 
もうジウンのことが恋しくなっている

(第11話終わり)
0

2020/5/6 | 投稿者: pdo



【9日目】

PM12:00

水圧を下げた

「町中で問題が起きてる」「水道局が水圧を下げて設定を間違えた」「そのせいで水道管が破裂した」
今は状況を見守るしかない

ミーティングで、一度に水をたくさん使わないことに決める
ダミ「シャワーはどうしますか?」
ジウン「私の家に行きましょう」
ダミはボートに乗る代わりに夜に友人と会うことにした
昼間はヒョリたちと一緒に行動する
皿洗いと掃除はサンスンが引き受ける 犬の散歩も

ダミがジウンの部屋に行き、シャワーとお出かけの準備
ヒョリが車で拾いに行く

済州島の古い市街区域へ
まずはランチ インドカレー屋へ
会話は感覚的欲望についてのヒョリの講義に発展
「感覚の刺激が私にとって重要だったころ、私はハンサムな男とデートしたかった」
「でもそれは私にはよくなかった」「それで私は自分の視覚を捨てた」(笑い)
「ハートに従ってサンスンに出会った」「冗談よ」「でも本当なの」
「私はたくさんのイケメンと付き合ったわ」「でもサンスンもセクシーじゃない?」
「思ってたよりいい人でしょう?」
「何と言うべきか分かりませんが、彼は思ったより面白くて可愛げのある人だと思います」
「今頃家を掃除してるはずよ」

実際はランチを食べながら本を読んで音楽を聴いていた

三人は古い米屋を改装したカフェへ 犬が放し飼いされている

次はヴィンテージショップへ
夢中になるジウン
ダミに服を選んでもらうヒョリ
以前サンスンと二人で来た時のことを思い出す
ダミはモデルなのでおしゃれな服が似合う
ジウンの服のセンスが理解できないヒョリ
「ダサい服が好き、ってあなたの歌詞にあるけど、そのとおりね」
買い物が止まらないジウン

もう一軒洋服屋へ
ここでもジウンの欲求が爆発
3枚シャツを買うと1枚がタダになる

ここでダミと別れる
この近くにいる友人と会って帰りはタクシーにするという

若夫婦は海でカヤック体験

サンスンは民宿で掃除洗濯の後に昼寝

PM5:30

若夫婦帰宅

薪割りを手伝いたいという夫
サンスンが割れない薪を上手に割る

友人夫婦と会うダミ

ヒョリとジウンの帰りの車中
「私に歌を歌ってくれない?」「夜の手紙がいいわ」
歌うジウン
「素晴らしかったわ」
「緊張しました」
「あなたは素晴らしい声をしてるわ」
家に到着

夕食 豆のシチュー

スタッフが先に食事
ジウンがたくさん買い物をしたと聞いてサンスンが
「ヒョリも外国のビンテージショップでたくさん・・・」
「黙って」
「ヒョリを見た店のオーナが、洋服屋を開けますよと」
「でも最近はそうでもないな」「買い物に夢中になることはなくなった」
「もう買い物に飽きたのよ」
「ジウンの歳なら買い物をすべきだわ」

若夫婦はバーベキューの準備 サンスンが手伝う

ダミ帰宅

ヒョリがバーベキューの火を起こすサンスンに後ろから抱き着く
「あなたに花柄のシャツを買ってきたわ」
「何も買わなかったと言ったじゃないか」
「自分のものは買わなかった」

実際には買ったヒョリ

バーベキューをする若夫婦を見ながら

「2階に新しい服があった気がするな」
「気のせいじゃない?」
「君を試してみただけだよ」
バレなかったことに安心するヒョリ

ジウンが食べ終わってダミと焚火に参加

ひたすら貝を殻から取り出す作業に励むサンスン
「すっかり得意になったよ」
「リー・ソラ(貝の意味)の曲を聞こうか」
ダジャレに反応しないヒョリ
若夫婦夫「ジウンは25歳だよね」
「君の年齢を知らない人はいないよ」
(IUの曲の歌詞にある)
「20代ならそれもありよね」「私は39歳〜♪じゃ変よね」(笑い)

焚火での楽しい会話で一日が終わる
今日は水漏れのせいでゲストにあまりサービスできなかった・・・

【10日目】

AM7:00
今日はヒョリが一番早起き
トイレで歌が浮かぶ

AM7:30 
ジウン出勤

「曲を作ったの」「あなたが2番の歌詞を書いて」
「いつ書いたんですか」
「ちょうど今(トイレの中で)」
ジウンに聴かせる
「すごい! 次のシングルにできそうですね」

食卓に若夫婦とヒョリ
サンスン「ダミはまた寝てる?」
ヒョリ「もう少し寝かせてあげましょう」

父親が床屋だった思い出を話すヒョリ

チョコを食べながらポテト・スープを作るジウン

胸がAカップになったと話すヒョリ
「君の胸はどこにいったんだ?」
「たぶん曝け出しすぎて役目が終わったと思ったのね」
「今は見る人は一人しかいないから」
「私もあなたにたくさん言いたいことがあるわ」
「あなたがシャワーしているのを見ると・・・」
KOされるサンスン
「夫婦になるのは不思議な運命だと思う」

バルコニーで若夫婦にヨガのレッスン

向かい合ってお互い無表情で見つめ合う
無言でハグ

ダミを起こして全員で朝食

外でサンスンの散髪
イタリア人みたいにハンサムに

ゲストたちのチェックアウト 記念撮影

次のゲストが空港に到着 男性5人組

ゲストが来るまでに掃除

ジウン読書

PM12:00 5人組到着

3泊4日 会社の同僚 タバコの営業 新入社員が二人

ジウンが中を案内

早速外出する5人 スーツを持って
「ヒョリは本当にきれいだ」
「IUと対面できると思わなかった」「彼女はとても痩せている」
「サンスンはテレビで見るよりもクールで男らしい」

もう一組のゲストが民宿に向かっている

(第10話おわり)
0




AutoPage最新お知らせ