2012/10/2 | 投稿者: pdo

エレファントカシマシのボーカル宮本浩次が難聴のためライブ活動を無期限休止との報道。

急性感音難聴を発症し、外リンパ瘻の可能性があり、左耳を手術したという。後遺症が残らなければいいが。

あせらず、ゆっくり休養して、また元気な姿を見せてほしい。


(公式ページより)

重要なお知らせ (2012.10.02 UP)

エレファントカシマシ ヴォーカル 宮本浩次は
9月1日深夜に左耳が聞こえづらくなり、医師の診断を受けた結果
急性感音難聴を発症し、外リンパ瘻の可能性があると診断されました。
診断後すぐに治療を始めましたが改善への傾向が見られず
左耳の聴力がほぼ失われる状態まで病状が進行したため、9月5日に手術を受けました。
術後の経過は順調で、聴力は少しずつ回復に向かって居り
体は健康で日常生活に支障はありません。
10月のコンサート開催については、本人の強い希望により
ぎりぎりまで開催の方向で治療とリハーサルを行って来ましたが
全力の歌唱が出来るまでには回復せず、聴力もかなり不安定な状態な上
充分なリハーサル時間もとれなかったため、大変苦渋の選択ではございましたが
10月8日の大阪城野外音楽堂公演、および1990年より毎年開催して参りました
10月14日の日比谷野外大音楽堂公演をやむを得ず中止させて頂く事となりました。

ファンの皆様、およびコンサートをとても楽しみにしていた皆様に
ご迷惑、ならびにご心配をおかけしまして誠に申し訳ございません。
また中止の発表が遅くなりました事を、心よりお詫び申し上げます。

チケットの払い戻しについては
お買い求め頂いた各プレイガイドにて対応致します。
払い戻し方法のご案内については
後日、当ホームページにて詳細を掲載いたしますので、もう暫くお待ち下さい。
それまで、チケットはお手元に大切に保管しておいて下さい。

この様な状況をふまえ、来年1月に予定していた新春ライブ日本武道館公演を含め
今後のコンサート活動に於いては暫くの間、休止させて頂きます。
コンサート活動再開の時期は未定ですが、一日でも早い回復を目指し
次なるステージでは全力のパフォーマンスを以て、万全の体勢で臨む所存です。
今後ともエレファントカシマシをどうぞ宜しくお願い致します。

株式会社フェイス ミュージックエンタテインメント


(2012年10月2日8時4分 ニッカンスポーツ紙面から)

エレカシ無期限休止、ボーカル突発性難聴

 ロックバンド、エレファントカシマシ(エレカシ)のボーカル、宮本浩次(46)が突発性難聴と診断され、エレカシはライブ活動を無期限休止することが1日、分かった。関係者によると、宮本の左耳は聴力がほとんど失われた状態に陥るなど一時的に悪化したという。手術を経て、日常生活に支障はない範囲まで回復したが、長時間の歌唱は難しいと判断。予定していた公演はすべてキャンセルする。

 ボーカル、宮本の突然の病気で、エレカシはライブ活動無期限休止という苦渋の決断を下した。

 予定していたライブは、今月8日の大阪城野外音楽堂公演、同14日の日比谷野外大音楽堂公演、来年1月の日本武道館公演。全3公演を中止する。ギリギリまで宮本の体調をみていたが、長時間の歌唱ができるまでの回復に至らなかったという。すでにチケットを発売している今月開催予定の野外2公演については、払い戻しが行われる。

 関係者によると、宮本が左耳に違和感を感じたのは先月1日深夜。左耳が聞こえづらいことから、病院で診断を受け、急性感音難聴と診断された。治療を開始したが、左耳がほぼ聞こえなくなる状態まで病状が急激に悪化。すぐに入院し、同5日に手術を受けたという。

 日常生活に支障はないものの、時々めまいがするなど、体調は現在も不安定な様子。左耳については手術後、数値は改善されたが、宮本は「相当聞こえづらい」と話しているという。

 今後の仕事は、すべて宮本の体調次第になる。今月31日には、野村萬斎主演の時代劇映画「のぼうの城」(犬童一心、樋口真嗣監督、来月2日公開)の主題歌「ズレてる方がいい」を発売する。当面、長時間の歌唱を伴うライブはできないものの、新曲のPR活動は体調をみながら、無理のない範囲で行っていく予定という。

 日比谷野音公演は90年から20年以上にわたって、毎年開催してきたエレカシの恒例行事だった。関係者によると、宮本はライフワークを含めた3公演の中止に、相当悔しがっているといい、「どこかでファンの人たちにあいさつしたい」と話しているという。

 来年はデビュー25周年。新春の日本武道館公演で弾みをつけて、記念イヤーを盛り上げていく予定だった。宮本は自宅療養に努め、エレカシとしてのステージ復帰を目指していく。


0




AutoPage最新お知らせ