NPO法人アジール舎    〒611-0041 京都府宇治市槇島町大幡26 TEL&FAX   0774-34-2382 

2014/5/30

感触遊び  

 5月中は子どもたちにいろいろな物に触れてもらっています。絵具、小麦粉粘土、スライム、砂場での砂などなど。絵具遊びでは、子どもたちが足の裏も使い、紙いっぱいに絵具で塗りたくっていました。「足、黄色になったよ!」と言って自分の足にしっかりと目を向けて自分の身体に気づいたり、「うわ〜ぬるぬるだ!」と感触をしっかりと楽しんだり、「青色が海になったよ〜」とイメージを広げたり…。絵具の広がりと一緒に、子どもたちの楽しみや関心も広がっていったようです。
 はらっぱでもころぽっくるでも、写真のような大作もできあがりました!はらっぱの作品は玄関に飾ってありますので、来所された際にはぜひご覧ください。
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
2

2014/5/19

音やリズムに合わせて楽しく体を動かそう!  

 ころぽっくるで新しく音を聞いて楽しく身体を動かしたり、楽しく人のまねっこをしたりすることから、その日の療育をはじめることになりました。
 最初はとまどう子どもや、じっと見ている子どももいたのですが、徐々に音楽に合わせて走ったり動いたりしてくれるようになりました。
 音に合わせて体を動かすなんてやりたくない!と気持ちを主張してくれる子もいます。また、この歌だと楽しめるけれども、この歌だと楽しむことができないな…。とか、新しい歌になるとまずはどんな動きをするのか見ておかないと分からないよ…。とか。それぞれの子どもによっていろいろな受け止め方の違いがあることを実感します。それぞれの子が自分からリズムに合わせて体を動かす楽しみやまねっこする楽しみを見出せるようにしていきたいと思います。
 新しいメンバーの中で、少し緊張気味の子もいますが、遊びに入ると自然な笑顔が増えていきます。今年度も子どもが心から楽しんだり自分を表現したりすることをとおして、成長を導いていきたいと思います。よろしくお願いします。
3

2014/5/12

成長ととまどい  

 4月にいろいろな変化があったとは思いますが、ひと段落。慣れてくると当時に子ども達にも少し疲れがたまってきている時期かもしれませんね。
 さて、ころぽっくるの家での4月中の子ども達の様子をお伝えします。
 はらっぱでは4月に入って、子どもたちが宿題に張り切って取り組んだり、他の子に優しく接したり。子どもたちの成長を感じる場面が多くありました。すばらしいねと声をかけると「だってもう○年生だもん」と答えてくれる子もいました。特に低学年の子は、自分が成長していく実感を持ち、できる自分を誇りに思っている様子でした。それでも疲れている時や自分の嫌な気持がうまく処理できない時は、ぐずぐずしたいこともある様子。指導員がその気持に寄り添ったり、気持の切り替えができるように支えると、少しずつ気持を落ち着けていけるようでした。
 新しいグループになって最初はとまどった子ども達もいたようでしたが、一緒に体を使って遊ぶ中で、「一緒に過ごすメンバーなんだな」と意識できるようになってきた様子です。おもちゃが変な所にころがっていくのを見て一緒に笑いころげたり、設定遊びで子ども同士で協力して指導員を負かしたり、なんとなく一緒に楽しく同じことをする様子が見られています。子ども同士あ楽しく時間、空間を共有できるようなしかけを、たくさん取り入れていきたいと思います。
2

2014/5/1

ちらし寿司  

 新年度が始まり1カ月。いつも以上にバタバタとした日々が過ぎ、GWの谷間のほっと一息ということで、恒例の舎食ランチがありました。今回のメニューは、タケノコ入りのちらし寿司と具だくさん味噌汁、デザートにはフルーツポンチと自家製の八朔。職員みんなでおいしくいただきましたクリックすると元のサイズで表示します
4



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ