2007/11/26

謎のジャガイモ  

連休初日の23日、1号の誕生日をダンナ実家でお祝いして帰ってきたら、家のドアにスーパー袋いっぱいのジャガイモがかかっていた。( ̄□ ̄;

どこか旅行に行くたびにお土産を持ってきてくれるお隣さんだろうか?

それとも、今月いっぱいで引っ越していく登校班のお母さんだろうか??

それとも、こないだのブログで人参と玉ねぎを詰め放題してホクホクの私に
「ジャガイモが足りないじゃない!!」
とツッコミを入れたくなった誰かだろうか???(ぇ

誰かはわからないけれど、どうもありがとうございます。
家族で美味しくいただきます。

そして、ぜひ今度は栗かさつまいもをください。(コラコラ

2007/11/17

幻の我が家(3)  家を建てる

5社にプランをお願いして、大手のM井、M井と並んで全館空調が売りのM地所をまず断った。
残るは○×△、Rなんとかスウェーデン、Dマークハウスの3社。

今回は○×△(全部伏せているようで実はそうでもない(謎))の話。

このメーカーは、『呼吸する壁』という独自のパネルを使った工法を採用していて、不動産屋の社長からは「○×△は安いのから高いのからいろいろやってるから、予算的にはまず大丈夫」と言われていた。以前、姑が家を建てるときも話を聞きに行ったメーカーである。

独自のパネル工法が良いか悪いか(=建てるか建てないか)というのは置いといて、デザイン力があるということで、前から○×△にはプランを書いてもらおうと思っていたので、展示場にも何度か行っていた。

この時点で、私が気になっていたことが一つある。
○×△のモデルハウスは、どこに行っても変な場所(階段エリアの一番上)にエアコンが設置してあって、常にそのエアコンがフル稼働、強風運転なのだ。
そしてその理由は後にわかってくる。



続きを読む

2007/11/15

全館空調のこと  家を建てる

M井ホーム、M地所ホームと、2大全館空調メーカーを切ってしまったので、最大の要望である

暑くなく冬寒くない家

これを実現するには、気密断熱を売りにしたメーカーでないといけなくなった。

でもそもそも、私は全館空調には乗り気ではなかった。家中ずっとほぼ同じ温度ってのはすごく快適だとは思うんだけど、我が家には問題があったのだ。

私と私以外の家族では体感温度が5℃は違う

ということ。私以外はみんな(犬含めて)暑がり。みんなに合わせてたら絶対私は体調を崩すであろうと思っていた。実際、2世帯で全館空調の家に住むと、親世帯が寒がるという話も聞く。(私が年寄りくさいってことなのか・・・!?)

その話を全館空調ハウスメーカーの人にぶつけると、「部屋によって温度設定が(9℃まで)変えられます」という返事が返ってきたのだけれど・・・

続きを読む

2007/11/15

幻の我が家(2)  家を建てる

家を建てる話もかれこれ4回目くらい。
ここらで今までの経過をまとめておかねば。書かないと忘れる。(爆)

前回は、住宅メーカー5社に同時進行でプランを書いてもらって、的を絞っているところという話で、M井ホームを切った話を書いた。

次は、打ち合わせ2回目にして模型を作ってきたM地所ホームを切った。

自由設計の家を考えているので、どこのメーカーも最初から

 【営業さん&設計士さん】 VS 【うちら夫婦】

というメンバーで話し合いをするのだけれども、営業さんも設計士さんもいろいろ。ほんとに見事にみ〜んなキャラが違い、どっちもいい人という組み合わせがいいのだけれど、なかなかそうもいかない。


続きを読む

2007/11/14

腱鞘炎くさいです・・・(;_;)  ギター

最近、あまりギターのことに触れていなかったのだけれども、来年春の発表会に向け目下練習中である。

先生とあれでもないこれでもないと2週間かけて選んだ曲は、トゥーリナの『ファンダンギーリョ』という曲。かなりマニアックな選曲になってしまった。

巨匠セゴビアの愛弟子、アリリオディアスの演奏がYouTubeにあったので、興味のある方はポチッとどうぞ。↓

Alirio Diaz - Fandanguillo

今まで3ヶ月に1回くらいのペースで「研究会」と称したプチ発表会みたいなのはあったけれども、本格的な発表会は初めて。
会場は兵庫県立文化センターの小ホール。プロのミュージシャンが演奏しに来るくらいのどえらいホールなので、今から「何着たらえぇんやろ???」と悩み中。(悩むところがおかしい?)

このファンダンギーリョを始めたのが夏前だったのだが、1ヶ月半くらいかけて暗譜したところで飽きてきてしまった。

コンクールに出たり発表会で発表するには、一つの曲を最低でも半年は弾きこまないといけないと言われているのだけれども、何しろギターを始めて1年と3ヶ月。これまで半年もかけて練習した曲がないのだから仕方ないじゃないかー!(爆)

暗譜が終わって要点をレッスンしてもらった後は、ただただ弾き込むだけしかない。これは私にはかなりの苦痛だ。(これはこの先何年経っても同じかも(^-^;; )

来年までこれだけというのは苦行すぎるので(?)、正直に先生に「もう飽きた〜〜〜」と言って、先月から新しい曲をもらって並行してやっている。

そして先週、私の希望によりもらった曲が、作者不詳のショーロ。

うちの先生の演奏を貼っちゃえ〜〜〜!(ぉ

ショーロ(ブラジル風舞曲)

この曲が、弾いててとても楽しくて、その楽しいのが災いしてしまったのかこの1週間左腕が痛い。でも楽しいから弾きたい!練習したい!!だから痛くても弾いちゃう、という悪循環。

もし先生に「腕が痛い」と言ったら、絶対に練習しちゃダメって言われるに決まっているので(その辺はすごく慎重な先生なのだ)、レッスンでは口が裂けても言えない。

それほど私のギター熱はまだ続いているってことだぁね。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ