2010/11/26

やっと来た!  

最終面接から3週間。
なんでそんなに時間がかかるんだか・・・一斉受験でもないのによぅ、ブツブツ・・・
と、気を揉んでいた大学編入試験だが、
昨日やっと通知が来た。
(願書は簡易書留指定なのに、判定通知は普通郵便だったょ。変なのー。)

クリックすると元のサイズで表示します

はい、合格〜〜〜♪♪♪

封筒から出した瞬間、入学金の振込用紙が先に出てきてしまったので感動が無かった。(ショボーン)

少子化で学生が来ないと今や大学は存続に関わるので、私のような団塊Jr.世代を狙った編入システムは最近たっくさんあるのだ。なので実は落ちる心配を全くしていなかった。(わははははー)

次に大学受験を控えている1号は「そんなに簡単に大学合格してイラッとくるー」と言っていたが・・・そりゃあね、高望みさえしなければ普通に入れるのだよ。1号は若いんだから、ちゃんと上を目指しなさい。落ちてもバカになんてしないからさ。


というわけで、ついに大学入学の資格を得たわけだが。
本当にこれから2年、大学に通えるのか!?

というのも、この週末にダンナの親戚一同が集まる食事会があって5ヶ月ぶりに姑さまに会ったのだが。以前のブログに書いたように私から見ると姑さまは軽度認知障害を発症している様子。

ちなみに食事会の場所はミシュランガイドに輝いた日本料理店、芦屋の『あめ婦』だった。
クリックすると元のサイズで表示します
湯葉や生麩、ツボだらけで1号が「ちきしょーー♪♪」と絶叫した煮物。(笑)

クリックすると元のサイズで表示します
揚げ物は2種類からセレクト。私が選んだのは「わらび餅の揚げ物」。中には海老と帆立が入っている。めちゃウマだった〜〜♪♪

姑さまの近所に住む親戚のおばさんと連絡先交換するついでに、私が最近姑さまと会っていないことを告白して「姑さまがボケちゃってるみたいで・・・」という話をすると、驚いた様子もなく「うんうん、最近話してても自分がした話なのを忘れちゃったりしてるよ」とか、「他人の話と自分の話が入れ替わっちゃってることもあった」なんて話が飛び出した。

伯母ちゃん(姑の姉)が認知症の診断を受けた時に「2年以上前から発症していたはず」と医師に言われたのが記憶に鮮明に残っており、これから最低2年の間、姑さまに介護が必要ないとは言い切れないのだ。(面接では「大丈夫です!」って言っちゃったけど。)
私が近くにいるせいでボケ症状が進行すると思って距離を置いていたのだが、他の人から見ても異変があるということは・・・うーん。

できれば今のうちに病院に行ってアリセプトなり何なりの進行を抑える処置を選んで欲しいのだけど、ダンナは乗り気でないというか、真っ向否定。なので

「この先、大学に通っている間に姑さまに介護が必要になっても私は関われませんよ?」

とお伺いを立てて、了承してもらった。
24時間ヘルパーさんを雇ってでも私は大学に行っていいそうだ。見ようによっては鬼嫁だと思うけれども、それをあっさり了承してしまうダンナって・・・懐が深いのか、何も考えていないのか・・・謎だけど、とにかく感謝♪♪


そんなわけで、来年から女子大生に返り咲くことになった。今度こそ袴履いて卒業式に出るぞーー!!






学生になったら、学割使い放題だなー。映画見放題?パソコンソフト買い放題??
ワクワクーーー♪♪♪



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ