2009/11/30 | 投稿者: pdo

最後に,これは自分でも確信が持てない部分ですが・・・

マイケルが幼いころの父親との関係について語っている文章。

父はいつだって僕にとっては不思議な存在でしたが,彼もそのことを意識していました。僕がとても悔やんでいる数少ないことのひとつに,彼と本当の意味で親しくなれなかったことがあります。彼は何年かかけて,自分の殻に閉じこもってしまいました。ファミリー・ビジネスに口を挟まなくなってから,僕らと付き合いにくくなったのかもしれません。僕が家族と一緒にいると,彼は黙って部屋を出て行ってしまいます。未だに,いわゆる父と子の関係というものが苦手なんです。あまりにまごついてしまうのです。そんな父を見ていると,僕の方もどうしていいかわからなくなってしまいます。 p32-33(下線部引用者)

原文は

My father has always been something of a mystery to me and he knows it. One of the few things I regret most is never being able to have a real closeness with him. He built a shell around himself over the years and, once he stopped talking about our family business, he found it hard to relate to us. We'd all be together and he'd just leave the room. Even today it's hard for him to touch on father and son stuff because he's too embarrassed. When I see that he is, I become embarrassed, too.

下線部について,上記日本語訳では,父親が息子たちのビジネスに関わらなくなった,メジャーデビュー以降について,つまり将来のことについて述べているように思われますが,これは,当時の話,つまり子ども時代の関係のことを言っていると考えた方が自然なのではないでしょうか。

だから,下線部を意訳すれば

お父さんは,長い間に自分自身の周りに壁を築き上げてしまったので,僕たちと音楽ビジネスの話をするとき以外には,僕たちとどう関わっていいか分からなかった

ということになるのだと思います。そして,

家族が皆同じ部屋にいると,お父さんは部屋を出て行ってしまう

のです。

ジョー・ジャクソンという人間の,自分の息子たちとさえ生身の人間として関わることが難しいという謎の人格と深い孤独感が伝わってきます。


マイケルと父親の,いたるところで語られるストーリーを踏まえた上で,映画 This Is It の中で,マイケルが I'll Be There
を歌いあげた後,

そうだ,こう言おう・・・ジョー,キャサリン,感謝してます,ありがとう

と言う場面を見ると,涙が溢れるのを抑えるのに苦労します。


0

2009/11/30 | 投稿者: pdo

日本語版p188,ジャクソンズのアルバム『トライアンフ』に収録されている「ハートブレイク・ホテル」についてのくだり。

人を安全な場所に連れ戻してくれるものや,連れて来られた場所の音がなければ,脅えさせても意味がないのです。

原文は

there's no point in trying to scare someone if there isn't something to bring the person back safe and sound from where you've taken them.

ですから,おそらく訳者は safe and sound の sound を「音」と誤解したのでしょう。

脅えさせた後で,その人を再び安心させるようなものがないのなら,誰かを怖がらせようとする意味がありません。

とでも訳す方がいいと思われます。

ちなみに,これは同曲の最後のピアノとチェロのコーダ部分についてのコメントです。

個人的には,マイケルが「ハートブレイク・ホテル」や「ビリージーン」などの「復讐」をテーマにした歌を作ったのは,僕にはその感情が理解できないからだ,と言っているのが興味深かったです。


次に,これはあからさまな誤訳。p197の

『スリラー』というアルバムを作るのは非常に大変な仕事でしたが,はまり込んでしまった何かから逃げだすために努力しただけ,というのも本当です。

原文は

Making the Thriller album was very hard work, but it's true that you only get out of something what you put into it.

下線部はもちろん,

人は(作品に)注ぎ込んだだけのものしか得られない

という意味です。なぜあんな訳になったしまったのか不思議です。


次は,かなり重要な誤訳です。「ビクトリー・ツアー」についてのくだりで,昔のツアーのスタッフに指摘された言葉からマイケルが大切な教訓を学んだと語っている部分ですが,

コントロールされているのだと彼に言われて,僕は目が覚めました。(p.271)

これはまったく逆で,原文は

When he told me I was in control, I finally woke up.

ですから(太字引用者),

コントロールしているのは僕なんだと彼に言われたとき,僕はついに目覚めました。

と訳すべきです。

これは何のことを言っているのかというと,マイケルは,「スリラー」の後,兄弟たちに半ば無理やり参加させられた「ビクトリー・ツアー」のときに,自分のキャリアを自分でコントロールすることの重要性を痛感したと述べているのです。

その重要性に気付かせてくれたのが,以前のスタッフに言われた「スタッフはあんたのために働いているんだ。あんたがスタッフのために働いているんじゃない。あんたがスタッフに金を払っているんだよ」という言葉だったといいます。

マイケルはこれを,何から何までモータウンの管理下にあった過去の自分の立場との対比という文脈で語っています。モータウンを出た後も,いわばモータウン時代のマインドコントロールが抜けきっていなくて,前述の男の言葉でようやく「脱洗脳」できた,と言っているわけです。

以後,マイケルが自覚的にポップ・ミュージック史の中で特異なキャリアを築いていくのは周知のとおりです。
0

2009/11/30 | 投稿者: pdo

田中康夫訳のマイケルの自伝『ムーンウォーク』(河出書房新社)を一通り読んでみました。

原文とも読み比べてみても,おおむねよい翻訳だと思います。ただ,日本語では文章が軽い語り口調になっていることについては,好みの問題があるかもしれません。

もっとも,担当編集者のあとがきによれば,マイケルのインタビューをもとにしてライターが書いたものだということなので,語り口調も個人的にはアリだと思っています。

上記のことを前提に,いくつか誤訳を指摘させてもらいます。ニュアンスの問題ではなく,明らかな誤訳も含まれます。

まず日本語版(2009年11月初版)p179 

ところで,「シーズ・アウト・オブ・マイ・ライフ」には,とても多くの思いが詰まっています。

ですが,

原文は

But I got too wrapped up in "She's Out of My Life."

なので,

しかし,僕は「シーズ・アウト・オブ・マイ・ライフ」に没頭しすぎました。

でしょう。

少し意訳すれば,

しかし僕は,「シーズ…」の歌詞の世界に入り込みすぎました。

でしょうか。

この後,レコーディングで泣いてしまったという有名なエピソードが続きます。

ちなみに,この曲の意味についてマイケルが解説している文章(p178)は,

「シーズ・アウト・オブ・マイ・ライフ」は,僕を他人から隔てている壁は,一見,簡単に飛び越えられそうなくらい低いのに,自分の熱望していたものを見失った今も,その壁は依然として立っているんだということを歌った曲です。

と訳されています(下線部引用者)。

原文は,

"She's Out of My Life" is about knowing that the barriers that have separated me from others are temptingly low and seemingly easy to jump over and yet they remain standing while what I really desire disappears from my sight.

です(下線部引用者)。

下線部は「自分が本当に欲しているものが目の前から消えようとしているときに」とでもしたほうがより正確だと思います。

マイケルの言わんとしている意味を自分なりに解釈すると,文字通りのことなのですが,「僕はほかの人とは違う」という認識と,その認識のために他人といつも完全に打ち解けることができない,見えない壁をいつも感じている。そして,自分のもっとも愛する人との関係の中でも,その違和感をどうしても克服することができない。その結果,愛する人が自分から去ってしまうのを煩悶しながら孤独に嘆いている歌,ということです。

たしかに非常に重いテーマであり,マイケルの人生を象徴するような楽曲といえるかもしれません。

なお,この曲についての文章の最後のくだり,スタジオで泣いてしまったマイケルが,

後になって僕は弁解しましたが(p179)

の apologize は,「弁解した」よりは「謝った」と訳すほうが素直な気がします。

0

2009/11/27 | 投稿者: pdo

六本木で3回目の This Is It を見て,マイケルの自伝 MOONWALK の日本語訳を買う。

映画館は超満員で,こんな大勢の人が映画館に詰めかけるのは初めて見た。年齢層も実に幅広い。考えてみたら「スリラー」の当時20歳だった人はもう47歳なんだもんね。

「ムーンウォーク」は最初のほうしか読んでいないが,誤訳も思ったより少なく,なかなかいい翻訳だと思う。

ヤッシー,やるね。

全部読んだらまた感想を書く。
1

2009/11/11 | 投稿者: pdo

話のついでに,10年位前に書いた文章を貼り付けておく。

Princeについて

 Princeが名前を捨てて読み方不明の記号と化してから最初に出したアルバムが「Gold Experience」である。これは身も蓋もないラップ 、単純極まりないロックンロール 、ベタベタのギター・ソロをフューチャーしたバラードなどを盛り込んだ勢いのある作品ではあった。このアルバムの評価は高かったが、それは「Sign of the Times 」に寄せられた評価とは明らかに異なる性質のものであった。

 「Lovesexy」以降、それまでアルバムを発表する毎に巨大な音楽性を膨らませる一方だったPrinceの活動に陰りが見えはじめた。自らのスタイルを確立し、良く言えば安定期、悪く言えば保守化の時期に入ったと彼の音楽を生きる糧にしていた世界百万人のファン誰もが思った。「Lovesexy」に代わる「Sign of the Times」の次回作となるはずだった「Black Album」を別にすれば、「Batman」「Grafitti Bridge」「Diamonds and Pearls」「Love Symbol」「Come」と続く作品には、特別な数曲(Scandalous 組曲、Get Off Remix等の企画盤etc)を除けば、聞く者を圧倒する強烈なインパクトを与えるだけの輝きはなかった(過去の活動の総決算として改名と同時期に出されたベスト盤には未発表曲がいくつか含まれており、どれも良い出来で救われたような気にさせられたが)。ワーナーとの一連のゴタゴタの中での改名騒ぎを経た「Gold Experience」には、ふっきれた勢いだけはあるが、真に新しさを感じさせる音楽的要素は何もなかった。彼がプロモーションからセールスの時期に至るすべてを取り仕切った「The Most Beautiful Girl in the World」は、彼自身には満足いく出来であったが、ロック音楽の革命児Princeのイメージを抱いたままのリスナーの耳にはひどく保守的なサウンドに響いた。「Chaos and Disorder」はもはやワーナーとの関係が修復不可能なまでに悪化していることをあからさまにさらけ出した作品として、彼のDiscography中でも特異な位置を占めるものである。ひどく雑な作りではあるが、そのラフさが逆に面白いノリを
生み出している部分もある。

 そして、ワーナーの支配から解放され、新たに生まれ変わった彼に「この作品を作るために生まれた」とさえ言わしめた3枚組の大作「Emancipation」が1996年に発売される。これは確かに傑作であり彼以外の誰も達しえない水準の作品であることは疑い得ない。しかし、3枚組全36曲というのはさすがに冗長ではないかとの感は拭えず、もう少し絞り込んだ方がよりインパクトの強い作品になったのではないかとの声もある。素晴らしい曲がいくつもあることは確かである。特にバラード中心の第2面の出来は素晴らしい。彼としては初めてのカバーも4曲収められているが、すべて見事に彼自身の曲にしてしまっている。第1面と第3面には落としても差し支えない曲が入っているので、セールスのみを考えれば、これをまとめて1枚にし、全部で2枚組にするという手
もあったところである。

しかしこれは彼にとって記念すべき作品であり、何よりもファンへの感謝の気持ちを大切にする彼の姿勢が現れた結果であるともいえる。実際彼はこのCDの希望価格をinternetを通じてアンケート調査し、その結果を踏まえて3枚組としては画期的な低価格に押さえている。

 自らのレーベル「NPG(New Power Generations)」を設立し、作品制作の自由を完全に保証され、作品のリリースに関するプロモーションからその時期、価格までを完全に自ら決定できるようになった彼は、これまでより一層精力的な活動を展開している。1999年までアルバムは出さず、「Emancipation」からのsingleのみを出していくと言っていた彼だが、いたって自己顕示欲旺盛な彼が丸3年間も沈黙していられるはずもなく、1998年にはNPG名義ながら実際には彼の新作「Newpowersoul」を出した。これは一聴して旧来のファンクを踏襲した作りになっており、これを聴いたある評論家は彼のサウンドの保守化がますます進んでいることに深い遺憾の意を表した。しかし、このalbumに関する限りそれは的外れの批判であるように思われる。

 「Newpowersoul」と殆ど同じ時期に店頭に並んだ「Crystal Ball」は、ブートでは出回っていたが公式には未発表であった過去の作品を集めたもの(3CD)と、アコースティックの新作14曲を収めたCDの全4枚組であった。未発表曲といっても質的には何ら既発表のものに見劣りせず、ライナーにもある通り、これを新作と称して1年に1枚ずつ発売していっても十分に通用する内容である。録音時期は最も古いものが「Sign of the Times」の頃で、その他はほとんどが90年代に入ってからのものと見られる。90年代に入っていま一つぱっとしないアルバムばかり出していた彼がこれほどのクオリティを誇る作品をボツにしていたというのは何だか狐につままれたような話である。もっとも未発表曲のストックが400曲あると豪語する彼のことだから、今後もこのような作品を次々と出してもらいたいものである。

 彼はインターネット・マニアでもあるらしく、自らの運営するサイトを三種類持ち、いずれも非常に充実している。最新情報あり、スピリチュアルなメッセージあり、ファンとの交流コーナーありと盛り沢山の内容の中で、彼からのメッセージとして、今後自分の未発表曲はすべて作品化してファンの手元に届くようにするから、絶対にブートレッグは買わないようにとのお達しが出た。

 実際プリンス&ザ・レボリューション時代の音源を集めた「Roadhouse Garden」というCDを準備中ということで、作品を完成させるためにウェンディ&リサが呼ばれた(が来なかった)とかいう話も伝わっている。また、エピック・ソニーの重役を通じて、マイケル・ジャクソンが彼と「1999」のリメイク版を作ろうと持ちかけているという興味深いニュースも流されている。(1998年11月現在、ワーナーの「1999」再発に対抗して、「1999」全曲デジタル再録盤を出すという計画もあるらしい)

 こうした状況を見るかぎり、彼の創造力が衰える気配は微塵もなく、これからの活動にもますます期待が持てそうである。(1998.11.5)
0




AutoPage最新お知らせ