2006/3/27

ぐろろ…NTTめ!  

昨日の夕方から回線障害なのかネット接続不能。問い合わせしようにも窓口が混んでるとかで電話に出てくれない(涙)。
携帯でここに投稿しようとしたらキッチンエイドのカテゴリを消してしまった…はぅぅ。
早く復旧してくれ〜〜〜!

2006/3/24

誕生日だというのに…  犬猫のいる生活

今日はスパーキー、1歳の誕生日。先日出された処方食もそろそろ底が見え始め、便もいい感じに治ったので、そろそろ去勢しなければ〜!(先日ヒート中のワンコさんに遭遇してしまいヒヤヒヤしたってのもある)というわけで、誕生日検診と術前検査を兼ねて朝から散歩がてら病院へ。
いつもの担当の先生が今日は午前診療お休みだったので、血液検査だけして午後に電話で検査の結果を聞くのと今後の相談をすることになり、ひとまず帰宅。

そして夕方からの午後診療の時間に改めて電話をかけたのだけれども、担当の先生から出た言葉が
「肝臓の数値がすごく高いんです。」
「えぇぇ・・・『すごく』なんですか。去勢どころの話じゃないですね。」と私。

続きを読む

2006/3/22

読売さん怖いからやめてください!  

お昼頃、「新聞の集金です」と、いつもと違う人が来た。
お財布を用意して出ると、
「実は集金じゃないんですゎ、読売新聞の甲陽園の販売所から来たんです」と。

怪しいと思い携帯を握り締めて出たものの、出てしまった自分がアホだったと思いつつ無言でドアを閉めた。もちろん鍵もしっかりかけた。身分詐称ってやつですよ。何を考えているんですか、読売さん。

部屋に戻ったらなんだかとても怖くなって、読売新聞の相談窓口に即刻電話した。「集金だと偽って勧誘に来たんですけど、ちょっと悪質じゃないですか?」
電話に出たオッサンはこっちの話を聞いているんだか聞いてないんだかという感じで、挙句の果てに「こちらはフリーダイヤルですので、窓口の番号におかけ直しいただけますか」と抜かした。『販売の相談窓口』と公表されている番号に電話して、それもこっちが迷惑かけられてるというのに、わざわざお金を払って電話をかけ直せと言うのが読売新聞の社風?らしい。「甲陽園の販売店から来たと言っているので、ただちにそういう勧誘をやめるように伝えていただければいいです」と言ったら、こちらの申し分を復唱して、やっと初めて「申し訳ありませんでした」という言葉が出てきた。

でもきっとあの勧誘員にはそんな指導はされないんだろうな。電話をかけ直せと言われた時点で、警察に相談すると言ってやればよかった。

2006/3/14

インドネシア料理を習った  

小学校のPTAの集まりでインドネシア料理の講習と懇話会があった。1号2号の通う小学校にはインドネシア人の子供が5人くらいいて、そのお母さんのうちの二人が講師になってバミ・ゴレン(焼きそば)と玉子入りのマルタバという料理を教えてくれた。

バミ・ゴレンはケチャップソースと呼ばれている甘い醤油で味を付けた焼きそばで、焼く前に麺にソースを絡めておくのが特徴。にんにくたっぷりで上の職員室にはいい匂いが立ち込めていたらしい。(笑) 具は鶏肉と海老、卵に小松菜(みたいな野菜。サウィって言うそうな)と、ネギ。
マルタバは牛ひき肉と長ねぎ、玉ねぎと、これまたたっぷりのにんにくをビーフコンソメ、塩コショウで味付けして炒めたものに卵を混ぜてから、春巻の皮で封筒状に包んで揚げたものだった。生の卵を包むのが大変で、包んだらすぐに揚げないと春巻の皮から染み出てしまう。
子供が好きそうな味、食感だった。マルタバの生の卵を包んで揚げるというのがなかなか斬新で、皮を閉じる必要もなくて楽チンだった。

インドネシアはイスラム教の人がほとんどのため豚肉は食べないそうで、今日の食材も牛肉と鶏肉と海老と卵。コンソメもビーフだった。イメージ的に辛いものが出てくるのかな?と予想していたのだが、付け合せに出たピクルスに入っていた青とうがらし(あまりに辛いので口に入れないようにとお達しがあった;)くらいだった。

親だけの料理会だったので、にんにくの匂いプンプンで帰っていいのかな〜(^-^;…と思いつつ、お腹いっぱいで帰って来た。写真を撮り忘れたので、そのうち家で再現してみよう。

2006/3/4

たかがフード、されどフード  犬猫のいる生活

このところ犬ネタが続いているけども、今日はドッグフードの話。
ゆぅさんのコメントのお返事にも書いたが、今スパさんが食べているフードはネイチャーズバラエティのドライフード。サザンモールに行ったときに試供品でもらったのが最初で、入っているサプリメントの種類が妙に多いこと以外には原材料にも問題がなさそうだし、スパさんも喜んで食べたので変えてみることにした。最初売り場で見たときは「高い餌だなぁ〜」と思ったのだけれども、ドライフード以外は目が飛び出るほどと言っても過言ではないくらい高かったし、ラベルに書いてある給餌量を見たら今までやっていたナチュラルステップとコスト的にはそれほど変わらないということがわかったのだ。

が、しかし…しかーしである。
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ