2017/3/25 | 投稿者: pdo

環境のアフォーダンスをめぐる重要な事実は、価値や意味がしばしば主観的で、現象的、精神的であると考えられているのとは異なり、アフォーダンスがある意味で、客観的、現実的、物理的であるということである。けれども実際には、アフォーダンスは客観的に特性でも主観的特性でもない。あるいはそう考えたければその両方であるかもしれない。アフォーダンスは、主観的―客観的の二分法を超えており、二分法の不適切さを我々に理解させる助けになる。それは環境の事実であり、同様に行動の事実でもある。それは物理的でも心理的でもあり、あるいはそのどちらでもないのである。

―J・J・ギブソン『生態学的視覚論』

図書館でレーモン・ルーセル『アフリカの印象』と『ロクス・ソルス』(ともに平凡社)を借りて、駅に向かって歩いていると、初めて見る広い古本屋に出くわす。

品ぞろえが非常に充実していて、思わず見入ってしまったが、店頭に在った1994年の『現代思想:特集アフォーダンス』を108円で買った。

刺激的な論考が並んでいて、とても得をした気分になる。岩谷宏というのはあのロッキン・オンの岩谷宏のことか?
0




AutoPage最新お知らせ