2005/11/15

紅玉の皮その後(りんご酵母)  パン・お菓子

タルトタタンで使った紅玉の皮の部分。香りがいいので捨てるにはもったいなく、りんご酵母を起こしてみることにしたのが前回のブログの最後。実に適当にやってる割には、いい感じに酵母液ができてきているので記録しておく。

クリックすると元のサイズで表示します
皮と水(水道水)、はちみつ少々をスナップウェアに入れる。(11/8)
室温も水温も低いので、オーブンの発酵モード(35℃)で1時間ほど置いた。

クリックすると元のサイズで表示します
毎日1〜2回かき混ぜて置くこと4日。皮が浮いてきた。(11/12)

クリックすると元のサイズで表示します
アップ画像。皮からぷくぷくと泡が出ている。順調に発酵している証拠。

クリックすると元のサイズで表示します
皮を漉して酵母液の完成。密封びんに入れ替えたので、開けると「プシュッ」とそれらしい音がする。1号に匂いを嗅がせたら「りんごとドブロクの匂いがする」と言った。キミは正しい。(笑)(11/14)

さらにはちみつを加え1日置いてみた。漉してからシュワシュワ感が減ったような気がしたのだ。これ以上置いて失敗してしまうと悔しいので、早速パン種を作ることに。

クリックすると元のサイズで表示します
酵母液50ccに強力粉50gを加えてまぜまぜ。りんご酵母の風味を味わうにはハードトーストみたいなパンがいいのかな〜とか考えつつ、強力粉ははるゆたかブレンドにしてみた。ここから先で失敗しそうな気がするので報告ここまで。(11/15)

2005/11/7

タルトタタン  パン・お菓子

最近はめっきりスーパーで紅玉を見る機会が少なくなってしまった。代わりに千秋なんかがお菓子作りには使われているらしい。
先日、たまたま紅玉が売られているのを見かけて即買いした。4個入りが2袋残ってて思わず買い占めた。何を作るかは後で考えようと、それはもうすごい速さでカゴに入れてた。(爆)

ジャムは春に作ったいちごのジャムが残ってるくらいなので家族の人気は得られそうになく、アップルパイもいまいち。どうせなら自分の作ってみたいものにしようということで、タルトタタンに初挑戦した。1台作るのに紅玉8個。買ってきた2袋を全部投入!豪快だ。

クリックすると元のサイズで表示します
こういうときに「とっ手の取れるティファール」は便利だー。家庭用のオーブンに普通に入るもんね。最初から最後まで鍋1個で作れた。

クリックすると元のサイズで表示します
型から抜いて、少し冷ましたかったのだけれども、早く食べさせろと急かされて崩れたじゃないか。(涙) この一切れに紅玉まる1個。

型抜き後まだ暖かかったので、1号はアップルパイのようにアイスクリームを一緒にお皿に乗せて食べていた。アップルパイはあまり食べないくせにこれは一気に食べてしまった。美味しかったんだろな。

せっかく手に入った紅玉。皮がもったいないのでりんご酵母を起こしてみることにした。うまくいけばパンも作れて一石二鳥なんだけど。

2005/11/2

こりゃヒステリーだ。  

先週仙骨ブロックをしてから一週間ちょっと。腰の痛みはほぼ消失した。ところがおしりから腿の後ろ、ふくらはぎにかけて神経痛がひどい。これがいわゆる坐骨神経痛というものなんだそうだ。坐骨神経痛なんて言われると、ババァ呼ばわりされてるようでかなーり凹む。
そして今日は起きてからずっと首が寝違えたように痛い。寝返りを打つのも仰向けで寝るのも足が痛いので、不自然な寝方をしているせいかもしれない。
でもこれだけ一度に体のあちこちの具合が悪くなると、自分でも呆れてくる。これってヒステリー(…今は転換性障害って言うらしい)なんじゃないの?
続きを読む



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ