NPO法人アジール舎    〒611-0041 京都府宇治市槇島町大幡26 TEL&FAX   0774-34-2382 

2011/8/24

ゆっくりと  すぷりんぐ

「作文が書けないんですが。」と何人かの親御さんからの相談がありました。作文…一口にいっても考えてみれば「思いをもって」「文に書く」ためにはたくさんのステップが隠されています。そもそも興味を持ち切れていないことに「思いを持つ」のはかなりの切り替えが必要です。さらに文字を抵抗なく書くには修行が…。
昆虫図鑑を食い入るように見ている子に「ちょうちょ、写してみようか?」とトレーシングペーパーを渡すと真剣に写し始めました。集中15分経過…!そのうち蝶の食べ物や生息地域など図鑑に書かれていることを書き始めました。
「僕の想像する宇宙船」の絵を描き始めた子に「ここ、どうなってるの?」と聞いていくと「ここはね…」といきいき話してくれます。「そうか、そうか」とその説明を書きくわえようとすると「僕が書く!」と言います。
そんなことがゆっくりと「思いを書く」ことにつながるようで、楽しくなります。
1

2011/8/5

夏休み  すぷりんぐ

 待ちに待った夏休み!「なのに勉強に来るなんて…」と眉毛が八の字になる子もいれば、「退屈してた!」とばかり、やる気いっぱいで来てくれる子もいます。
 初めての夏休みを迎える1年生のお母さん、「朝ごはんの後、宿題をするという約束で頑張ってます!」と力強く報告してくださいました。 
 一方、学年が進んでくると、「○時までに起きて、○時までに勉強して、と決めたのに守れない。」と毎日のバトルに疲れてこられた様子も見えます。
 1学期にできなかったことをなんとかこの夏休みに…との思いも伝わってきます。
 焦りをおさえて、目標を思い切って下げて守れそうな約束でスタートする方がいい場合もあります。ごろごろ過ごすのも夏休みのだいご味。勉強をしなくていい一日の幸せは誰にでも覚えがあります。とはいえ「ちょっとゆるめると、どこまでずるずる行くやら?」という心配はよくわかります。 
 ましてや本人にとって「手ごわい宿題」が山積みなら、親御さんには結末が垣間見えて、憂鬱になるというものです。
 この加減、親と子の永遠の課題でしょうか。「先生、わからへん、教えて」とそろそろSOSが持ち込まれるかな〜と思いながら待っている8月の親子塾です。

3

2011/8/5

アジール市民講座開催のお知らせ  

アジール市民講座の開催予定です。

どうぞ、お気軽にご参加ください。

主催 NPO法人アジール舎 アジール市民講座

子育て講座
子どもがもつ学ぶ力・自己肯定感をとりもどす
〜アジール親子塾がめざす学習支援〜

日時:2011年8月27日(土)午前10:30〜12:00
会場:ゆめりあ宇治(JR宇治駅前市民交流プラザ)4階 会議室2
  (京都府宇治市宇治里尻5-9 TEL:0774-39-9377)

TEL&FAX 0774-34-2382・mail info@asile-sya.com


プログラム:
1.親子塾の学習支援とは アジール親子塾塾長 亀口誠子

2.NPOによる地域学習支援のあり方
NPO法人アジール舎事務局長 亀口まか
児童デイころぽっくる事務長  原田康信

趣 旨
アジール親子塾を始めて、7年目になります。小学校教師として32年間勤めてきましたが、
学校教育とは一味ちがう学び場を目指したいと思い、「子どものペースで子どもの学びを!」
をキーワードに1対1の学習にこだわり続けてきました。ニーズは広がるばかりで、2010年10月
には講師も増え、現在小1から小6の児童23人が通っています。「子どもたちがなぜ勉強が嫌い
になってしまうのか。」「なぜ勉強がわからくなってしまうのか。」みえてきたことがたくさん
あります。子どもたちは、学校に、大人に、社会に、「学び」とは何かという根源的な問いかけをしているように思えます。子どもにとって本当に必要な学習支援とは何か、みなさんと一緒に考えたいと思います。
またアジール親子塾の学習支援事業は、利用料をできるだけ低額に抑え本当に支援の必要な子どもたちを支えていきたいと考え、事業を行っています。そこで京都地域創造基金にエントリーし、公的支援のないこの活動を寄付活動で支えていただければと考えています。地域での学習支援や親支援に興味や関心のあるみなさんに、ご参加いただければと思います。よろしくお願いいたします。 
アジール親子塾塾長 亀口誠子
 




2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ