NPO法人アジール舎    〒611-0041 京都府宇治市槇島町大幡26 TEL&FAX   0774-34-2382 

2011/9/30

「1週間に一度」  すぷりんぐ

親子塾は1週間に一度、1時間の学習です。
1週間の間には当然のことながらいろいろなことが子どもたちの暮らしの中で起こっています。1週間前に意欲的に算数に取り組むことができたから、今週は続きをするだろうと思っていると「勉強はしない」とひっくり返る。ゆっくり聞きだしてみると家であったもめごとを引きずっていたり、雨が続いて体育ができなかったから「もやもやして」いたり、行事や参観日で疲れていたりしたことをぽつぽつ語ってくれます。場面ごとに気持ちを切り替えていくことが苦手な子どもたちが多いので、ここを乗り切ることが大きな課題です。「そうか…それはたいへんやったなぁ。」と話を聞きながらも、気持ちを立て直して学習に向かう…それを待つと学習時間の半分が過ぎてしまうのですが、自分で立て直して最後には机に向かう姿を見ていると感心してしまいます。願わくは機嫌よく1週間が送れることを祈りながらも、不機嫌から立ち直るレッスンをここですればいいよと思うのです。
1

2011/9/13

子育て講座  アジール親子塾  

 8月27日、「子どもがもつ学ぶ力・自己肯定感をとりもどすーアジール親子塾がめざす学習支援ー」と題して、ゆめりあ宇治で、子育て講座を開きました。15人の参加で、子どものこと学校のこと、具体的に掘り下げた意見が出され、子どもが育つととは?という核心にふれる会となりました。学校、家庭、そして親子塾のような存在がそれぞれの力を発揮して、子どもが本来持っている育つ力を支援していければと考えています。親子塾では、日々の学習を積み重ねていく中で、子どもたちが自分に自信を持ち自己確立を遂げているなと実感しています。学習の合間のおしゃべりも含めて子どもたちとのやりとりを大切にしています。そこに確かに育て、育てられる関係が成立しているなと感じています。(亀口)


1

2011/9/13

子育て講座  

 8月27日、「子どもがもつ学ぶ力・自己肯定感をとりもどすーアジール親子塾がめざす学習支援ー」と題して、ゆめりあ宇治で、子育て講座を開きました。15人の参加で、子どものこと学校のこと、具体的に掘り下げた意見が出され、子どもが育つととは?という核心にふれる会となりました。学校、家庭、そして親子塾のような存在がそれぞれの力を発揮して、子どもが本来持っている育つ力を支援していければと考えています。親子塾では、日々の学習を積み重ねていく中で、子どもたちが自分に自信を持ち自己確立を遂げているなと実感しています。学習の合間のおしゃべりも含めて子どもたちとのやりとりを大切にしています。そこに確かに育て、育てられる関係が成立しているなと感じています。(亀口)


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ