2009/3/22 | 投稿者: pdo

初回限定盤のニューシングルCD『絆(きづな)』を買った。

「きづな」というのは一般的なふり仮名と違うようだが,宮本は広辞苑で調べた上でこの字にした,とラジオで言っていた。

ニューアルバムのタイトル『昇れる太陽』の「昇れる」も日本語としておかしいような気がするが,これも広辞苑で調べたのだろうか。

さて内容について。『絆』はやはりいい曲だ。『相棒』という映画はたぶん大ヒットするんだろうから,ことによったらエレカシは今年のミュージックシーンに結構なインパクトを与えるんじゃなかろうか。

カップリングで新作にも収録される『to you』という曲も,軽快なメロディの中にもエレカシ節が効いていて,すごく良い。宮本は本当に次から次に名曲を作る。

さらに初回限定盤だけに入っている『桜の花 舞い上がる道を』のピアノバージョンがまた凄い。「千の風になって」も真っ青の出来だ(褒め言葉じゃないか?)。

というわけで楽曲のクオリティは申し分ないのだが,ちょっと気になっているのは,売り出し方の側面である。あまりに宮本個人を前面に出し過ぎて,バンドとしてのイメージが弱くなっているのではないだろうか。

過去の例からも,宮本の個性だけが突出しすぎてバンドがおいてけぼりをくらっている状況では,優れた作品は生まれにくいような気がする。個人的に,エレカシの作品の頂点は『町を見下ろす丘』だと思っているが,前作『starting over』以上にバンド色が薄まることになることにならないか心配ではある。とはいっても,最終的には何とかなると確信してるけど。



0

2009/3/19 | 投稿者: pdo

『罪とか罰とか』ようやく見れた。

奥菜さん,出番は多くなかったが,しっかりキメてくれました。

映画そのものは,KERAワールド全開という感じで,決して万人受けはしないけどハマる人にとっては十分に満足できる作品。いわば観覧車ではなく絶叫マシン。

成海璃子が意外によかった(意外に,というのは失礼か)。

今の若手は,いい女優が多いね。

映画を観た後,本屋でケラの新刊本『映画嫌い』を立ち読みしたら,本作のPとケラ監督の制作日記が載っていて,制作秘話みたいなのが分かって面白かった。現場は大変だったのね。

奥菜さんのインタビューも載っていて,これもなかなか興味深い。

ついでに,奥菜さんの元(?)知り合いの人が書いた『徹底抗戦』という本を買った。

0

2009/3/8 | 投稿者: pdo

http://www.youtube.com/watch?v=MvS2A62VfsQ

映画『相棒』の主題歌となるエレファントカシマシの新曲『絆』のPVがyoutubeに上がっているのを見た。

なんかダセーな,というのが正直な第一印象。あまりにお仕着せの映像がわざとらしすぎて,似合わねえことやんなよ宮本先生,ちょっと「お出かけ感」がありありじゃねーの? と思ってしまった。

売りたいんだな,というのはよく伝わってくる。これで売れるなら結果オーライだろうが,コケたら結構恥ずかしいかも。

曲自体も,まあ名曲であることは間違いないが,こういうのはミスチルかコブクロにでも任せとけばいいんじゃないか,という気がしないでもなくなってきた。

今の僕は俺の道〜扉〜風〜町を見下ろす丘のあまりにも素晴らしいロックバンドぶりにやられてしまっているので,そんな風に感じてしまうのかもしれない。

まあ新作を発売日に買うことだけは間違いないよ。
0

2009/3/8 | 投稿者: pdo

3月のハイタッチは見逃して,まだ見れていない。

アーカイブに上がってから見ようとは思うのだけど,なぜか積極的に見ようという気が起こらない自分に気づいて愕然としたりする。

まだまだ修行が足りないようだ。
0




AutoPage最新お知らせ