2008/8/29 | 投稿者: pdo

松本人志自身が「ごっつええ感じ」の中で最も完成度の高いコントとして挙げたといわれる「キャシィ塚本の料理教室」。

もし見たことがない人がいたら、ぜひ見てもらいたい。


鳥居みゆきが今、深夜ローカルTVでやっているコント(「占い師サミュエル」と「西園寺真琴のテーブルマナー講座」)は、これを下敷きにしていると言われても致し方あるまい。

いろいろ言いたいことはあるのだけど、ここで両者を比較分析しても仕方がないし、そのつもりもない。

ただ個人的には、この系統のコントが復活しつつあることを嬉しく思う。
0

2008/8/28 | 投稿者: pdo

リンダ・ロンシュタットもカバーしているが、やっぱりイーグルスの方がいい。

キムタクのドラマにも使われていたり、平井賢がカバーしたりしてるらしいが、そっちは全然知らない。




Desperado / Eagles

ならず者よ、いいかげん足を洗ったらどうだい
あんたはずっと馬に乗りっぱなしじゃないか
頑固な奴だ
あんたなりの理由があるのは知ってるよ
でも楽しみのために傷つくこともあるんだぜ

ダイヤのクイーンを引いたらどうなんだい
それでも運が悪けりゃ負けることもある
あんたは最高の札はハートのクイーンだと思い込んでる

俺には、あんたは、いい札がテーブルに載ってるのに
手に入りそうもない札だけを欲しがっているように見えるよ

ならず者よ、もう若さは戻ってこないんだよ
苦しくなって食っていけなくなると、家が恋しくなるだろう
自由、そう自由が一番だと言う連中もいる
でもたった一人で世の中を渡っていくことこそが牢獄なのさ

冬になると足が冷たくならないかい?
空からは雪も降らないし太陽も照らさない
昼か夜かも分からない
舞い上がったり落ち込んだりすることもなくなって
感覚がどこかに行ってしまう様子は可笑しいものだと思わないかい?

ならず者よ、そろそろ足を洗ったらどうだい
もう馬から下りて、門を開けるんだ
雨は降るかもしれない、でも見上げれば虹が出てるだろう
誰かにあんたを愛させてやりなよ、手遅れにならないうちに
0

2008/8/26 | 投稿者: pdo

「毎晩25000人もの人たちと愛しあうの。でも家に帰ると一人」

――Janis Joplin



ジャニス・ジョップリンといえば、高校生の頃、テレビでこの映像を見て激しく胸が揺さぶられたのが最初だった。



Tom Jonesによる紹介:
もしあなたがリズム・アンド・ブルースを私と同じくらいお好きなら、次のゲストこそ待ちかねた方です・・・伝説的なジャニス・ジョップリンの登場です。


Litte Girl Blue / Janis Joplin

そこに座って、自分の指を数えて
それ以外に何ができるっていうの?
あなたの気持ちが私には分かる
あなたが経験してきたことをわたしは知ってる
そこに座って小さな指を数えているがいいわ
わたしの、litte girl blue

そこに座って、雨だれを数えているのよ
そうして雨だれがあなたの体に落ちるのを感じていればいい
もう時が来たのよ
誰かがあなたに告げるときが
あなたが頼っていいもの
頼りたいものは何かってことを
それは雨だれがあなたの周りに落ちるようなもの

あなたが不幸だってことは知ってる
そうして座って指を数えて
それより他にすることがないってことも
あなたの気持ちがわたしには分かる
もうやっていけないと感じていることも
もう終わりだと感じていることも

だから、そこに座っていなさい
今は指を数えていればいいわ
わたしの不幸な、不運な、little girl blue

あなたの不幸をわたしは知ってる
知っているのよ
あなたが今感じていることも




上手い下手を超えて、ジャニスの歌声は本当に魂にダイレクトに響く。これほど生命を削って歌えば、27歳の若さで夭折したのも無理はない。

次のスタジオ・ライブは、バックの演奏が出だしはわりとしょぼいのだが、ジャニスの歌声に触発されてとんでもない熱演となる。




To Love Somebody / Janis Joplin

ある光がある
私が決して浴びたことのない光が
私は全人生をあなたと共にいたい
それが私の望み
あなたと共に生き、あなたを愛すること

ある方法がある
それをやればどんなことでもできると皆が言う方法が
でもそれが何の役に立つの
それがどんないいことをもたらしてくれるの
あなたが私を愛してくれないなら
何の価値もないでしょ

あなたはそれがどんなものか知らない
誰かを愛するってことがどんなものか
私は愛について話したい
そして私があなたを愛するようなやり方で
誰かを抱きしめてみたい
あなたを愛しているのよ

頭の中で、私にはあなたの顔がもう一度見える
頭がどうかしてるのが自分でも分かる
誰も、私ほど盲目な人はいない
全然周りが見えないんだもの
私はただの女の子よ
一目私を見て、こう言ってほしい
俺は君のために生きているって

あなたはそれがどんなものか知らない
誰かを愛するってことがどんなものか
私は愛について話したい
そして私があなたを愛するようなやり方で
誰かを抱きしめてみたい
ずっとあなたを愛しているのよ

あなたには愛がどんなものか
誰かを愛するって事はどういうことかが全然分かってないのよ

私の愛をあなたの全身で受け止めてみてよ!






こういう歌を歌える女性(ひと)は、ジャニス以外に誰もいなかった。1970年10月4日、27歳の若さで死して38年になろうとする今もなお、どんな歌手も彼女の猿真似すらできない。
0

2008/8/26 | 投稿者: pdo

ジャニス・ジョプリンをモデルにした映画「ローズ」のテーマ曲(by ベット・ミドラー)に載せてジャニスに捧げた秀逸なビデオクリップ。なける。



The Rose (words & lyrics by Amanda McBroom)

Some say love, it is a river that drowns the tender reed.
Some say love, it is a razor that leaves your soul to bleed.
Some say love, it is a hunger, an endless aching need.
I say love, it is a flower, and you it's only seed.

It's the heart, afraid of breaking, that never learns to dance.
It's the dream, afraid of waking, that never takes a chance.
It's the one who won't be taken, who cannot seem to give.
And the soul, afraid of dyin', that never learns to live.

When the night has been too lonely, and the road has been too long,
And you think that love is only for the lucky and the strong,
Just remember in the winter far beneath the bitter snows,
Lies the seed, that with the sun's love, in the spring becomes The Rose.


愛を、柔らかな草を飲み込んでしまう川に喩える人もいる
魂に血を流させる刃(やいば)に喩える人もいる
終わりのない渇望に喩える人もいる
私は愛を、花のようなものだと思う
そしてあなたはその種にすぎない

傷つくことを恐れる心は、決して舞うことを学べない
目覚めることを恐れる夢は、決してチャンスをつかむことはできない
奪われることを拒む人は、決して与えることができない
そして、死を恐れる魂は、決して生きることを学べない

夜が孤独すぎて、道があまりに遠すぎるとき、
愛とは幸運で強い者のためにだけあるように思われるとき
このことを忘れないで
冬の厳しい雪のはるか深いところに
種が埋まっているということ
そして、太陽の与える愛によって
その種は、春には薔薇となるのだということを
0

2008/8/25 | 投稿者: pdo

こんな月曜日にはなんとなく共感してしまうこの曲ですが、サラリーマンや学生の歌ではなくて2号さんの歌だということを知ったときはなんか可笑しかった(ベクトルが逆ってこと)。



Rainy Days and Mondays / Carpenters

独り言をつぶやいて自分も年取ったなと感じる
こんなこと終わりにしたいとも思う
何もかもしっくりいかないんだもの

あてもなくぶらぶらして
眉をひそめることしかすることがない
雨の日と月曜日はいつも気分が沈んでしまう

こんな気分のことを鬱というのかしら
何も悪くないのに
自分はどこにも属していないと感じる

歩き回っている
孤独な道化師のように
雨の日と月曜日はいつも気分が沈んでしまう

可笑しなものね いつも最後にはあなたのことを考えている
誰かが私を愛してくれていると知っているのは素敵なこと
可笑しなものね あなたのもとへ駆けていって
あなたを見つけたい そのことだけを考えてる

こんな感じが行ったり来たりしている
口に出す必要もないわ
何のことだか私たちには分かっているもの

あてもなくぶらぶらして
眉をひそめることしかすることがない
雨の日と月曜日はいつも気分が沈んでしまう
0




AutoPage最新お知らせ