2009/10/30

修行に出た(その2)  パン・お菓子

いろいろゴタゴタで更新をサボっております・・・先日更新しようとしたら途中で書きかけの記事がぶっ飛んでしまい、やる気が失せたというのもあったりなかったり。(^◇^;
お料理教室の続編、エクレアでござんす。

クリックすると元のサイズで表示します
先生のお手本。

最初にこれを見せられたときに、心の中で叫んでしまった。

「コレじゃなーーーーーい!!」

私は、上にフォンダンのかかったフツーのエクレアを習いたかったんだよぅ!!
先生曰く、
「日本はシュークリームが安すぎて、エクレアはこれくらいゴージャス(?)にしないと売れないんです」
とのこと。

いや、商売でなく家で作るだけだし・・・フツーのでいいんですってば・・・

お金は払ってしまったし、ここで帰るのも損なので何とか気持ちを立て直しての講習であった。


クリックすると元のサイズで表示します
エクレアの飾り付けに使うナッツのキャラメリゼ。これ、実はダンナの好物。ビゴの店で買い物をするときに、これがあると必ずレジに持って行くのよね。家で作れるならその方が安上がりかしらん??と思って、帰りにナッツもお買い上げ〜♪(プロフーズの罠に嵌っただけかも!?)


クリックすると元のサイズで表示します
キャラメルソースの作り方、水を入れる場合と入れない場合の違いを学習。水を入れない場合は、グラニュー糖は何回かに分けて入れる方がいいそうデス。そしてあまりかき混ぜないというのもコツ。
今回のエクレアのカスタードクリームはキャラメルソースを混ぜており、水無しでグラニュー糖だけを焦がしてから生クリームを入れる作り方だった。

そして肝心のエクレアの方はと言うと・・・

クリックすると元のサイズで表示します
お持ち帰りにした自分の作品。

はっきり言って大失敗!!である。膨らみは悪いわ、生地が焦げ苦いわ、ひどい出来だった。お金払って失敗作を作りに行ったと思うと悔しくて仕方がない。(-_-メ

考えられる失敗の原因は二つある。前もってシュークリームで予習をしていった為なのか、同じ班の中でもダントツの速さで生地が仕上がってしまった。オーブンに入れるのは班のメンバー同時のため、出揃うまでに私の生地が冷めてしまった&乾いてしまった可能性が高い。
そしてこの教室のオーブンはガスオーブンのため、班によってオーブンの熱の入り具合に開きがあるのだ。そう、もうひとつの理由は私の生地を焼いたオーブンが、先生が試作に使ったオーブンよりも火が強いということだ。
オーブンの管理はプロフーズに勤める助手さんの仕事なのだが、それぞれのオーブンの癖を知っているはずなのに、微調整をしなかったのは罪だとすら思う。各メンバーの生地をオーブンに入れるのも、この助手さんの仕事。生地が乾いていればこの助手さんが追加で霧吹きをしなければならないところをそのままオーブンへ。(涙)

試食タイムでは私の班のメンバーは皆、先生の作ったものではなく各自で焼いたものを食べた。一同に「苦ぁ〜〜い・・・」。
納得が行かなくて、先生に原因を聞いてはみたが、「卵を入れすぎたのでは?」というトンチンカンな返答だった。先生、生地の出来上がり見てたでしょうに・・・それもメンバー全員焦げ苦いんですよ??(-_-;;


そんなわけで、満足のいくシュー生地はいまだに確立できていない。
今月いっぱい関西スーパーで卵が安いので、また試行錯誤の日々である。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ