2020/2/24 | 投稿者: pdo

太永浩『三階書記室の暗号 北朝鮮外交秘録』と荒巻正行『巨人の箱庭 平壌ワンダーランド』という本を読む。

太永浩(テ・ヨンホ)は北朝鮮の外交官で、2016年に亡命した。脱北した外交官の中では最高位級で、文字通り「外交秘録」といった内容。韓国でもベストセラーになった。

外交官というポジションは視野と見識が広く、世界の現実を知っているだけに、北朝鮮政権の非人間性にも自覚的になれるのだろう。この本を読めば非常に常識的でリベラルな価値観の持ち主であると分かるが、北朝鮮内部のエリートはこのような認識を持ちながら奴隷のように独裁者に仕えざるを得ない、あまりにも過酷な人生だ。彼自身も暗殺対象となっているに違いなく、まさに命を懸けた告白である。著者は4月の選挙で小選挙区から韓国の国会議員に立候補するという。こういう人が統一の暁には指導者になるのがふさわしいのではないか。

『巨人の箱庭』は、平壌の建築デザインの変遷を論じながら北朝鮮の歴史とその社会を分析するという内容で、とても興味深く読んだ。北朝鮮についての本は妙なバイアスがかかったものが多く、真面目な本は人権問題に焦点を当てたものが多いため、正直読むのがキツいのだが、この本のユニークな視点は斬新だった。最後の章には、ファンキー末吉が教えたロック少女(?)たちの写真もあって楽しい。

日本と韓国と北朝鮮は、まったく違うようでいて、実はパラレルワールド的な近親性を持っているような気がする。いつの日かこの三国の人民が自由に屈託なく交流できる日が来ることを願うばかりだ。
0

2020/2/23 | 投稿者: pdo

元爆風スランプのドラマー、ファンキー末吉がこんな本を書いているのを見つけ、古本屋で110円で購入。

クリックすると元のサイズで表示します

めちゃくちゃに面白かった。

彼が北朝鮮の学校で生徒たちにロックの演奏技術を教え、「北朝鮮初のロックミュージック」を製作するに至る過程は、上記の本と彼自身のブログに報告されている。

その曲『물음표(クエスチョンマーク)』は彼の動画にアップされている。



これを歌った少女たちは今どこでどうしているのだろう。それは彼にも分からない。

クリックすると元のサイズで表示します

それと、北朝鮮の音楽が五拍子だというのを初めて知った。
0

2020/2/22 | 投稿者: pdo

TWICEなどのアイドルスターを輩出している韓国の大手事務所JYPが日本でアイドル・グループを結成するために企画したオーディション番組『NIZI PROJECT』が今年放送されている。

毎週金曜日にHuluという有料サイトで配信され、現在は第5話まで来ている。

全国(海外の都市も含む)からの1万人を超える応募者の中から、26人が選抜され、日本での合宿に臨んでいる。

ダンス審査、ボーカル審査、スター性、性格の4つの基準で上位クリアできた者だけが最終的にデビューできる。最終的なグループの人数はまだ明らかにされていない。

誰をメンバーにするかを決定するのは、JYPの社長で自らもアーティストであるパク・ジニョン(PD,JYP、1971年生まれ、通称「餅ゴリ」)。

一般ファンによる投票制度などを採らず、プロのプロデューサー(パクジニョン)がすべてを決めるスタイルは、TWICEのメンバーを選んだオーディション番組「シックスティーン」と同じであり、中途半端に視聴者の意見を取り入れるよりもスッキリしていてよいと思う(視聴者投票スタイルによるオーディション番組「プロデュース48」が不正操作をめぐって大変なスキャンダルを起こしたのとも対照的だ)。

アイドルグループといえば日本ではAKBグループのスタイルがお馴染みだが、K−POPアイドルは何よりも「実力」の世界であり、実力よりもバラエティー適応力が要求される日本アイドルとは明確に基準が異なる。

歌やダンスの実力では、日本アイドルはK−POPアイドルに比較すれば高校野球とメジャーリーグ並みの差があり、果たして世界基準のグループを結成できるようなポテンシャルが日本人の中にあるのか? という当初の疑問は、番組開始早々氷解した。

エントリーした者の中にはJYPの練習生も混じっており、彼女たちの能力はやはりズバ抜けていた。今をときめくTWICEのミナ、サナ、モモも日本から韓国に渡ってJYP練習生として訓練された人材であり、本当に実力のある人は日本にもいるだということが証明されている。

今の放送は東京合宿でのダンス審査が終わり、ボーカル審査が始まった段階だが、ここまでで僕が注目しているメンバーについて触れたい。

【新井彩花(あらい あやか)】2004年生まれ

パクジニョンが「missA(JYPの人気グループ)のSUZYに初めて会った時を思い出した」とコメントした彼女は、ビジュアル的にはK−POPアイドルの中でも上位に来るだろう。ダンスやボーカルのレベルは今一つだが、本人の努力次第と言われている。JYP的にはデビューさせたい存在だろう。

【平井桃伽(ひらい ももか)】

奇しくもTWICEのモモの本名と一字違いの名前を持つ彼女は、ビジュアル的には個人的に一番好みかもしれない。手足が長くダンスも映える。パクジニョンは歌の素質を絶賛していた。

【尾崎すず】18歳大学生

いわゆる可愛らしいアイドル的な容姿ではないが、TWICEのジョンヨンのようなボーイッシュな魅力がある。性格もかなり個性的なものが感じられ、グループのアクセントとして欲しい存在と思う。歌はいまひとつだが、ダンスはかなり高く評価されている。

【山口真子(やまぐち まこ)】18歳

JYP練習生として2年7か月のトレーニングを受けて今回のオーディションに臨んだ。
ダンスはもうデビューできるレベルに達している。性格も誠実そうで、努力家でJYPの方針に合致している。結成されるグループのリーダー候補だろう。

【横井リマ】15歳

Zeebraの娘ということで、鳴り物入りでやって来たJYP練習生。ビジュアルは洗練されていて文句ないのに加え、ラッパーとして確実にメンバー入りするだろう。あとはどこまでポテンシャルを伸ばせるか、つまり、恵まれた才能をさらに飛躍的に開花させて、BLACKPINKと勝負できるようなレベルまで行けるかどうかが問われている。

【岸田りりか】17歳

大阪出身、3歳からクラシックバレエをやっていて、オーディションのときにはPDからバレエをやっていることは動きが静的になりかえってウイークポイントになると指摘され、いったん保留後の合格となった。しかし合宿のダンス審査ではその点を克服して、POPダンスを見事にこなしていた。「大阪娘」の負けん気が伝わってくる、応援したい存在だ。

【井上あかり】14歳

好感の持てる笑顔で、性格がJYPのツボにはまった。デビューできれば、人気メンバーになることは間違いないだろう。

【ヒルマンニナ】2005年生まれ

名前と容姿から分かるように、アメリカ人と日本人のハーフ。恵まれた容姿と体格に伸びやかで純粋なオーラは大器を予感させ、オーディション段階でパクジニョンが最も評価した存在のひとり。ダンス審査では正式なダンス・レッスンを受けた経験がないことから辛口な評価を受けたが、天性のスター性から、最終メンバーに残る可能性は高い。

【鈴野未光(すずの みいひ)】14歳

将来、NIZI PROJECTは、ミイヒを輩出した番組として記憶されることになるかもしれない。ビジュアル、歌、ダンス、性格、すべてにおいてアイドルとしてずば抜けた資質を持っている。TWICEのコンサートを見に行っていたときにスカウトされ、JYP練習生として今回のオーディションに臨んだ。逸材としか言いようがない。彼女を見るためだけにでもこの番組を追いかける価値はあるだろう。
0

2020/2/16 | 投稿者: pdo

Amazon Primeで聴ける音源をひたすら聴いている。

特に韓国のポップスとヒップホップが凄い。

向こうのシティ・ポップス(OOHYOとか)のレベルの高さは、日本の80年代ポップス(松原みきとか。これもアマゾンプライムで聴ける)などの優性遺伝ではないかとさえ思える。

松原みきといえば、僕は彼女がディスク・ジョッキーをしていたNHKFMの「軽音楽をあなたに」という番組をエアチェックして色々な洋楽に触れたことを懐かしく思い出す。

松原みきさんは若くしてこの世を去られたが、つくづく惜しいことだと思う。

アマプラで聴ける韓国HIPHOPどころといえば、DJ JUICEの「Mellow City」、Kid Milli、Simon Dominic、Loco、Loopy、Giriboy、Han Yo Han、Justhisなどなど。

女性ラッパーのJvcki Waiというのもいい。

Cheezeという音楽性豊かなバンドの「Q」というアルバムもめっけものだった。

赤頬思春期(BOL4,BOLBALGAN4)の素晴らしさ(聴くだけで涙が出てくる)を発見したのも大きな喜びだった。

韓国の音楽シーンの充実ぶりは、想像していたよりも恐るべきものだった。

これからここでも力の及ぶ限り紹介していきたい。
0

2020/2/8 | 投稿者: pdo

高円寺の古本屋で平野謙『島崎藤村』と大泉実成『消えたマンガ家(ダウナー系の巻)』をそれぞれ300円で買う。

どちらも読みたくて数年前に国会図書館で読んだ記憶がある。当時見つかっていたら3000円でも買ったかもしれない。

『島崎藤村』には長文の「新生」論があり、読みごたえがあった。『消えたマンガ家』には、鴨川つばめと安部慎一の長文インタビューが載っている。
1




AutoPage最新お知らせ