2016/12/3 | 投稿者: pdo

なんと、2016年ヨコハマ映画祭作品賞受賞とか。日本映画ベストテン第1位も!

のんは審査委員特別賞!!!

「この世界の片隅に」の作品世界を決定づけた声音の魅力を称えて

だと。

ヨコハマ映画祭は本当に映画を愛する人たちの賞だから、日本アカデミー賞よりもこっちの方が嬉しいよ。

よかったなあ、のん=すず。


‘‘‘

ところで、映画評論家町山智浩氏によれば、MXテレビにのん(能年玲奈)を番組に出そうとしたら旧事務所からの抗議があって断念したそうだ。(*註)

こういう人権侵害を国会で取り上げないと駄目だ。

昨夜のフジテレビ「ユアタイム」でものん(能年玲奈)の「の」の字も出さず、MCの市川さやが映画の素晴らしさについて熱く語っているのに、隣の男性キャスターはシレーッとした顔で「俺は関係ないよ」みたいな顔をしていた。

まあでも、フジテレビはまだ取材しただけマシ。

註:件の町山氏のツイッター発言に対して、山本某とかいうジャーナリスト(?)が発言の撤回を求めて言い争いになったが、結果的にはいろんな意味で前事務所の悪行の酷さを再確認させる事にしかならなかったようだ。

事務所問題については、人間の善性と悪の勢力の対立の様相を呈してきている。

ここで誰が光の側に着くのか闇の側に与するのか、業界の動きを我々はじっと見ている。

個人的には、一切テレビに出なくても今回のような形でブレイクしてしまった女優能年玲奈の規格外の天才ぶりに圧倒されるばかりである。

ていうか、もうテレビなんか出なくて良くないか? 

たとえば原節子さんが民放の糞バラエティー出てるところなんか見たくないもの。

3




AutoPage最新お知らせ