2019/6/10 | 投稿者: Pdo

夢は期待を裏切らない

時の流れに身を任せてはならない

恋愛は算数じゃない

大友良英さんの影響でDerek Baileyを聞こうとして見たのだがそこまでまだ耳が肥えていないようだった残念。

やっぱコルトレーンくらい。キャノンボールとか。アセンションはきつい。
パラレルワールドっぽいノリで行くとどうなるか。次元上昇まで行くか。行くのか。
これ以上音楽が好きになれない所まで行ければ。

それでもジャズだのポリリズムだのカッコつけて聴いてみても、結局表層的なメロディーが好きかどうかだけの勝負になっている。そう決めようとしなくてもそうなっている。

だからチャーリーパーカーの頭の中身が知りたい。あれだけのプレイができるのだから頭の中がバーカーではあり得ません。

コルトレーンの至上の愛を約30年ぶりに聴いたらやっぱスゴイ。こんなスゲかったんだなやっぱし。でもポリリズムとかコードとかモードとか深い所がわかってるわけではやっぱりなくて、表層的なメロの追いかけやすさとかそんな部分でしか感動できてないだよな結局の所。でもそこまでの人はいるほどはいなく、大半はわかっちゃったようなフリをしているだけなんだろう、きっとそうだろう。でもオレだけは、、、とか言って。

チェットベイカーの歌って、ていうか声って、犯罪的、ていうかもう犯罪のレベルだよなやっぱし。禁固刑が相当じゃないっすか。これはいかんと思うよ。

梅雨の夜更けにバナナとか食べたいなとか思いながらちょっと狂ったので書いた。天才はあきらめた。以上。
0




AutoPage最新お知らせ