2012/11/30 | 投稿者: pdo

人気アイドルグループ・AKB48の増田有華(21)が28日夜、自身のブログでグループの活動を辞退すると発表した。辞退の時期は未定。

29日発売の『週刊文春』でDA PUMP・ISSAの自宅にお泊まりが報じられ、自ら「記事の中には事実ではないことも書かれていましたが泊まりにいったことは、事実です」と認めた。


突然の発表だったこともあり、いろいろな波紋が広がっている。

本人は、大きな仕事である宮本亜門のミュージカルの世界を体験して、AKBの卒業も考えていた時期でもあったようだ。

こうした報道が出たことで、AKBの中で続けていく意味が見出せなくなったのかもしれない。

今年に入って、スキャンダル絡みで辞めていくメンバーが続出している。以前からもいたのだが、AKBの存在が大きくなりすぎたために、話題性が格段に上がっている。

なんとなく見ていると、恋愛も過去のものであればOKで、現在進行形のものはアウトという漠然とした線引きがあるようだ(必ずしも絶対のルールではない)。

また、恋愛はアウトだが、合コンまでなら(謝罪すれば)OKという雰囲気もある。

さらには、恋愛でもバレなければOK(ただし有力なメンバーに限る)というルールもあるとかないとか。

このへんのグレーな感じも含めて、見る者を飽きさせない仕掛けと考えれば、「恋愛禁止条例」とはいかにも巧妙な仕組みであると感心せざるを得ない。

0

2012/11/28 | 投稿者: pdo

なんだかしらねど、最近オードリーが気になっている。

2008年のM-1グランプリにおいてオリジナルな「ズレ漫才」で準優勝になって以降、すっかり売れっ子になり、2012年の今も安定した人気は続いている。

別に分析したって仕方がないのだが、彼らが長続きしている理由は、春日のキャラでも若林の計算された笑いでもなく、「オールナイトニッポン」のようなトーク番組をしっかりと守っているという点ではないか。

ANNは、過去のお笑い芸人のトップが主戦場にしてきた伝統的番組と言ってもよいが、現在お笑い芸人でメインパーソナリティを勤めているのは、ナイナイとオードリーしかいない。

ANNのような2時間のトーク番組できっちりとくだらない話ができるというのは、意外と地肩の強さが求められる。これをしっかりこなせる実力は、8年に及ぶ下積み時代の蓄積があればこそだろう。

彼らが春日の自宅で開いたミニライブを文字おこしした「小声トーク」という本は、活字でも面白いくらいで、彼らの実力が一朝一夕のものではないことを物語っている。

若林が南海キャンディーズの山里とやっていた深夜番組「たりないふたり」は、リアルタイムが見ていなかったのが残念なほど、今年1番といってよいお笑い番組だった。

その若林が、マキタスポーツの「1億総ツッコミ時代」の話をANNでしていた。このあたりの目ざとさもいい。

なんか今このふたりを応援したくなっている。

1

2012/11/18 | 投稿者: pdo

AKB48の大島優子(24)が18日、映画「悪の教典」の特別上映会に出席したが、出席が予定されていた上映後の会見には姿を現さず、映画の内容を批判した。

 観賞後、大島は肩を震わせ、号泣しながら退席し、控室に戻った。その後、映画を見た38人のAKB48メンバーと主演の伊藤英明(37)らによる会見に同席する予定だったが、急きょ欠席した。

 スタッフによると、伊藤演じる教師に生徒が次々と殺されていく同映画の内容にショックを受けたためだという。

 大島は「私はこの映画が嫌いです。人の命を大切にしないことは、認めません。命が奪われていくたびに、涙が止まりませんでした。『映画だから』と言う方もいらっしゃるかもしれませんが、私はダメでした」と異例の批判コメントを発表した。


大島優子の感覚とコメントは人間としてきわめて真っ当だと思う。


この件に関しては僕は断固として彼女を支持する。

続きを読む
1

2012/11/15 | 投稿者: pdo

「前田敦子はキリストを超えた: 〈宗教〉としてのAKB48」
――衝撃的なタイトルの本が12月7日、筑摩書房より発売される。著者は情報環境研究者・濱野智史さん。

内容紹介によると、 “不動のセンター”と呼ばれた元AKB48メンバー・前田敦子さんの分析から、 AKB48が熱狂的に支持される理由を読み解いていくとのこと。


いくらなんでもこれは気がくるってる。

最近、社会の至る所でリミッターが外れている気がしてならない。

既成概念にとらわれないというのはポジティブな面もあるが、単なる常識(良識)の欠如という場合もある。

これなどは後者の例の一つだろう。
0

2012/11/13 | 投稿者: pdo

学生のころにつくったカセット・テープが出てきた。

懐かしいので曲名を記しておく。

A面

1 Memories / Soft Machine
2 Sonata No.4 / Scryabin
3 You don't know what love is / Eric Dolphy

B面

1 Music from Macbeth / Third Ear Band
2 Dis-Moi / Alesky & Brigitte Fontaine
3 Time of the Season / Zombies
4 Don't Forget Oscar / Hans Koller
5 The Herald / Comus
6 While You Think, Keep an Eye on Your Thoughts / Gunter Hampel
7 He ain't Heavy, He's my Brother / Hollies
0




AutoPage最新お知らせ