外で用を足すことの是非  犬猫のいる生活

今日は私の名誉のために(?)犬のトイレトレーニング(家で排泄する習慣をつけること)について力説する。

スパーキーが散歩デビューしたての頃、柴飼いのおじさんに「毎日散歩に連れて行って、外で(排泄を)させるようにせなアカン」と言われた。私も飼い主ルーキーなので、そのときは黙って聞いていたのだけれども、外でしかしない犬というのは、周りの人にとって大変迷惑だし、犬本人(本犬?)も困ることになると思う。

家の前によその犬の糞尿があったとしたら…やっぱりイヤだ。犬を飼っていない人ならなおさらだろう。糞を拾えばそれでOKかというと、答えはNO!だ。拾っても匂いは残る。尿にしてもそう。水をかけて流したとしても匂いが残る。たとえ人間がわからなくても他の犬には絶対わかる。マーキングをする犬にとってはその場所が格好のターゲットになってしまう。(ちなみに家の前に水の入ったペットボトルを並べている家があるけれども、あれは猫にも効果がないそうですよ。犬にとっても、足上げションのターゲットになります。むしろレンズ効果で火事を引き起こす危険があるそうなのでやめましょう。)

それと、犬の糞をスコップで埋めるという行為。堆肥になるから埋めればいいと思っている人がやっているのだそうだが、普通に考えて、毎日犬何匹分もの糞を木の周りに撒いたら…木は枯れるだろう。(^-^; 実際のところ、糞が堆肥となるには相当の時間がかかるし、やっぱり匂いは問題なのではないか?

そして犬にとっては、病気や怪我、もしくは悪天候で散歩に行けないときがある。そんなときに外でしかトイレをしない犬は外に出られるようになるまで我慢しようとする。何日も我慢できるわけはないのだけれども、我慢するということ自体が不健康なのは間違いない。

外での糞は拾って持ち帰る、人の家の前でしたおしっこは水をかけて流す。これは最低限のマナーだろう。本来、排泄は家で済ませて、外では一切しない、させないというのがベストだ。そういうわけで、スパーキーは排泄をさせてから散歩に行くようにしたいのだけれども、都合よく散歩前にしてはくれないので、外に出て、排泄行為をしたらすぐに家に帰る。『外でしたら散歩はおしまい』というのを覚えさせているところだ。川で水遊びもしたいし、JOY君とも遊びたいはずなので、外で排泄したら遊べないというのを理解して欲しいと思う。



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

2005/10/4  11:23

 

今朝のお散歩で、久しぶりにお友達ワンコのスパーキー君に会えました。
いつもパパさんがお散歩担当をされているようなのですが、
『トイレトレーニング』をママさんが本格的にやっているとの事で、
朝う●ちをしてからでないと、お散歩に行っちゃだめってことらしいで... 




AutoPage最新お知らせ