2012/10/10  23:45

☆自分らしさを発見する旅 ウォーミングアップ編 パート1  人生をまるごと愛してアセンション♪☆プレミアムアーカイブ

~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



☆人生をまるごと愛して☆アセンション♪☆プレミアム 



〜2012年10月10日発行☆〜


☆自分らしさを発見する旅 ウォーミングアップ編 パート1



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



★内なる神秘の目覚めコール


★いつでも、自分で感じ吟味しましょう!


★プレアデスの親種族♪から学んだこと



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



みなさま、こんにちは。
ハートの微笑みメッセンジャーのほわふわMディアナーラです。


今日は、☆人生をまるごと愛して☆アセンション♪☆プレミアムの
2012年10月10日発行号をお届けいたします。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



★内なる神秘の目覚めコール



今日は、なんと、10月10日♪


ニューエイジ的ムーブメントの観点からすると、

下記にご紹介をするような☆数字の3つの並びの日は、

同じ方向性を意図している人々が、同じタイミングにフォーカスするための

座標軸のようなポイントとして、とても重要な意味を持っています。



2001年1月1日☆1-1-1

  2002年2月2日☆2-2-2

2003年3月3日☆3-3-3

2004年4月4日☆4-4-4

2005年5月5日☆5-5-5

2006年6月6日☆6-6-6

     2007年7月7日☆7-7-7

      2008年8月8日☆8-8-8

       2009年9月9日☆9-9-9

        2010年10月10日☆10-10-10

        2011年11月11日☆11-11-11



そして、今年、

いよいよ待ちに待った

☆2012年12月12日☆12-12-12を迎えようとしています。



今日、2012年10月10日は、

☆12-12-12に至るための

ホップ、ステップ、ジャンプという

ウォーミングアップのスタートの時でもあるのです!!!



さあ、

☆12-12-12に向けて、

毎日の生活における瞬間、瞬間を

オープンハートな状態で、思いっきりダイナミックに味わってみませんか?


え?確か、重要な時期は、

2012年12月21日の冬至だったのではないの???と、

そんな風に感じていらっしゃる皆様もいらっしゃることと思います。


ティベロンのチャネリングしている大天使メタトロンさんによれば、

12-12-12こそが、実は、重要なポイントでもあるのです♪


というのも、この2012年12月12日に、

☆クリスタルグリッドが完成する予定だからでもあるからです。


これによって、

わたしたちは、クリスタル的目覚めが加速されはじめます。


2008年4月23日に、わたしは、天使さまに導かれるようにして、

クリスタル意識の目覚めにフォーカスをしたメールマガジンを発行しはじめました。


最初は、ちょっと控えめに、「内なるクリスタル意識の目覚め」と表現していたのですが、

ある時、"内なる"という冠は、もう取ってしまってもよいと思いはじめ、

「☆クリスタル意識の目覚めプロジェクト♪」というタイトルにリニューアル♪


わたしたちが、

振動数を高めることによって、

それまでのカーボンベースから、

クリスタルベースにシフトしはじめるということは、

すでに十分に受け入れ、理解しはじめてはいたものの、

創刊当初、12-12-12のタイミングが、

クリスタルグリッドの完成の時であるということは、まったく知りませんでした。


ただ、その頃には、すでに、数字の3つの並びの日が、

きわめて重要なポイントであるという情報は、様々なソースから入手していたので、

毎年、8-8-8、9-9-9、10-10-10 など、次から次へと、これらの日に、フォーカスをしては、

惑星地球のヴァイブレーションが、さらなる上昇をすることを意図し活動をしていました。


そのようなこともあって、

ある頃から、12-12-12でもある2012年12月12日は、わたしにとっては、

アセンションにおけるとっても重要なポイントとして輝き始めていたのでした♪


そして、今年に入って、パートナーの彼が、

ティベロンのメッセージに興味を持ちはじめたのをきっかけに、

大天使メタトロンさんのチャネリングメッセージに光をあてはじめました。


ティベロンのチャネリングする大天使メタトロンさんのメッセージの中で、

本来的なアセンションは、12-12-12であるというメッセージに出会った時にも、

とっても、すんなり、「そうだわよね♪ わかるわかる」という感じでもありました♪


これまでにも、ティベロンのメッセージは、

アメリカ発のセドナジャーナルという雑誌に、

毎月のように、掲載されてはいたのですが、

1つの論文が、ものすごい長文で、

かつティベロンは、今回の人生では、

地質学的な専門家ということもあって、

クリスタルに関して、???のパートナーの彼にとっては、

そのすべてを翻訳する気には、とうてい、なれなかったようでもあり、

ティベロンの長文のメッセージのすべてを翻訳してもらうことはできないまま、

いつも、尻切れトンボになってしまっていたのでした。


ところが、ある日、パートナーの彼が、偶然、ティベロンのチャネリングに魅了され、

ようやく、新しいお楽しみの扉が開かれたのでした!!!


1度、興味を持ち始めたら、しめたもの!!!


このようにして、わたしも、大好きなクリスタルのテーマがいっぱい登場する

ティベロンの大天使メタトロンさんのチャネリングを身近に味わうことができるようになりはじめました。


というのも、わが家では、英語の翻訳は、もっぱら、そのすべてが彼の担当ゆえに、

彼が興味を持てるかどうかが、それらを継続的に探求できるかどうかにかかってもいるのです。(~~)


これまでにも、日本で翻訳されていないチャネリングの本を少〜しずつ翻訳してもらっているうちに、

まるごとそのすべてを翻訳してもらった本が何冊かあります。


なんと、ありがたいことでしょう♪


今日、ご紹介をする9次元の存在のデビンからのメッセージも、

当時、次から次へとデビンのメッセージが発信されていた頃、

オンタイムに翻訳してもらっていた頃のものでもあります。


デビンは、来るべき、地球の大変革に備えるべく、

準備万端、早め、早めに、必要なメッセージを贈ってくれていたのでした♪


まだ、東京に住んでいた、インターネットをようやく使い始めたばかりの頃、

ある日、突然、彼は、「フォトンというキーワードがやってきた」と言い始めました。


そして、2人で、フォトンの検索をはじめたのでした。


その頃は、あまり、日本のサイトは、充実していなかった頃でもあり、

結局、彼が、探し出したのは、すべて、海外のニューエイジのサイトでした。


ちょっと目ぼしい情報があると、お気に入りに入れて、

印刷をしたりしていました。


当時は、インターネットも従量制で、分単位で、ONにしたり、OFFにしたりしていたものでした。(~~)


今では、光通信で、使いたい放題の時代が到来したのですから、なんと、すごいことでしょう!!!


このフォトン!!!の検索の際に、デビンの情報に出会ったのでした!!!


その時、印刷していた紙を見たわたしは、「え???これって、‥‥‥」

当時、ラブ&ライト的美しいものきれいなもの心地よいものが大好きな、

ニューエイジお姫様系だったわたしは、タイトルを見て、却下しそうになったのですが、

彼が、デビンのメッセージを読んで、捨てずに、ピックアップしてくれたのでした。


もし、わたしのみであったなら、あっという間に、デビンのメッセージは、

素通りしてしまったことでしょう。


わがパートナーに大感謝♪


というのも、デビンは、プレアデスの親種族でもあり、

わたしは、ものすご〜くデビンのヴァイブレーションが、好きなのですもの。


おそらくは、日本では、デビンのメッセージは、ほとんど、紹介されていないように思います。

というのも、たいていの人々は、デビンのカウンシルの名前を聞いただけで、引いてしまうかもしれないでしょうから。


わがパートナーは、内容で、吟味するタイプです!!!


外側の衣ではなく、中身を味わって、

そのメッセージを受け入れるか、どうかを吟味できるのは、なんとすごいことでしょう!!!


こういった意味において、わたしは、パートナーの彼のことをとても尊敬しています。


わたしたちの場合は、

重要なタイミングには、必ず、

2人同時に、同じような気づきや、興味が発生します。


3次元的に見ると、そのように見えるだけで、

実際には、見えない領域の光の存在たちが、

「今だよ〜〜〜!!!」と言いながら、

わたしたちの肩をたたいているのかもしれないのですが、

とにもかくにも、ほぼ、同時期に、同じテーマに引き寄せられていくのです。


そうすると、しばらくの間、わたしたちの関心は、新しいテーマ一色になります!!!(~~)


そんなわけで、彼が、偶然、動物に関するティベロンのチャネリングに魅了されたおかげで、

それが、きっかけとなって、大天使メタトロンさんのメッセージの探求がはじまりました。


皆様は、大天使メタトロンさんについて、どのようなイメージをお持ちでしょうか?


今回の人生における大天使メタトロンさんとの最初の出会いは、

チャネラーのエリザベスさん経由でのものでした。


大天使メタトロンさんのチャネリングをはじめて受けたのは、1997年。


チャネラーは、ローリーさん。


彼女は、当時、フルトランスで、チャネリングをしていらしたので、

ほんの少し、一般的な挨拶をかわした後、「おやすみなさ〜い♪」と、

ローリーさんは、ヒーリングベッドに横になって、

まるで、眠るような感じでチャネリングをはじめられるのでした。


眠れる巨人と言われたエドガー・ケイシーなどと、同じようなチャネリングの仕方です。


わたしにとって、フルトランスの大天使メタトロンさんのメッセージは、

ものすご〜く深遠で、奥行きがあって、宇宙的で、本当に記憶に残る貴重な体験でもありました。


わたしが、チャネリングの予約をしたその時点から、わたしは、

大天使メタトロンさんに導かれているのをものすご〜く感じていたので、

個人セッションの最初に、わたしは、まず、そのことについて感謝の気持ちを伝えました。


すると、大天使メタトロンさんは、ライトワーカーのティーチャーなのだと教えてくれました。


皆様の中には、

どうして、同じ存在を

いろいろな人々がチャネリングしているの?と、

不思議に感じられることがあるかもしれません。


時には、1対1関係で、メッセージを伝えてくる存在もいますが、

同じ存在を複数の別の人々が、チャネリングするというのは、ごく自然な在り方でもあるのです。


高次の存在は、それぞれが、独自のヴァイブレーションを持っています。


そして、また、同じ、高次の存在であっても、

通訳してくれる存在でもあるチャネラーによって、色合いは、それぞれに異なります。


というのも、チャネラーがすでに持っている基礎知識上の

ボキャブラリーを使いながら、メッセージを語ってくれるのですから。


ローリーさんの場合は、とっても神秘的な秘教的側面が色濃いように感じられましたが、

ティベロンの場合には、彼が、この地上で、地質学的仕事をしていたこともあって、

より男性的な地質学や、鉱物、幾何学、科学的な側面が登場しているようにも思います。


皆様も、チャネリングのメッセージを読んだり、受け取ったりする際には、

そこに秘められている微細なるヴァイブレーションを

味わおうとしてみていただけたらと思います。


受け手であるチャネラーが異なれば、

同じソースであっても、メッセージの味わいが微妙に異なるのを体感できることでしょう。


現在、わが家には、ティベロンの本が3冊あるのですが、

アースキーパー関連の活動に関するメッセージも多く、

内側から湧き起こるような好奇心に後押しされ続けないことには、

長期間にわたってエネルギーを注ぐのは、なかなかむずかしいものです。


もし、皆様の中で、グリッドワークや、アースキーパー的特質などを

携えていらっしゃると、そんな風に感じている皆様がいらっしゃったなら、

ティベロンの本や、サイトを探求されてみられるとよいでしょう。


前号でもご紹介をしたごとく、

こちら側にいるチャネラーのJames Tyberonnは、

今回の人生で、アース・キーパーとして活躍していますが、

最近、プレアデスのアセンディッドマスターであるRa-Tybronnという存在が登場しはじめました。


それによると、プレアデスのアセンディッドマスターであるRa-Tybronnは、

なんと、クリスタラインサービスのマスターだそうなのです。


だからこそ、今回の地上のティベロンは、

精力的にアースキーパーとしての活動ができるようにサポートされているのだと思います。


転生の仕組みは、なんと壮大なる計画がなされていることでしょう。


わたしは、個人的には、

こうした魂やスピリットの宇宙的神秘の世界が、

垣間見れることが、スピリチュアルな探求の醍醐味でもあります♪


12-12-12には、

クリスタルの宝庫でもあるアーカンサスで、

祝祭のイベントが開かれる予定のようです。


THE EARTH KEEPER 12-12-12 http://www.Earth-Keeper.com


そして、また、将来的には、

クリスタルの重要なる聖地でもあるアーカンサスに、

アトランティスを乗り越えるという重要な役割りを持つ新しい時代の子供たちが誕生するとも言われています。


最近、ティベロンは、若くて、美しい女性とパートナーになったようでもあります。


おそらくは、こうしたイベントの際に、

さらに多くの縁のある男女の愛が芽生え、

未来の子供たちが、誕生することになるのかもしれません。


もし、今、独身の皆様がいらしたなら、意識が進化しはじめることによって、

新しい出会いに恵まれることもあるのだと、是非、知っておいていただけたらと思います。


ハートからのピュアな意図を明確にし、

高次のレベルにフォーカスしているのであれば、

最高のタミングに最高の出会いがあることでしょう♪


最近のティベロンのメールマガジンには、

仲むつまじいお2人の写真が掲載されていて、

喜びのヴァイブレーションが手に取るように伝わってきます。


今日の10月10日から、

あともう一息で、

12-12-12のタイミングがやってきます。


2012年10月、11月、12月は、

先月、ご紹介をした

9次元のデビンからのメッセージも交えながら、

様々なリアリティーがどんな風になっているのかをご紹介していきたいと思っています。


といっても、これは、あくまでも、わたしなりの理解にすぎません。


是非、覚えておいていただきたいのですが、

チャネリングのメッセージであれ、

地上にいるわたしのような存在からのメッセージであれ、

それらのどれもが、発信者の個性を帯びたメッセージであるということです。


同じ体験をしたとしても、その味わい方は、人それぞれ異なりますよね。


まさに、わたしたちは、世界で、そして、宇宙で、銀河で、

たった1人の存在としてしか味わえない体験をしているのです。


受け取り方、味わい方は、千差万別なのです!!!


こうして発信している情報であっても、

また、その他の様々な情報であったとしても、

そうしたものは、すべて、皆様にとっては、参考意見の1つにすぎません。


それらは、多次元的な観点からのものの見方、

とらえ方、考え方のヒントにすぎないということを是非、忘れずにいましょうね。


どうぞ、☆自分自身の観点、☆自分独自の感性を積極的に深めていただけたらと思います♪


☆大いなる存在は、

数え切れないほど☆多様性に満ちた味わいをしてみたかったからこそ、

こうして、☆自らの分身を☆様々な世界、☆様々な宇宙に派遣したのです。


もちろん、ここで言うところの大いなる存在の分身とは、

わたしたち1人1人のことでもあるのです!!!


誰かとまったく同じだったら、おもしろくないですものね。


☆自分らしさを☆発見する☆旅を楽しみましょう♪


当マガジンが、皆様の☆内なる神秘の目覚めのきっかけになれば、うれしいです。




~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



★いつでも、自分で感じ吟味しましょう!



わたしが、大好きな存在に、☆エクトンという存在がいますが、

エクトンは、自らについて、多くを語りません。


エクトンは、いったいどこの宇宙の存在なのだろうか?とか、

エクトンは、チャネラーのリチャードさんのハイアーセルフなのだろうか?

などなど、様々な人々が、エクトンの出自に関しての問いかけを投げかけます。


にもかかわらず、エクトンは、語っている内容のみにフォーカスをされることを望み、

自分がどこの星系のどのような存在であるかなどは、まったく語らないのです。


かつて、20世紀の頃、アストラル界が、かなり混乱していると語られていたことがあります。


その頃、しばしば、未熟な存在たちが、高次の存在の名前を語っていたことが言及されていたことがあります。


他の存在が、別の存在に成りすますのって、なんだか、オレオレ詐欺のようでもありますよね。


だからこそ、わたしたちは、☆自らの鑑識眼を鍛える必要があるのです!!!


かつて、ある宇宙的存在は、

☆メッセージの1つ1つを丁寧に吟味して欲しい!!!と語っていたことがあります。


チャネリングだからといって、

おかしいな〜、変だな〜、イヤだな〜と、感じながら、

それらのすべてをそっくりそのまま金科玉条受け入れる必要はないのです。


そして、また、時には、エネルギーが、混線することもあれば、

特殊な内容に関してだけは、チャネラーのエゴが邪魔をして、不透明になることもあるものです。


地球のヴァイブレーションが、これまでにないほどに上昇中の今では、

こうしたことは、少なくなってきているかもしれないのですが、

別の見方をすると、今や、地球全体が、アルトラル的次元に入りつつあるのですから、

ある程度、こうしたことを知っておくことも必要なようにも思います。


どうぞ、いついかなる時でも、

☆自分自身の☆人生の舵をしっかり握るという☆明確な意思を持っていましょうね。


見えない領域からすると、地上の人々の状況は、丸見えです!!!


これから、益々、地球全体が、まだら状態で、進化をしはじめるこの時期には、

☆自分自身のヴァイブレーションをしっかり保持しておくことが大切です。


自分自身の中心にセンタリングしていましょう。


引き寄せの法則は、何もお金もうけや自己実現のためにだけに存在しているではありません。


意識的に様々なる信念体系を手放して、

できるかぎり、☆クリアーに、そして、☆ピュアでいられるようにしましょうね♪


どこかの誰かが、良いとそう言っているからと、

頭ごなしに受け入れ信じるという他力本願的な傾向を持っていたとしたら、

是非、今こそ、そうした傾向を卒業するには、絶好の機会でもあるのを知りましょう。


他力本願的なままでは、本当の意味で、自分自身を生きることはできませんものね。


新しい時代とは、☆自らが感じる時代であり、

わたしたち自身が、自らの☆人生のマスターになる時代でもあるのです♪


そして、どうぞ、絶対的な真実を追い求めすぎないでいましょうね。


なぜなら、わたしたちにとって、大切なことは、

絶えず、☆進化することなのですから。


最高と思えることからも学びはありますが、

失敗と感じることからも、実のところは、すばらしい気づきを得ることは可能です。


それゆえに、様々な物事、出来事、人々などに、あまりレッテルを貼らないようにいたいものです。


これは、なかなか、むずかしいことでもありますが、

いつも白紙の状態で、様々な物事に接することができたら最高ですよね。


そして、それは、自分自身に対しても同様です。


☆世界でたった1人の☆貴重な個性を持った☆自分自身を

☆丸ごと受け入れ抱きしめながら、☆アセンションの波乗りを楽しみましょう♪




~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



★プレアデスの親種族♪


プレアデスの親種族という表現は、わたしが、名づけた表現です。


というのも、デビンのカウンセルの名称をそのままお伝えすると、

おそらく、多くの人々が、その名称に、びっくりしてしまうでしょうから。


デビンの属しているカウンシルに関しては、予定では、

2012年の12月号あたりで、ご紹介したいと思っております。


それまでは、それらの内容を抱きしめ感じながら、

自分にとって、養分になるかどうかを意識的に吟味してみていただきたく思います。


それぞれ、地球の生まれも異なるごとく、地球のそのまま以前の故郷も異なります。


それゆえに、自分にとって、親和力のある存在と、そうでない存在がいたとしても不思議ではないですよね。


わたしの場合は、地球にやってくる前の故郷は、プレアデスなので、

☆デビンのヴァイブレーションは、とっても魅力的♪


そして、また、

☆デビンの高次のヴァイブレーションは、

プレアデスのそのまた以前の☆故郷の星について

☆宇宙的な記憶を思い出すためのヒントをも与えてくれます。


プレアデスは、ある頃、行き止まってしまっていた時代があったと言われています!!!


高次の側面からとらえると、光のみの世界というのは、

必ずしも、すばらしいことだけではないのです。


というのも、光のみに偏ってしまうということは、

進化の行き止まりをも意味し、そして、また、

ある意味における極化でもあるからです!!!


どうぞ、これから、3ヶ月間に渡ってのメッセージは、

あまりにも身近なレベルでとらえるのではなくて、

是非、是非、☆意識をぶっとばして、

☆超高次の視点から、☆眺め、☆感じてみるようにしていただけたらと思います。


実は、このことによって、

わたしたちは、肉体を超えた領域にいた頃の意識を

思い出すことが、できるようになりはじめるのです!!!


何か、おぼろげながら、知っている感覚!!!


なぜだかわからないけれども、わかるという感覚♪


理屈抜きで、知っているようなそんな不思議な感覚!!!を


是非、体験してみていただけたらと思います。


デビンのメッセージは、何もプレアデスに縁のある人々のみのためのものではありません。


というのも、☆デビンの役割りは、

☆銀河的観点に立った地球のアセンションに関してのものだからです。


今、現在、様々なるティーチングをしている世界各地のライトワーカーの人々の中には、

初期の頃のデビンのメッセージから恩恵を受けている人々も多いことでしょう。


そして、また、デビンは、それを意図してもいたのです。


時には、情報というのは、

十分にそのよさを知りえた人々を通じて、

広く広められることによって、理解が行き渡ることもあるように思います。


地球の多くの人々は、あまりにも長い間、

この3次元という物質的領域に、とらわれ、はまってしまってたのでした。


帰還の鐘が鳴り響きはじめているのが聴こえますか?


わたしの地域では、季節にごとに、夕方、5時、あるいは、6時に、曲が流れますが、

まさに、そんな風に魂の帰還の鐘が、今や、高らかと、

鳴り響きはじめているのです!!!


日本の国には、プレアデスに縁のある魂の人々が、いっぱい存在しているとも言われています。


わたしたちの惑星地球には、現在、プレアデスのみならず、

金星、シリウス、オリオン、アルクトゥールス、その他、

様々なる数え切れないほど多くの星々の記憶を携えた人々が存在しています。


皆様は、宇宙や銀河で、様々なドラマが繰り広げられていた

はるか昔のことをご存知でしょうか?


9次元の観点によれば、わたしたちは、今、この地上で、

第3次の大実験の渦中でもあるとのこと。


そして、現在、地上に存在している多くの人々は、

たいていの場合、最初の実験、あるいは、最初と2番目の実験の体験をも持っているそうな。


もしかしたら、現在の地上の争いというのも、

実のところは、はるか昔から携えてきている魂の記憶の残り火ゆえのものかもしれないのです。


デビンは、以前の体験で欠けていたものは、

☆コンパッション(☆大いなる思いやりの愛、☆共感)、

そして、また、自分とは、異なる人々を尊重することだったと語っています。


そして、その時に、

彼らが、学んだことは、何かというと、


「光または、闇に極化することによっては、

決して、コンパッションを感じることもできず、

また、平和を維持することもできないであろう。」


ということでもあったのだそうなのです。



そして、また、

「自らの内にある光と闇を統合し、

様々なリアリティーの中に対応して、

顕現してくるものを統合することによってのみ、

第3次大実験を成功裏に完成させることができるであろう。」とも語っています。


多くの地球の人々は、

地球のみが、現在、人間が住める唯一の惑星であると、考え、

そして、また、人間こそが、生物のヒエラルキーのトップに位置するものだと、

そんな幻想を抱いていますよね。


そして、それこそが、科学であるようにも言われていますが、

宇宙的、銀河的な存在からすると、

ヒューマノイドタイプの存在たちが存在するのは、

何も、惑星地球の表面のみではないのです!!!


そして、また、知的生命体も、

ヒューマノイドタイプの生命体のみではありません。


このあたりになると、ほとんど、スターウォーズか、

スタートレックの世界になりそうでもありますが、

あるアセンディッドマスターは、映画のスターウォーズと同様の出来事が、

実際も、存在していたのだというようなことを語っていたことがあります。


スターウォーズ、ギャラクティックな戦いは、夢幻ではなかったのです。


先に、大実験という表現が登場しましたが、

しばしば、様々な存在たちが、

地上で繰り広げられる出来事をゲームと呼んだり、実験と呼ぶことがあります。


このような呼び方は、肉体を持ち、感情を持っているわたしたちからすると、

バカにされてしまったかのような、不遜な感じさえすることもありますが、

地球の人々の意識をはるかに超えた観点からとらえると、

すべては、創造主的、クリエイターのゲームであり、実験でもあるとも言えるのでしょう。


せっかく、この大変革のこの時期のこの惑星地球に生きているのですから、

かつての苦い体験は是非とも乗り越えて、さらなるレベルに進化したいですよね。


どんぐりの背比べをしている限りにおいては、

わたしたちは、ゲームボードの上の駒にしか過ぎませんが、

ひとたび、ジャッジメントを手放し、

すべての出来事には深遠なる意味が秘められている♪と、

そのような高次の視点を抱きしめることができるようになると、

ようやく、わたしたちは、自らの人生の中の☆あらゆる出来事の中に、

深〜い、深い、意味や、価値を発見することができるようになりはじめます。


そして、自らの内面に横たわっている

すべての側面をも抱きしめることができるようになってこそ、

周囲の様々なる光、そして、また、光が欠如しているような暗闇に関しても、

☆大いなる愛、☆共感、☆思いやりあるコンパッションの観点を見出すことが可能になりはじめるのです。


一見すると、大変な出来事が、起こっているその渦中において、

高次の視点を持つことは、簡単なことではないこともあるでしょう。


だからこそ、地球では、これまでにも、様々なる苦い体験があったのです!!!


けれども、それらの体験を風化させ、忘れ去ってしまったら、

せっかくの失敗が、それこそ、ただの失敗で終わってしまいますよね。


☆失敗から、☆限りなく、☆学べる限りのことを☆学ぶ姿勢、これこそが、大切です。


そして、わたしたちには、それが、できるほどに、今では、十分に成長してもいるのです。


アメリカでは、9.11が起こり、

そして、日本では、 3.11が起こりました。


この出来事は、いったい、わたしたちにどのような気づきという贈り物をもたらしてくれたのでしょうか?


こうした未曾有の出来事が起こると、

それまで希薄だった人間関係が、

共にいること、一緒にいられることのありがたさへと、シフトすることもあるとも言われています。


また、生命の大切さ、

今という瞬間のすばらしさ、尊さに目覚めた人々もあることでしょう。


原発に関して、

日本のわたしたちは、

今回の体験から、学べるだけのことを学べているのでしょうか???

           。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。


おそらくは、しばらくの間は、

行きつ戻りつしながら、進化の階梯を進んで行くことでしょう。。。。。。。


時には、行きつ戻りつすることによって、

人々の味わいが、より深まることもあるかもしれませんものね。


だからこそ、どうぞ、

現状に希望を見失って、呆然自失の状態に、陥らないでいましょう♪


大変な時にこそ、

トンネルの先に光が見えない時にこそ、

何をどうしてよいかわからないような大ピンチな時にこそ、

是非、☆より高次の視点から、☆それらの深遠なる意味を見出す☆勇気を持っていただけたらと思います。


これが、わたしが、

☆プレアデスの親種族でもある☆9次元の☆デビンから学んだ、☆贈り物でもあるのです。


頭の中にいくら知識を保存していたとしても、

それらを人生で生かさなくては、意味がありませんものね。


2012年9月30日号で光をあてた、

〜☆今、ここから学べることは何?☆〜

という深遠なるスピリチュアルな問いかけも、

是非、意識的に活用してみていただけたらと思います♪


銀河的存在であり、

ヒューマノイドの先輩たちは、

アセンションしつつあるわたしたちに向けて、

大いなる観点からの気づきのヒントをプレゼントしてくれようとしています。


是非、毎日の人生の中で、

☆様々な出来事の中における☆光のみならず、☆暗闇の側面にさえも、

☆深〜い深い深遠なる意味があるという☆高次元の視点を応用してみていただけたらと思います。


☆共感、☆大いなる思いやりのある☆コンパッションこそが、

わたしたちをアセンションへと導いてくれる☆13次元からの贈り物でもあるのです!!!


〜注〜

英語の辞書で、伝えられているコンパッションの言葉の意味と、

高次の視点が語っている意味内容とでは、微妙にニュアンスが異なっています。



☆コンパッションに関しては、是非、2012年9月30日のバックナンバー

☆13次元からもたらされた☆アセンションのための鍵♪パート3も、

ご参照いただければうれしいです♪




~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



いよいよ、12-12-12に向けて、

弾みがつきはじめる時期となりました。


聖なる自分のための時間を大切にしながら、

今、この瞬間をまるごと抱きしめ、味わいましょう♪



今というこの稀有な、エキサイティングな時代に存在し、

こうして、皆様と、不思議なご縁で、出会えましたことに、

☆心からの愛と感謝の気持ちを込めて。



ハートの微笑みメッセンジャー


☆ほわふわMディアナーラ♪


エンジェリックハーモニー
http://angelicharmony.com


Copyright 2012 Angelic Harmony All Rights Reserved.


~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



当マガジンは、☆人生をまるごと愛してアセンション♪
http://www.mag2.com/m/0000214568.htmlのプレミアム版です。


そのほかにも、様々なテーマにフォーカスをしながら、
メッセージを発信しています。
http://angelicharmony.com/11-message.htm



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~











http://angelicharmony.com/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ