2018/4/22 | 投稿者: pdo

ホームグラウンド新宿御苑で総理大臣と握手したのん
クリックすると元のサイズで表示します

のん、地上波に出(れ)なくて大正解と思う。

今は、SNSやネットメディアが発達しているので、テレビ見れずとも何の問題もなし。

反人権団体レフ0口エンタテイメントのHPからも漸くプロフィールが削除されたようだし、もはやのんの「やりたいこと」を阻むものなんて何もない。

テレビというちっちゃな箱の中で御人形さんでいることを強いられているタレントたちのなんと窮屈に見えることか。


どんどん牙をむいてくれ。
クリックすると元のサイズで表示します



キヨシローがあの世に旅立った日にファーストアルバムを出すなんて

のんにしかできない芸当だよ。




天国の忌野さん、こっちは相変わらずこんなゴミ溜めのようなどうしようもない世の中だけど、

あんたのソウル・ブラザー、のんちゃんがいてくれるおかげで、

ちったあ救われたような気分になれるよ。


今まで、ふざけ半分で生きてきた。

今だって、そうさ。これからもね。

「人生」なんてコトバに、ふり回されたくないんだ。


(忌野清志郎の高校生時代のノートより)


クリックすると元のサイズで表示します


私は、話すのもゆっくりですし、考えこんでしまうので、どうしたらいいんだろう……と悩んでいたのですが、まわりの人も、「私がうまく喋れる」とは思っていませんよね。それじゃあ、まぁいっか!って、あきらめたんです(笑)。

 「ヘタクソだからやっちゃダメ」って、誰が決めるんだろう……。結局、何が正しいのか、正しくないのかに行き着いてしまう。「どれが正しいのかを探す」ということですよね。

 でも本当は、それを見た人、聴いた人の感情がどう動いたのかのほうが大事なはず。だから、もしそれが幸せだったり、楽しかったりするような感情だったら、ステキなことなんじゃないかと思うんです。

(のん「朝日新聞TELLINGインタビュー」より)





のんに刺激されて、誰もが、「やりたいことを、やりたいだけ、やろう!」と思えばいい。

僕もそう思います。


クリックすると元のサイズで表示します
10

2018/4/7 | 投稿者: pdo



このところずっと、伝説の詰将棋作家、駒場和男氏の『ゆめまぼろし百番』を鑑賞していた。

5手詰めも解けない自分に氏の作品を解けるはずもないが、ソフトで棋譜並べしているだけでもその凄さが伝わってくる。

詰将棋の魅力というのは、指し将棋とはまた違って、のめり込むと止められない奥深さがある。

氏も、長手数の詰将棋の創作に没頭するあまり、気が付くと恋女房が姿を消していたという。

第16世永世名人谷川浩司は、おそらく現役プロ棋士として最高の詰将棋作家の一人でもある。



「光速の寄せ」と呼ばれる終盤力で将棋界に革命を起こした氏は、その卓越した読みの力を詰将棋創作にも注いできた。

氏曰く、盤面に向かって詰将棋の創作に没頭している時間が至高の時であると。

藤井聡太氏もまた、詰将棋作家として天賦の才を持つが、ある時、師匠である杉本七段が、谷川浩司氏に、弟子の詰将棋創作についてどう思うか尋ねたところ、詰将棋の創作は楽しすぎるから、しばらく止めたがよいと助言したとか。

もっとも、これは藤井氏が奨励会時代の話であり、プロになってからは徐々に創作を解禁しつつあるようだ。

とまれ、自分はこの奥深い世界の入口に立っておそるおそる中を覗いただけだが、新しい世界を発見したようなワクワク感を覚えている。

この記事のタイトル「春雷」は、次の詰将棋の題名。

クリックすると元のサイズで表示します

手の解説は、このページにあるので、将棋のわかる方はどうぞ。
0




AutoPage最新お知らせ