2007/1/31

amさんの気にかかるところを解明してみましたー。  

クリックすると元のサイズで表示します
amさんの、三角錘を4つ切る方法だと、上の図の水色の部分が残ってしまいます。これが言ってた「芯」ですね。

そうすると切り取った一つの三角錐の体積は、直方体から芯部分を引いてから1/4にしなければなりません。そこを、amさんの計算では直方体の体積全部を1/4にしてしまっているので、実際の三角錐の体積(a・h/6)よりも大きくなってしまったのです。
やはり芯がネックでしたね。

しかし、たまにはこうやってみんなで頭の体操をしてみるのも楽しいですね。(^-^)

2007/1/31

立方体から四角錘を取ると考えると。  

amさんの切り方だと、芯が残ってしまうので、3つに切りました。直方体でなく立方体で考えると、更にわかりやすそうです。
クリックすると元のサイズで表示します
一片がaの立方体で、一つの角から切ると(緑の線)、同じ形(a×aを底面とする高さaの四角錘:黄色で示す)が3つ取れます。

従って、錘の体積は、柱の体積の1/3ということになります。

2007/1/29

円錐の体積はなぜ1/3?  

円錐の表面積と一緒に1号に質問されたけれども、体積の方が1号にわかるように説明できない。。。orz

円柱を細〜〜〜くケーキのように切って、更にそれを三角錐と四角錐に切り分けると、それぞれの体積の比が1:2になるから!と、紙にいろいろ書いて試行錯誤して自分では理解できたものの、1号にはたぶん説明できない。

とにかく1/3って覚えなさい!というのがイヤなようで、高校で積分習ったらわかるから・・・というのもダメらしく、ほとほと困ってしまった。

誰か小学生にもわかる解き方で、どうして円錐の体積が円柱の体積の1/3になるのか教えてください。_(_^_)_

2007/1/29

肩が痛い  

先週末、1号を子ども会のスキー教室に送り出してから、右肩が痛み出した。周期的にだるい時期ではあったものの、「肩こり」を通り越して「痛い」ので困ってしまった。マネキンのように腕が付け根から取り外せるなら、外してその辺に放り投げておきたいような、そんな感覚だ。

暖かい地方に越してきたこともあってか、ここ何年か冬に首が動かなくなることがなくて喜んでいたのだが、もしかしたらまた首が動かなくなるサインなのかもしれない。あれが来たらギターが弾けなくなってしまう。

ダンナが散髪に行くというので、ついでに電器屋さんに連れて行ってもらい、マッサージチェアで肩こりコースを試してみた。あの手の商品は、ナショナルのやつが一番いいような気がする。20万円代で機能がいっぱい。置く場所がないから買えないけど。(結局買わない)

だいぶスッキリしてお店を出たけれども、しばらくしたら元通り。やっぱり肩痛いーになってしまい、これはマッサージじゃダメだということで薬屋さんへ。「目・肩・腰に」と書いてあるドリンク剤と、TVでやってるフェルビナク配合のクリームを買って帰ってきた。そこここに「四十肩に!」と書いてあるのが悲しかった。まだ30代、辛うじて前半だよぅ。(涙)

2007/1/25

ギターソロの曲  ギター

先週のレッスンで研究会のソロ曲がコストのエチュード(リンクは長谷部二郎さんという人の演奏。ググったら引っかかったので一時的にリンクしてみる。こんなに上手に弾けたらいいなぁ・・・)に決まった。

デュオの曲との同時進行が大変ながら今日までに楽譜の半分をそれなりに弾けるようにしていたのだけれど、先生の都合で今日のレッスンが急遽お休みになってしまった。今回から、曲の半分ずつマスターする予定がいきなり頓挫。がぅー!(>_<)

スパさんとお昼の散歩でもしてこようかなぁー。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ