2019/4/30 | 投稿者: pdo

平成最後の日(笑)に、なんと「のん実写映画復帰へ 2014年以来」のビッグニュース。

[映画.com ニュース] 女優・のんが、水谷龍二、ラサール石井、小宮孝泰が結成したユニット「星屑の会」による人気舞台を映画化する「星屑の町」でヒロインを務めることがわかった。のんにとって実写映画への出演は「海月姫」(2014)以来のこと。「の・ようなもの のようなもの」を手がけた杉山泰一監督がメガホン、水谷が脚本を担当し、5月上旬より東北地方、北関東などで撮影。20年の劇場公開を予定している。

“笑ってホロリとする作品”を作ることを目指して結成された「星屑の会」。映画のベースとなる舞台「星屑の町」シリーズは、地方回りの売れないムード歌謡コーラスグループ「山田修とハローナイツ」の悲哀を描いた作品だ。94年の第1作「星屑の町・山田修とハローナイツ物語」を皮切りに、その後全国各地で上演。16年には7作目となる「完結篇」が披露され、さらに19年3月にはアンコール上演されるなど、25年に渡って愛され続けてきた人気舞台だ。

映画「星屑の町」は、東北の田舎町が舞台となる。のんが演じることになったのは、その田舎町で歌手になる夢を抱きながら、スナックを経営する母と暮らしている女性・愛。歌手になるために地方巡業にやって来たハローナイツに入れてもらうべく奮闘するという役どころで、昭和歌謡を歌唱するシーンにも挑戦するようだ。また、のんにとってはゆかりの深い岩手県・久慈市(NHK連続テレビ小説「あまちゃん」ロケ地)でもロケーションが行われる。

のんは“第2の故郷”ともいえる思い出の地での撮影を前に「この、『絶対楽しい映像になる…』という予感がするキャストの皆様に混じって映画に参加できることが幸せでなりません。久々の映画なので、気合いが入っております。楽しみ!」と心境を吐露。共演に名を連ねるのは、ラサールと小宮に加え、大平サブロー、渡辺哲、でんでん、有薗芳記、菅原大吉、戸田恵子といった実力派ばかり。杉山監督は「何度か映画化の話があったが、何故か実現しなかった幻の作品」と説明しつつ「一癖も二癖もあるおじさんたちに立ち向かうのは、のんちゃん。はたしてどんな化学反応が起きるのか…昭和歌謡がド・ストライクの世代はもちろん、全く知らない世代まで楽しめる作品になること間違いなし!」と自信をにじませている。

「山田修とハローナイツ」のボーカル・天野真吾役の太平が「令和になったこの時代だからこそ、味わって頂きたい昭和の世界に歌に人情を。懐かしのほろ苦さをご賞味下さい」とアピールすれば、山田修役の小宮は「息の合ったメンバーの撮影ですから現場も楽しいです。何より、20年前に立ち上げた芝居が映画になるなんて最高の贅沢です」としみじみ。一方、市村敏樹に扮するラサールは、長期間に渡る上演を経て、ついに映画化となった点について「よき仲間たちと愚直に淡々と演じ続けてきた甲斐がありました。映画版のキャストもひとりも欠けることなく芝居と同じメンバーだということも凄いですが、そこにヒロインがあののんちゃんとくれば、こんな嬉しく幸せな仕事はありません」とコメントを寄せている。

「星屑の町」は、20年に劇場公開。


こいつはボンと小ガッツが一緒に来るよりもめでたい。

日本映画史上に残る名作、とまではいかずとも、スクリーンに伝説の女優が戻ってくるというだけでも、日本映画史上に残る作品となること必至。

これで確信した。

令和は、いい時代になる。
3

2019/4/28 | 投稿者: pdo

ドラマ『結婚できない男』の続編決定とか。

もう13年前になるのか。

このドラマをきっかけに、夏川結衣さんにハマったので、続編に夏川さん(夏美先生)が出ないのは淋しい気がする。誰がヒロインになるのか?

阿部寛と夏川結衣の人柄が滲み出た役どころだったのが、余計にドラマの面白さを際立たせていた。

阿部寛も前のドラマの時にはリアルで結婚しない男だったのが、もう既婚者だし。

でも見ちゃうんだろうな。
0

2019/4/20 | 投稿者: pdo

ネットの話題で、「もしも藤井聡太が存在しなかった世界線の将棋界」というのがあって、

2017年の藤井ブームがなかったらこんなことになっていただろうという予想がされている。

・三浦スマホ不正事件を根拠に読売新聞側が竜王戦の契約金減額を要求。竜王戦のタイトル賞金額が3000万円台になる。それに追随するように朝日・毎日主催の順位戦の契約金も減額される。

・第2期叡王戦で優勝した佐藤天彦名人がコンピューターのPONANZAに敗れたことによって当初の目的が達成されたとしてドワンゴ側が叡王戦の終了を発表。

・第89期棋聖戦(羽生善治棋聖対挑戦者豊島将之八段)終了後に産経新聞が経営難を理由に棋聖戦からのスポンサー撤退を表明。棋聖戦は消滅し将棋界は6大タイトルとなる。

・朝日杯将棋オープン戦の優勝賞金が500万円に減額される。

・AbemaTVが大幅赤字を理由に将棋のライブ中継事業から撤退。

・少子化や子供の将棋離れの影響により、全国的に将棋教室や将棋道場の閉鎖・終了が相継ぐ。

・奨励会入会希望者が10年前の3分の1にまで落ち込む。


けっこうリアルにこうなっていただろうと予測されることばかりで、一人の天才の出現が世界をいかに変えてしまうのかということがよく分かる。

将棋界の至宝をこれからも大切にすべきである。スポイルしない程度に。といっても彼は信じられないレベルで人格的にも完成されているので余程のことがなければ大丈夫だろうが。

世間の期待を一身に背負わされる運命を持った彼のことがときどき不憫になる。
まるで来月初めに即位されるあの御方のように。



0

2019/4/16 | 投稿者: pdo


ノートルダム塔の頂上からの眺望はいつも私に多くの不思議な考えを呼び起こしてきた。この塔の下でどれほど多くの世紀が過ぎ去り、どれほど多くの物事が変化し、そして実際にはどれほどわずかなものしか変化しなかったことか!

ノートルダム大聖堂については非常に多くのことが書かれてきたが、実際に知られていることはあまりにも少ない。自分で既存の資料を調べてみた者でなければ、大聖堂の建設についていかにわずかな事実しか知られていないかとても信じられないだろう。

その建設には長い年月が必要であった。工事がいつ始まり、いつ終わったかは知られている。何かの形で建設に関わった司教たちや、当時の法王や王も知られている。しかし、建設者そのものについては、その名前の他には何も知られていない。しかもその名前すらほとんど知られないままである。

建設者たちのスクールが存在したことは知られている。当然それは存在していたはずである。どんな親方も徒弟たちと一緒に働き、たいていは一緒に暮らしていたのだから。画家も彫刻家もこのようにして働いていた。建築家たちももちろんそのように仕事していたのである。しかしこれら個々のスクールの背後には非常に複雑な期限を持つ他の制度が存在していた。それは単に建築家のスクールや石工(メーソン)のスクールではなかった。大聖堂の建設は、粗野で、愚かで、迷信深く、偏見に満ち、スコラ的な中世という時代に、完全に自由な哲学的・心理学的スクールが存在し続けるために、並みはずれて賢明に考案された計画の一部だったのである。これらのスクールは我々に巨大な遺産を残してくれた。しかし我々はすでにそのほとんどを、その意味と価値を理解することなく使い捨ててきたのである。

再びノートルダムを見るまでに8年の歳月が流れた。それはほとんど前例のないほど激動と破壊の年月であった。ノートルダムの中の何かが変わったように私には思われた。それはあたかも自らの終わりを予感し始めたようであった。犯罪の歴史の中にかくも輝かしい頁を書き記したこの年月の間に、ノートルダムの上に爆弾が落ち、砲弾が炸裂した。ノートルダムが、20世紀の素晴らしいお伽噺だったフランス大聖堂のように進歩と文明の犠牲者として消滅する運命を共にしなかったのは、ただの偶然にすぎない。

塔に上り、降下する使徒たちを再び見たとき、私は、何も知ることを欲しない人々に何かを教えようとすることのむなしさと、そのまったくの無益さに心を打たれた。

そして再び、前に何度も行ったのと同じように、ただ一つだけこれに対抗する議論を見出すことができた。それは、おそらく使徒たちの教えとノートルダム建設の目的は、すべての人々に教えることではなくて、特定の観念を少数の人々に対して、「時間という空間」を通して伝えることにのみあったのではないか、ということである。現代科学は小さな地球の表面という限界内で空間を征服した。秘教科学は時間を征服した。それは観念を不変のまま伝達し、何万年もの時を通じてスクールの間の交信を確立する方法を知っていたのである。(1922年)

『新しい宇宙像』(P.D.ウスペンスキー)第9章第1部より

クリックすると元のサイズで表示します
0

2019/4/15 | 投稿者: pdo

今週、さいたまスーパーアリーナで行われる、EXO-CBXのコンサートに行きます。(マジ)

知らない人のために解説すると、EXO‐CBXというのは、「K-POPの帝王」と呼ばれている人気グループEXO(エクソ)のメンバー、ベクヒョン、チェン、シウミンの3人によるユニットで、CBXはそれぞれの頭文字を取ったもの。

知らない人のために説明すると、つい数日前に新譜を発表するや否や世界各地で爆発的な売り上げを記録しているBTS(防弾少年団、通称バンタン)が今のナンバーワン男子アイドルグループ(ナムジャ)なのはもはや動かし難い事実だが、パフォーマンスや楽曲のクオリティにおいてはむしろEXOの方が上回っているのではないか。

ただEXOは当初中国人メンバーを入れて中国市場をターゲットにしたものの上手く行かず、日本進出もBIGBANGやSHINEEなどと比べて成功とは言い難かった面があり、日本における知名度はいまひとつである。

本国ではEXOファン(EXO−L)はある種強烈過ぎて懼れられる存在である。もちろん日本にも強力なファンは多い。

K−POPの世界というのは、日本ではアイドルというより宝塚の世界に似ているのではないかと思う。ファンは彼ら(彼女ら)の非日常的なまでの完璧で美しいパフォーマンスに魅了される。それは崇拝といってよいレベルで、その思い入れは強烈なものにならざるを得ない。

日本のお茶の間でバラエティータレントもこなす、親しみやすい日本のアイドルとは明確に違う。だから、数年前まで、K−POPというジャンルは、韓国国内においても特殊な世界だったという。ちょうど日本における宝塚のように。

ところが、BTSやTWICEやBLACKPINKのような大衆受けするK−POPアイドルの出現により、韓国国内でもK−POPの市場が拡大している。

EXOは、K−POPが特殊ジャンルから大衆向けジャンルに移行するその移行期のカリスマといえるかもしれない。

そして、今回来日するCBXのメンバー、シウミンは、5月7日に入隊することが決定している。軍隊生活を2年送っている間に、また別のメンバーが続々と入隊することになるから、全員が揃うのは何年も先になるということになる。

K−POPの男性スターの宿命として、ブランクが生じ、その間に強制的な世代交代が起こる。これは日本の芸能界ではありえないことだ。

日本のファン(だけではなく)は当分の間、シウミンの姿の見納めになるわけだ。
だからどうしても

0




AutoPage最新お知らせ