2019/11/20 | 投稿者: pdo

昨日の王将戦挑戦者決定リーグ、4勝1敗どうしで事実上の挑戦者決定戦となった広瀬竜王と藤井七段の対局は、126手で広瀬竜王の勝ちとなった。

対局直後のインタビューで、藤井七段は、「最後は詰みをうっかりしたが、これも実力」と悔しさを滲ませながらも落ち着いて語っていた。

中盤に藤井七段に疑問手が出て、広瀬竜王が優勢で最終盤を迎えたが、藤井七段が土壇場で猛烈な追い込みを見せた。一時は逆転したかに見えたが、最後に広瀬竜王が即詰みに仕留めた。

最後、逃げ間違えなければ詰みはなかったようだが、1分将棋ではさすがの藤井もすべてを読み切ることは難しかったようだ。終盤で持ち時間に大差がついていたことが、この結末に影響した。

ひふみんこと加藤一二三は、藤井が大きなチャンスを逃したことで、これから調子を落とすのではないか、といったコメントをしている。

加藤一二三は、20歳で大山名人に挑戦して、叩きのめされた。そのことが、彼の中の何かを壊したのではないか、と思っている。

彼の才能からすれば、もっとタイトルを取って、棋界を制する大棋士になってもおかしくなかった(もちろん大棋士には違いないが、大山、中原、羽生クラスの頂点を極めるには至らなかった)。

同じことは二上達也(羽生善治の師匠)にも言える。

加藤も二上も、大山康晴という存在によって、何かを失った。

中原誠は、大山と年齢が離れすぎていたこともあり、加藤や二上のように、むき出しの暴力的闘争心に晒されることがなかった。あるいは、大山の闘争心を失わせる何かを中原は持っていた。

羽生にとっては、大山のような存在はおらず、中原とタイトル戦を戦うこともなかった。

谷川は、年上ではあったが、文字通りライバル的存在であった。

もし、藤井聡太が、今の時点で、渡辺明との王将戦七番勝負に臨んだとしたら、加藤が大山に叩き潰されて、何かを失ったように、何かを失うことになっただろうか。

いつかはタイトル戦で相まみえる運命であるとしても、それは今ではなかった、ということだろう。

将棋の神様は確かに存在している。


0

2019/11/9 | 投稿者: pdo

神奈川近代文学館で、アピチャッポン・ウィーラセタクンの『トロピカル・マラディ』を観る。

画質があまりよくなかったのが残念だったが、森の映像はなんだかずっと心霊写真を見せられているような妙なリアリティがあった。

『中島敦展』の記念上映会ということだったが、中島敦とはほとんどまったく関係のない映画だったので(映画の冒頭に『山月記』からの引用があるというだけ)、半数近くの席を埋めていた近代文学愛好家の高齢者の皆さんがどんな感想を持ったのか、興味があるといえばあるし、ないといえばない。

「海の見える公園」の中にある文学館の建物とその周囲は幻想的なまでに美しく、映画終了後に歩いていると現実と夢と幻想の境界が曖昧になっていく感覚を少し覚えた。

彼の映画には繰り返し同じ俳優が出演しているので、ああこの人は『ブンミおじさんにも出ていたなあ」とか「このシーンはあの映画にも出て来たな」という所にまで目が行くようになると、さらに面白味が増す。

0

2019/11/8 | 投稿者: pdo

今日の一曲目: Break On Through (To The Other Side) / The Doors

こんばんは、渋谷陽一です。全国0局ネットでお送りしています、妄想夜電波、いつの間にか第5回目の放送となります。

坂口恭平という人がツイッターで、「2020年代は自殺の時代になる」と呟いていて、なるほどと思いました。確かに今の世の中を見ていると、鬱になる将来しか思い浮かびませんよね。貧困化、高齢化、言論の不自由化、政治のメチャクチャぶり。躁になるためにはもはや戦争しかないような気がします。といっても、今の戦争は、すべて画面上でターゲットを定めて、AIが自動的に敵を破壊してくれるので、面白くもなんともない、ますます鬱になるようなもんです。やっぱテロしかないのかな。これは石原慎太郎という偉大な政治家の言葉ですが。

今日の2曲目は、この季節になると聞きたくなる一曲、中島美嘉の『雪の華』、ではなくて、少数の熱狂的なファン以外にはあまり知られていない yes, mama OK?(略してymo)というバンドの、ポップでキャッチーなのにヒットには恵まれなかったこの曲を。

今日の2曲目 コーヒーカップでランデヴーって最高よ/yes,mama OK?

このバンドのリーダー、金剛地武志さんは、僕はかつて東京MXテレビで放送していたニュース番組のパロディー番組「鈴木タイムラー」と「テレバイダー」の司会者として初めて知ったのですが、九十九一やキッチュの後継者かと思っていたら、めちゃくちゃ才能のあるミュージシャンだというのが分かってびびった!

金剛地武志さんのインタビューは過去のこのブログの記事で読むことができます。僕は彼のツイッターをフォローしているのですが、けっこう政治的な発言をする方なので驚きました。もちろんいい意味で。

もう一曲聴きましょう。これから寒くなりそうな時期にぴったりの曲です。

今日の3曲目 砂のプリン/yes,mama OK?

このyes,mama OK? 略してイエママについては、これからも事あるごとに紹介していくつもりですのでご承知置き下さい。3,4枚のアルバムを残して解散してしまったのですが、名曲が山ほどあるのです。

さて、今日のK−POPのコーナーですが、11月1日に発表されると同時に韓国のチャートで1位になった、以前もこの番組で紹介したIUの曲を。

実は、先月起きた悲しい事件のために、IUは新曲の発表を延期しました。彼女の親しい友人であり、有名なガールズ・グループのメンバーが自らの命を絶つという出来事があったのです。先日発表されたこの曲は、彼女に捧げる意味もあるのでは、という声もあるようです。

曲をかける前に、IUによる紹介文を紹介します。


“「自分の利益より他人の利益をより欲する人間の性質」でさえ、利己的な土台の上にある”

愛する人が、一人で孤立していく姿を見るのは、辛い。

私には何もしてあげられず、見守るばかりで、ときに催促するような応援と慰めの言葉が、完全に相手のためだと勘違いしていた。

私は今でも、私の愛しい人が苦しむ姿を見ると、つい口を出してしまうことを我慢できない。

しかし、私のそのような行動が、相手のことだけを思っての配慮や慰めではなく、その人の平穏な日常を見たいという私の願望から出たものだということが分かった。

でも今は遠慮せず、お願いする立場として、最低限のことだけを願ってみたい。

この詩を聞いてほしいと

そして、息をしてほしいと・・・

他人の人生にずっと共に寄り添うことはできない。

けれど、方向さえ同じなら、ずっと共に歩むことはできる。

私にできるのは、歌うことだけだから、私は私の愛する人々へ、いくらでも歌ってあげることができる。

私が、音楽の仕事をしながら、多くの詩を世界から与えられたように、私も、たましいを込めた詩を書きたいと思う。

そうして、順番にお互いの詩に耳を傾け、ときに大きく、ときに小さく息をしながら、生きていければいいと思う。

- by 이지은 (李知恩 / IU)



今日の4曲目 Love Poem / IU

IUの曲をもう一曲聴きましょう。これは、シャイニーというグループのリーダーだったジョンヒョンという人との共作です。

今日の5曲目 憂鬱時計 / IU

次は、これからの季節に聞きたい曲/歌いたい曲のアンケートを取ったら上位に来るんじゃないかな、という、あのスマップの名曲の、作曲者自身によるバージョンを聴きましょう。

今日の6曲目 夜空ノムコウ / 川村結花

この曲は、スガシカオさんの曲だと勘違いしている人が多いような気がするのですが、スガシカオさんは作詞で、作曲したのは川村結花さんですから、お見知り置きの程何卒よろしくお願いいたします。

確かにこの曲は歌詞もいいですよね。「歩き出すことすらいちいち躊躇う癖に、詰まらない常識なんか潰せると思ってた」なんてね。これをあのスマップが歌ってた所がまたいいですよね。

川村結花さんにも、たくさんの名曲があって、これからも事あるごとに紹介していきたいと思っているのですが、今日は最後にこの曲を聴いてお別れしましょう。大好きな曲です。これからこの番組のエンディング・テーマにしようと思っています。

では、よい週末をお過ごしください。

今日の7曲目 遠い星と近くの君 / 川村結花


0

2019/11/5 | 投稿者: pdo

今日の一曲目: Break On Through (To The Other Side) / The Doors

皆様、こんばんは。ご機嫌いかがでしょうか?

連休を挟んで、空気が一気に冷たくなったような気がします。「もう冬支度を」とか考えていると、あっという間に年の瀬が来るのでせうね。

この、ドアーズの「ブレイク・オン・スルー」という曲は、彼らのファースト・アルバムの一曲目です。今日お聴きいただいているのは、1968年発表当時のオリジナル音源です。21世紀に入ってリマスターされて、若干ピッチが上がったり、当時は放送禁止でカットされた歌詞が入ったりしたのですが(一体どの言葉でせうか? 当ててご覧なさいまし)、僕はこのオリジナル音源も好きです。

では、ブレイクスルーつながりということで、今のK-POPを代表するガールズ・グループ、TWICEの曲をかけましょうか。タイトルは、そのものズバリ、「ブレイクスルー」です。
ブレイクスルーといえば、昔「ブレイクスルーテクノロジー」という自己啓発セミナーを知人からの紹介で受けに行ったことがありました。まだやってるんですかね、あれって?(笑)

今日の2曲目: Breakthrough / TWICE

この曲は今年、日本で出たシングルで、それは日本語バージョンだったのですが、今日お聴きいただいたのは、最近発売された「Feel Special」というミニ・アルバムに収録されている韓国語バージョンです。僕はこのバージョンの方が好きです。

K-POPのアーチストは日本で発売する時に日本語バージョンにするのが基本なのですが、何で日本語バージョンを作るのかというと、権利関係が倍になって印税が倍になるから、という理由らしいですね(笑)。歌手の方々は、日本語と韓国語の両方を覚えないといけないから、大変だと思いますね。ちなみにTWICEは9人のメンバーがいますが、うち3名が日本人で、台湾の方も1人います。この台湾のメンバーは、世界で二番目に美しい顔をしていると認定を受けた(笑)、ツウィという女性です。

僕は、サナという日本人メンバーが大好きで、ファンの間で言うところの「サナ推し」です。日本のアイドルグループのファンも、特定のメンバーを好みにすることが同じようにありますが、K-POPの場合も、「沼」といって、嵌ったら抜け出せなくなるような魅力がありますね。

自分の魅力を知って、その扱い方を心得ていることが人気商売の秘訣だと思いますが、サナの魅力は先天的なもので、そこに魅力の扱い方を意識的に学んでいて、それが日々上達しているから無敵ですね。

韓国では、TWICEのファンの間で、“사나 없인 사나 마나” (NO SANA, NO LIFE)(サナのいない人生なんて、死んだ方がマシ)という標語が流布しています。

サナには確かに魔力があります。その魔力に取りつかれたら、ちょっとやそっとでは逃れられません。

女遊びやキャバクラ通いにはまったく無縁の僕ですが、もしサナが目の前にいたら、ATMで有り金全部引き出して、軽率に全額差し出してしまうと思います。そのことで僕が幸福の絶頂に達することを知り尽くしながら、当たり前のような顔で受け取ってくれるのが、サナです。そして、次の瞬間には、受け取った現金を、笑いながら火の中に投げ込んでしまうのが、サナなのです。

もし東京スカイツリーのてっぺんで、サナが僕に「飛び降りなさい」と言ったなら、僕は即刻、それも快感をおぼえながら、身を投じるでしょう。

こう言うと、どんな妖婦だよ、と思われるかもしれませんが、本人は無邪気そのもので、幼児のような天真爛漫さしか感じられない。他の男の影も形も見えない。女子高で、いつもクラスメートにじゃれ合って、抱き着いたりキスしようとして顔を近づけたがる、落ち着きがなく、ちょっとドンくさい「かまちょ」そのものです(サナがTWICEの他のメンバーとふざけ合っている動画を見てご覧なさい)。

今日の3曲目: Turtle / TWICE

TWICEで僕が一番好きな曲の一つ、「タートル(亀)」というタイトルの曲を聴いていただきました。

歌詞の内容は、「あなたより私の方がほんの少し好きみたい 私の心があなたの先を行く ちょっと遅いからって何よ 私こうして待ってるわ ウサギとカメみたいに」というロマンチックなものです。

途中で、「パッパッパッパヤッパイパイヤ」というキュートなコーラス(?)を歌っていたのが、モモという日本人メンバーです。このモモはダンスが凄くて、彼女がTWICEのメンバーになった経緯にはいろんなドラマがあるのですが、説明し始めると長くなるので割愛いたします。

それから、TWICEの日本人メンバーの一人、ミナが、不安障害という診断を受けて、しばらく活動に参加していなかったのですが、先日のファン・ミーティングで、ファンたちがこの歌の歌詞の、「ちょっと遅いからって何よ 私こうして待ってるわ」の部分を皆で歌ったみたいです。

ちょうどその日は、ミナが久々にファンの前に姿を現した日でした。

韓国のファンは、ネットで物凄いバッシングをしてタレントを追い込んだりすることもありますが、献身的にタレントを守ろうとする美徳もあって、こういう話を聞くと感動します。

今日の4曲目: 夜と日時計(スワンプ・フォーク) / 小沢健二

もうすぐ新譜が発売される、オザケンこと小沢健二さんの曲でした。

僕がオザケンをちゃんと聴いたのは『ライフ』というアルバムが最初でした。

彼が小山田圭吾とやっていた「フリッパーズ・ギター」については知っていましたけど、「なんとなく生意気な奴らだなあ」という印象を持っていたくらいでそれほど気にしていなかったんですね。

僕はオザケンの1個年下で、学生時代ニアミスしてもおかしくない環境にいたこともあって、個人的にオザケンの噂話をちょくちょく耳にする機会があり、その度に「明らかに住む世界の違う人だな」と思っていたので、フリッパーズ・ギターの世界には積極的に近づく気になれませんでした。

大学を卒業して、就職して、いろんな壁にぶち当たったり人間関係がうまくいかなかったりして鬱々とした毎日を過ごしていたころに、開店したばかりの恵比寿ガーデンプレイスのTUTAYAでふと手に取ったのが『ライフ』のCDでした。

家に帰って、『ライフ』をCDプレーヤーにかけ、流れてきた1曲目の『愛し愛されて生きるのさ』のイントロを聴いた瞬間、なんともいえない気持ちになったのを覚えています。ウズウズするというのか、ワクワクするというのか、久しく忘れていた感覚でした。

そして、2曲目の『ラブリー』冒頭の、明らかにBetty Wrightの『Clean Up Woman』が元ネタと分かる丸パクリのフレーズを聴いたとき、思わず笑ってしまいそうになりながら、僕はもうすっかりオザケンの『ライフ』の世界に引き込まれていました。

今日の5曲目:Clean Up Woman / Betty Wright(イントロのみ)

今日の6曲目:ラブリー/小沢健二


もう一曲オザケンを聞きましょう。ファンの間で一番人気の高い曲、といって、オザケンのファンに聞いたら、かなり上位に来るだろうな、という曲です。

コード進行がカーティス・メイフィールドの某曲によく似ているというのも有名な話ですが、パクリだっていいじゃないかと思わせるくらいのウキウキ感がオザケンの曲にはありました。

今度の新譜も楽しみですが、こうやって彼が元気に活動してるというだけで、僕にとっても愛おしく思えてきたりします。

今日はこの曲を聴きながらお別れしましょう。神様を信じる力を僕たちに。生きることを諦めてしまわぬように。

今日の7曲目: 天使たちのシーン / 小沢健二

今日の8曲目: Trippin' Out / カーティス・メイフィールド
0

2019/11/3 | 投稿者: pdo

東京都写真美術館でアピチャッポン・ウィーラセタクンの『ブリスフリー・ユアーズ』を観る。

その前に上映された監督の軽いドキュメントフィルムも観る。

アピチャッポン映画を観ることは一種の感覚のご馳走だ。

『トロピカル・マラディ』もやっていたのだが、そちらは別の機会に譲ることにする。

0




AutoPage最新お知らせ