2008/8/26

嫁主導なお葬式・・・  姑ネタ

<おことわり>

今回のおぼえ書きは非常にブラック、かつ罰当たり(と思われそう)な話が満載になります。
不愉快に感じそうな方は読まずにスルーしてください。


本文は「続きを読む」にて。


続きを読む

2008/3/26

怒りの赤飯  姑ネタ

姑ネタが続くのもアレかと思って、ネタにしようかすまいかちょっとだけ悩んだのだけど、やっぱりスッキリしないので書いてしまう。(爆)

大きな声で言うけれど、
私は赤飯が好きだーーー!!
ヽ(^◇^*)/


そんなわけで、お祝い事がなくっても私は赤飯をときどき作るのだ。
本式の(?)赤飯は蒸し器を使って蒸し上げるらしいのだけど、そんなのはめんどくさいので、でかタッパーを使って電子レンジで作ったり、フライパンで炊いたりすることもある。

1月に2号の誕生日をダンナの実家でお祝いした時に赤飯を持って行って、そのとき初めて舅が赤飯好きだということが判明した。その後姑に、舅に作ってやりたいから作り方を教えて欲しいと言われてメールで送ったのだけど、先日、「もぅええわ」と材料のもち米(開封済み)と小豆をうちに丸投げされた。

「もぅええわ」ってことは、たぶん1回は作ったんだろうと思っていて、もらった材料で昨日、赤飯を作った。
いつもどおりに作るのも何だか面白くないなーと思って、ルクルーゼの鍋をオーブンに放り込む作り方に挑戦してみた。

クリックすると元のサイズで表示します
ルクルーゼの鍋は蓋ごとオーブンに入れられるとは聞いてたんだけど、やってみたのは初めて。

クリックすると元のサイズで表示します
できあがりはパラッとした感じ。パエリア風??

食べてみたら、やっぱりちょっとパサッとしていて、なぜか酸っぱい┌|゚□゚;|┐

「なんか酸っぱくない?」と聞いても、ダンナは「普通に美味しいけど・・・」との感想。赤飯を作ったのが夜中だったので、昨日はそのまま就寝。

今日になって「やっぱりおかしい」と思って、姑にもらったもち米の袋をよ〜く見ると、、、

3年前のもち米だった〜〜〜!!(≧σ≦)

姑、結局赤飯は作ってなかったぽい。(-_-;;
夕方、姑からおばちゃんのことで電話がかかってきたので、もち米が3年前の物だったと告げると、しれっと
「つい最近使ぅたと思ってたゎ」だと。
やばいやばいぃ〜姑も呆けてるぅ〜〜!(ぉ
挙句に、「その赤飯どないしたん?」と、ケロッと聞いてくる。

「んなもん、ほかしたわっ!!
ヾ(*`Д´*)ノ"」


えぇ、そのままのセリフで言ってやったとも。ゼェゼェ・・・。

2008/3/24

最近のおばちゃん  姑ネタ

手術後の経過はまぁまぁ良好で、あとは退院を待つのみのおばちゃん。
トイレに一人で行けないので念願の帰宅とはならず、とりあえず老人保健施設への入所になる予定で、今はその空きを待っている状態だ。

手術の傷を隠すために帽子を、お散歩に出るときのためにショールを編んでみた。
編み物をしたのは10年ぶりくらい。しかも鈎針での作品はほぼ初めてだったのだけど、おばちゃんはとても気に入ってくれた。
結構上手くできたんじゃない?(^-^)♪

クリックすると元のサイズで表示します
ゆっき作、帽子とショール。
ちょっと顔が怖いけど、いちおうプライバシー保護なので。(^◇^;;

2008/3/11

地鎮祭の日取り決定  姑ネタ

タイトルとは裏腹に、姑ネタ。

地鎮祭の日程が決まったとRFS営業のI(h)さんからメールがあった。
地鎮祭・・・私はまったく信心深くない人だけど、工事に携わる皆さんに気持ちよく仕事してもらうには必要なイベントだと思っている。

さっそく家建てマニア(!)の姑に地鎮祭の連絡をした。参加して欲しいというわけではなく、教えておかないと後になって「知らせてくれなかった」とグダグダ言われるのがイヤだからである。

この姑、こないだもうちがRFSで家を建てると聞き、千里の展示場まで行って「こんないい家作るメーカーがあるのに、私が建てたときには嫁はひとつも教えてくれなかった!」と吹聴していたらしい。(I(h)さん談)
舅一人で住む家だから、とにかく安い家でいいってSホームに一人で決めたくせに。それに当時は私もダンナもRFSを知らなかったんだってば。(-_-;
まぁ、家建てマニアの姑が「このメーカーの家はいい」ってかなり嫉妬混じりに言うんだから、やっぱりいいんだろう。

何しろ伯母ちゃんが神憑りなので、姑はその手の神事は絶対に欠かしていないだろうと思っていたのだが、今日の電話で聞いてビックリ。

「姉ちゃんが酒と塩撒いとけばえぇって言うたから、地鎮祭なんてしてへん」

あぁそうだった。伯母ちゃんは物事には拘るけど、その質には全く拘りのない人だった・・・。(過去記事「おまじない?」参照
酒と塩撒いたらそれが地鎮祭なのね。

「・・・それでよく工事の人達が納得したね(^-^;」と言ったら、

「おばちゃんがあんなん(謎)は、みんな知ってるから、納得してるんちゃう?何も言われんかったし」

いやいやいや・・・知ってるのはSホームの営業の人くらいじゃ?
それに地鎮祭しないって施主に言い切られてケチ付けるような業者はいないと思う・・・。

自分がやってないんだったら、うちの地鎮祭なんて興味ないだろうと思って、「別に、住む人だけ揃えばいいから、無理して来なくていいよ〜」と言ったんだけど、なんと姑、来る気満々。(汗)

地鎮祭は賑やかになりそう。

2008/2/15

手術、無事終了。  姑ネタ

伯母ちゃんが入院して一週間。昨日の午後、手術は無事に終わった。

24時間の付き添いは想像以上に大変で、夜中も30分〜1時間、ひどいときは10分と開けずに「お便所〜〜〜〜」と声がかかるので、これは身が持たない!と、早々に付き添いの家政婦さんに来てもらうことにした。
人の好き嫌いが激しい伯母ちゃんだが、来てくれた家政婦兼ヘルパーさんは感じの良い人で、何事も手際良くこなしてくれて、伯母ちゃんとも上手くやっていけそうで安心している。

私は毎日伯母ちゃんの顔を見に行って、身の回りの物で足りないものの補充をすることと、洗濯物を回収してくるのが仕事になった。
病院へ行っては、家政婦さんの仕事ぶりを見て、ちょこちょこと手伝いつつ介護のコツを教えてもらっている。

手術は済んで、あとは取った腫瘍の病理診断を待つのと、リハビリがしばらく続く。
入院の1週間前くらいの状態まで伯母ちゃんの状態が戻ってくれるといいんだけど。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ