イマジネーションNo.9

2016/11/30 | 投稿者: pdo

「私はいつも真の栄誉をかくし持つ人間を書きたいと思っている」(アンドレ・ジッド)

もうこの2週間は必要時以外は『この世界の片隅に』とのん(能年玲奈)のことを考えることしかしていない気がするがそれでもいいような気がしている。

冒頭のジッドの言葉はこうの史代先生の座右の銘とか。いい言葉だ。

しつこく、のん(能年玲奈)について書く。

以前、映画「ホットロード」について書いたとき(もう2年以上前になるのか…)、僕はこう書いた。

自分は、『ホットロード』を見れば、能年玲奈という女優のポテンシャルが把握できる、或いは少し嫌な言い方をすれば「底が見える」のではないかと思っていた。

しかし、『ホットロード』を見た後に、今自分が能年玲奈に対して感じるのは、一層の「得体の知れなさ」とか「底知れなさ」という感覚だ。


これと同じ言葉をもう一度繰り返したい。

僕には、まだ能年玲奈という女優のポテンシャルの上限が見えない。

「あまちゃん」の天野アキ、「この世界の片隅に」の北條すずという、並みの女優が一生に一度巡り合えば大幸運のような「ハマリ役」に、若干23歳にして2度も巡り合うという快挙を成し遂げたにもかかわらず、彼女にはまだこれ以上の可能性があるような気がしている。

一つ言えるのは、彼女が演じる作品の質が高ければ高いほど、演じる役柄に奥行きがあればあるほど、その分だけ彼女の巨大な潜在能力が引き出されるということだ。

僕は能年玲奈の20歳という大切な時期を奪った前事務所を許すつもりは一切ないが、どんな事務所でも持て余す規格外の女優かもしれないなとは思う。たとえば普通の事務所なら「のんちゃんねる」の配信は止めると思う。

でも、彼女は固い意志をもって「のんちゃんねる」を続けるし、「ワルイちゃん」を商品化する。そこに一切の妥協はない。幼い日々の純粋で穢れない心と羽の生えた想像力の翼を失った大人たちには手が届かず把握もできない世界を彼女は確かに持っていて、それを大切にしている。

「あまちゃん」や「ホットロード」や「この世界の片隅に」で見せた彼女の側面はほんの見せかけに過ぎず、案外一番彼女の内面世界に近いのは「海月姫」だったんじゃないかという気がする。

ビートルズで喩えれば、天野アキやすずは万人受けする「イエスタデイ」や「レット・イット・ビー」みたいなもので(もちろんそれはそれで素晴らしいのだが)、まだまだ「サージェント・ぺパー」や「ヘルタースケルター」や「レボリューションナンバーナイン」みたいなものが彼女の中にはあるような気がする。

舞台や映画で、これからはそんな能年玲奈(のん)が見れるのを楽しみにしている。

とはいえ、何はともあれ、今はこの『この世界の片隅に』という名作をとことん味わうことに集中したい。
3



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ