2008/9/5

他人事なら笑い話だね。  姑ネタ

<おことわり>

今回のおぼえ書き非常にブラック、かつ罰当たり(と思われそう)な話が満載になります。
不愉快に感じそうな方は読まずにスルーしてください。


本文は「続きを読む」にて。


おばちゃんの火葬が済んで舅宅へ引き揚げると、休む間もなく祭壇を作って御骨の安置。全て葬儀屋さんがやってくれるので、私達は何もすることはないのだけれど、仕事上、葬儀屋さんは今後の段取りなどが気になるわけで、初七日や四十九日の法要はどうするのか?という話になったのだが・・・結局、何もやらないことにした。 


というのも、生涯独身だったおばちゃんは実家と断絶状態だったので実家の墓に入るわけにも行かずに自分で墓を建てていたし(これもいろいろあるのだけど)、全て姑が取り仕切るので構わないのだけれども、姑自身に仏事の知識が全くないし、ダンナ実家の面々は、誰を取っても信仰が無いか、あってもバラバラでどうしたらいいのかわからないのだった。とりあえずお墓はあるので、納骨さえすればいいだろうと。

石屋さんに聞くと、「学会(創価学会?)などは納骨にお坊さんは来ない」らしく、実際、石屋さんさえ呼べば納骨はできてしまうらしい。

今後の参考に(謎)と舅に話を聞いてみたのだけれども、舅の父母は早くに他界したためにどこの宗教だったのか判らず。舅自身は物心着く前にキリスト教で幼児洗礼を受けたっきり、教会に通っていたのは小学生までで、さらに舅のお兄さんは、たびたび教会に通い続けていた(ミサに通うと、その後美味しいご馳走が振舞われたとかいう理由で)経緯からキリスト教で葬儀をした。親戚を辿ると、クロズミ教(後で調べて判明、黒住教。神道の一つらしい)に入った人もいたとか。

私が結婚してこの家と関わるようになってもう15年くらいだけれども、振り返れば墓参りに行ったのも数えるほどしかない。それもお盆とは関係ない時期ばかりで、思い立ったら墓参り♪みたいな感じだった。事あるごとに「神様、神様」とやたら話題にしている(姑だけだけど)わりには、神棚も仏壇も目に付かないところで埃まみれで何もしてなかったりする。

その仏壇には魂が入っているわけではなく(お坊さんが家に来たことがないらしい)、ずっと前に住んでいた家に置いていた物を今の家にそのまま持ち込んでいる。その仏壇を持ち込んだ姑すら仏壇はもう置きたくないから処分の仕方を調べてくれと。
そもそも仏さんもいないのに、何のために仏壇なんて買ったんだ・・・。

私の出した結論は、「(魂の入っていない)この仏壇はただの箱なので、粗ゴミ(「あらゴミ」。これは神戸特有の言い方で、粗大ゴミの意)で出して良し!」(その代わり、処分だけは姑さまがやってね)。

仏壇置くにも婆ちゃんの位牌を作るにもお坊さんを呼んでいないのに、供養だけしてくれなんて言えるわけないじゃん・・・。

おばちゃんの葬儀のときの互助会の人が言うには、位牌(仏壇に入れる本位牌)は宗教によってあったりなかったりするらしい。真言宗と臨済宗は要ると言っていたような。
過去帳(故人の名前、亡くなった日を書いておく、ちっちゃなノートみたいなやつ)だけでいい宗派もあるらしい。

困ったことに(というのもアレだけど)おばちゃんは生前、お婆ちゃんの位牌を作っていた。それも夫婦位牌。本家に行ったら位牌はあるのだけど、それとは別に仏壇屋さんで作ったらしいのだ。当然の如く、お坊さんにお経を上げてもらったわけではなく、ただ作っただけ。
仏壇を処分したいと言っている人がいる中で、位牌があるってのは困ったことだ。
仏壇みたいにゴミで出す(それもどうかとは思うけど)というのも、気が引ける・・・・。
そんなわけで、おばちゃんの(本)位牌も、作らないでおくことにした。

位牌だけでなく、もちろん(!!)過去帳もだ。
いつ作った仏壇なのかがわかるかと、過去帳をペラペラとめくると、

『○○××(爺ちゃんの名前)陸軍上等兵でアリマス』

とか、

『ブーブー(飼ってた猫の名前)、○月×日死亡、
この鉛筆書きは何があっても消さないでください。』


と、おばちゃんの鉛筆書きがあった。過去帳は落書き帳じゃないっつーの・・・

どうやら、おばちゃんに神様が憑いた頃に書かれたものらしい。(当時は気が狂ったと病院に入れられたくらい特におかしかった時期なので、推して然るべしというところなのだけれども・・・)

私がこれを見つけるまで、舅も姑もこの内容を知らなかったらしい。

消さないで!と言われてるので、これを解決するには新しい過去帳を作ればいいのだろうか??
でも、仏壇を処分するのに、過去帳だけ保存っていうのもどうなんだろう?
これも悩むところだ。


この顛末を実母に話したら、「他人の家の話なら面白いわね。」と言われた。
エラい家に娘を嫁がせてしまった・・・って心配するところじゃないのか!!



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ