A New Way Of Living and Dying

2020/5/26 | 投稿者: pdo

たいして緊急事態の実感もないまま、緊急事態が終わった。

こんな呑気なことが言えるのも、自分や周囲に直接間接の被害(経済的なものも含めて)が生じなかったからで、辛い体験をした人もたくさんいることを想えば炎上してもおかしくない発言だと思うが、こんな限りなく日記に近いブログで周囲に忖度していたら何も書けない。

果たして本当に収束したといえるのかについては大いに疑問も残るし、第二波、第三波、あるいはまた別のウイルスによる感染症の拡大など、新たな緊急事態もほぼ確実に想定されるところではある。

新しい生活様式、などと言われても、何のことやらピンと来ない。朝夜の通勤電車が空くのはありがたいことだが。ミシェル・ウェルベックの言うように、人間同士の物理的な接触を減らすことによって、人間関係そのものの陳腐化が起こり、人間は個室に隔離されていて、ほかのひととの物理的な接触をもたず、たたスマホやパソコンで自分とは無関係な(と思っている)政治家やら芸能人やら有名人やらを罵倒し、知り合いと他愛もない通信(しかしその底には常にヒリヒリする爆弾を抱え込んでいる)をしながら暮らす。そうして、ひとは少しずつ滅びていく。

コロナによってもたらされるデストピア。しかしそれはコロナによってもたらされたのではなく、すでにそこにあったものだ。2016年よりもずっと前から。

やっほー!

革命というのは極限にまで達した人たちが団結して起きるものだけれど、私のポジティブな革命とは意味が違うのである。まあまあ満足、生きてはいけるし、食べてもいけるし、とりあえず我慢はできる、これは幸せじゃないよね。なんのために生まれてきたんだろう、なんのために生きるんだろう。私の答えは【楽しむため】。楽しみとは経験、感動、愛、喜び、思いやり、創造性など様々。そう、実はね、生きてるって素晴らしい!
あなたは本当に、心から幸せですか?
ハイもう一度。生きてるって素晴らしい!
これこそがあなたの存在意義なんだもん。
そしてみんなが少しづつ気づいてる。目覚めてる。立ち上がっている!
もう、ポジティブ レボリューションは始まったんだ。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ