2009/12/31 | 投稿者: pdo

今年は,いろいろな意味で昨年ほどドラマチックではなかったけれど,このブログ的にもそれなりに充実した1年だった。

何より,奥菜恵さんが母親になられたことが,一番めでたい出来事でした。
来年は,大きな舞台が控えているということで,女優としての躍進も期待されるところ。

鳥居みゆきチャンは,単独ライブや『みみずひめ』のDVD発売の一方で,ワイドショーのレギュラーやゴールデン番組への安定した露出という,理想的なバランスで仕事してきた。『社交辞令でハイタッチ』の終了は残念だったが,来年は地上波で(ネットでもいいけど)彼女の個性がいかんなく発揮できる冠番組ができるのを期待したい。

夏川結衣さんは,先にも書いたとおり,準主役級のTVドラマ2本と大きな映画があった。珍しく私生活面での話題の方が賑やかだった。来年は『孤高のメス』という大きな映画があり,仕事面ではますます充実することだろう。そして,もしプライベートで大きな出来事があっても,もう覚悟はできてます。

それから,期待の新人(?)満島ひかりは,来年はいくつか主演作品の発表がすでに決まっていて,『悪人』という大きな映画の出演も決定している。それ以外にも,写真集(『月刊満島ひかり』)が出たり,雑誌でのエッセー連載も始ったり,表現者として多彩な顔が見られそうだ。

というわけで,2010年は,いろいろと期待が膨らむ1年になる。

さて,話題は変わって,今年の締めくくりに,今日は椎名林檎の『能動的三分間』という曲について語りたい。

椎名林檎は,デビューアルバムの『無罪モラトリアム』と,『本能』や『幸福論』といったシングルの素晴らしさにノックアウトされたのがもう10年以上前のことになるというから驚きだ。

当時は,大げさでなく,中島みゆき以来の才能が出現したと思った。作詞作曲の能力も,演奏を含めたパフォーマンス力も,ビジュアル面も,本当に傑出していた。

『幸福論』と『本能』のマキシシングルのそれぞれ2曲目に入っている『すべりだい』という曲と『あおぞら』という曲が大好きだった。特に『すべりだい』のボーカルは,女の声で逝きそうになるほど感じた初めての体験だった。

過去形でばかり書いてきたことでお分かりの通り,実は,2作目の『勝訴ストリップ』以降は,彼女の作品をあまり本気で聞いていない。

僕の彼女への一方的な期待があまりにも高くなり過ぎていたのが原因だったと思う。林檎自身に非はない。

プライベートで,出産や離婚等の経験を経て,活動を半ば中断したような時期もあった。復活した後の「東京事変」も真面目に聞いていなかった。

しかし,今年出た『能動的三分間』を,つい数日前に聞いて,吹っ飛ばされた。

『本能』以来の衝撃だった。

コンセプトが素晴らしい。歌詞が素晴らしい。そしてもちろん曲そのものがいい。

どこが素晴らしいか具体的に書こうかと思ったのだけど,言葉にするのがとんでもなく野暮に思えてきたので,やめます。

紅白も始まったので。

今年はスマップのマイケル追悼パフォーマンスをチェックしないといけないからねかっこわらい。

1

2009/12/29 | 投稿者: pdo

桜井幸子さんは,『高校教師』以来,好きな女優さんの一人でした。

非常にマイペースな感じがして,女優という仕事に執着している様子もなかったので,今回の決断はむしろ自然に受け止めることができました。

新しい人生にも幸多からんことを祈ります。


◇桜井さんのコメント全文

前略

 私事、桜井幸子は平成21年末をもちまして、すべての芸能活動から引退する決断を致しましたことを、ここに報告させて頂きます。

 関係者の皆様、そしてファンの皆様には、長年に渡り御支持を頂き心より感謝しております。

 私はこれまで女優という仕事に就きながら、十数回海外の仕事を頂き、また、数回の海外留学の経験をさせて頂きました。これらの経験が契機となり、数年間考えた末に今回の決断に到りました。

 引退後は、より一層社会的見聞を広め、社会に貢献できる個人を目指し、実り豊かな人生となるよう、目標を定め、研鑽に努めて参りたいと考えております。

 皆様にはこのたびの私の決断を御理解頂ければ幸いです。

 これまで多年に渡り暖かい御厚情をいただいた大勢の方々に重ねて御礼申し上げ、私の引退の挨拶に代えさせていただきたいと思います。

不尽

2009.12.28

桜井幸子


クリックすると元のサイズで表示します
2

2009/12/27 | 投稿者: pdo

最近再放送していた夏川結衣さんの『任侠ヘルパー』をまとめ撮りして,まとめて見た。

リアルタイムではまったく見れていなかった。申し訳ありません!

結論から言うと,すごくいいドラマだった。夏川さんについても,満足度は高い。

もちろん,いろいろなんだかな〜と思う点もあるが,ストーリーの基本線がしっかりしていて最初から最後までブレていなかったのですっきり見れた。

仲里依紗ちゃんも存在感があってすごくよかったし。

我らが夏川さんは,『トップセールス』で見せた,やり手の女社長に,『あなたの隣に誰かいる』で見せた息子思いの母親をプラスしたような,なかなかナイスな役柄。

毎度演技が素晴らしいのは言うまでもなく,相方である草なぎ君との相性も良かった。

お約束(?)の喪服姿なんかもあり,夏川さんの魅力満載だったのではないでしょうか。何度も心が持って逝かれました。

最後の場面なんか,『愛のむきだし』をそこはかとなく連想させちゃって,少しウルッときたりなんかして・・・

個人的には,『夜光の階段』よりも遥かによかったな〜

そういえば,草なぎ君は,今度舞台で奥菜さんと共演するんじゃなかったっけ・・・と思って見てみたら,稲垣メンバーか。

どうでもいいけど,草なぎ君たちが警官隊に立ち向かって大暴れするシーンは,思わず笑っちゃいました。あんな大乱闘シーンは,金八先生以来初めて見たかもしれない。

夏川さんは,今年はドラマ2本と映画1本ということで,まあまあの露出だった。

来年も活躍期待しています。

5

2009/12/17 | 投稿者: pdo

今日はおそらく今後1年間は訪れないであろう丸一日フリーの日だったので,都内の映画館をめぐって映画を見まくった。

といっても観たのは2本。

『母なる証明』(2008年,ポン・ジュノ監督)

『愛のむきだし』(2009年,園子温監督)

『愛のむきだし』についてはさんざん書いてきたとおり,すでにDVDで5回以上観ている。

映画館で見るとどうなのか確かめてみたかった。

1回や2回は勢いで見れてしまうのだが,さすがに6回も見ると,作品のアラが目についてしまう。

脚本は,出だしは非常に丁寧に書かれているのだが,途中からかなりラフになってきて,終わりの方では話を進めるために相当な無理をしているのが分かる。

そうはいっても,ラストシーンではやはり号泣してしまうのであり,凄い映画であることには変わりはない。

しかし,『愛むき』に思ったほどのめりこめなかった最大の理由は,その前に見た『母なる証明』が凄すぎたためだと思う。

正直,こんな物凄い映画だとは思っていなかった。想像を軽く超えた。

映画を見ながら,過呼吸で気分が悪くなるという初めての体験をした。

自分の感受性のメーターがレッドゾーンに達するのが分かった。

ラストまでドキドキしっぱなしで,エンディングでは衝撃で呆然とするしかなかった。

単なる感動というのではない。何と言えばいいのか分からない,胸を抉られるような情動。

いいとか悪いとか判断する以前に,本当に凄いものを見た,という感想が先立つ。


これ,主演している母親役の女優は,韓国映画界の最高級クラス,日本でいえば中村玉緒とか八千草薫とかそんな感じでしょうか?

そしてもう一人の主役は,言わずと知れた大スター,ウォンビン。日本でいえばキムタク・クラスだろう。

日本で,そんなクラスの俳優を使って,この作品を作ったら,なんて想像もできない。

感想は,改めて書く・・・,というか,こんなものを見せられたら,もう,なんもいえない。

僕は,韓国映画というものを高く評価しているつもりだったが,まだまだ見くびってました。

ポン・ジュノ監督は言わずもがな,この映画の製作陣すべてが現時点でパーフェクトなレベルにあると思う。

それで出てきたのがこの映画だ。

率直に言うが,『愛のむきだし』が児戯に思えるレベルだ。

言葉を失っている。付け加えて言えそうなことがあれば,また書くかもしれない。
1

2009/12/15 | 投稿者: pdo

現在発売中の雑誌『本人』に連載中の吉田豪のインタビューで,青木さやか鳥居みゆきについてちょっとだけ言及していた。

ああ見えて(?),青木さやかサンは相当神経質でノイローゼ気味なまでの内面を抱えていて,悩みが深いらしい,という文脈の中で。

(以下引用)

(吉田)―となると,これからどうなっていくのか。

(青木)「そうですね。どうなるんでしょうか?」

―ボクに聞かれてもわからないですよ!

「誰に聞けばいいのか分からないんです!」

―たとえば同業の先輩に聞くにしても,同じ体質じゃないとわからないですもんね。

「そうですね・・・同じ体質って誰だ・・・鳥居みゆきちゃんなのかな? でも,みゆきちゃんのほうがよっぽど職人さんっぽいし。それに,まだまだ病んでる感じは強いし。」


(引用おわり)

みゆきちゃんが「職人さんっぽい」というのは言いえて妙という気がする。

いよいよ次は吉田豪による鳥居みゆきインタビューか?

しかし残念ながら,『本人』は今号で休刊らしい。

1




AutoPage最新お知らせ