2012/3/20  23:23

☆感情は、わたしたちにとって大切なセンサー♪ パート2  人生をまるごと愛してアセンション♪☆プレミアムアーカイブ


~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



☆人生をまるごと愛して☆アセンション♪☆プレミアム 



〜2012年3月20日発行☆〜


☆感情は、わたしたちにとって、大切なセンサー♪ パート2



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



〜2012年3月にお伝えする全体のトピックス〜



☆感情は、ナビゲーションシステム♪

☆心地よさの探求♪

☆右脳は感じることが得意♪

☆ドラコの種族のおはなし!

☆感情と記憶の関係性

☆魂の成長の途上における旅人♪

★内なる感情への問いかけ、語りかけこそ、最初の1歩♪

★壊れたレコードのどうどうめぐりの輪

★ネガティブな感情のドッジボール

★自分自身の感情に光をあてる勇気を持ちましょう♪

★恩寵の時だからこそ、
自分自身にフォーカスしていることが必要なのです!

★今や、思い出し、帰還の時!!!

★新たな視点から自分自身の感情に対して接してみましょう♪

★インナーチャイルドさんと向き合うための
時間とスペースを自らに与えてあげてましょう♪

★シャイで、はずかしがりやの存在さんたち



エネルギーワークVol.1

☆エネルギーのクリーニング方法 ☆ パート1



☆水の持つ癒しの贈り物♪



上記の内容を10日、20日、30日の3回に渡って、
皆様の元にお届けいたします。


これらのトピックスは、現時点での予定です。
発行の際に若干の変更があることもあるかもしれません。




~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~


みなさま、こんにちは。
ハートの微笑みメッセンジャーのほわふわMディアナーラです。


今日は、☆人生をまるごと愛して☆アセンション♪☆プレミアムの
2012年3月20日発行号をお届けいたします。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



前回は、感情とは、ナビゲーションシステム♪であるということや、
☆心地よさを探求すると、自然に幸せの方向に導かれて行くこと、
心地よさは、感情を介しての感覚であり、
☆右脳は感じることが得意であるなどなどに、
光をあてました。


今回は、この地球における様々な感情について、
とりわけ、普段は、あまり光をあてたくないかもしれない感情について、
光をあててみたいと思っております。


というのも、嫌っている感情をそのままにしたままでは、
アセンションという螺旋を進化するには、
困難だからでもあるのです!!!


ここをしっかり見据えておかないと、
なかなか、その先には、進めません!!!



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



前号では、


「ネガティブな感情を悪者には、しないでいましょうね♪」

「というのも、ネガティブな感情のそのまた奥には、
魂の気づきや成長のための大いなるヒントが
隠れてもいるのですから。」


とお伝えしました。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



ネガティブな感情の裏には、
寂しさや、悲しみ、
抑圧された重たい密度の強烈なる感情や、
自分自身に目を向けてもらいたがっている満たされない欲求や、
他者に対しての羨望や、怒りや、嫉妬などが隠れていることさえあるのです。


もし、ネガティブな感情を抱いたとしたら、
まずは、そのことをまるごと受け入れてみましょう。


そして、なぜ?
そのような感情を抱いているのかに、
積極的に、☆光をあてながら、
その意味を知ろうとしてみていただきたいのです。


その感情を嫌うあまりに、
感情そのものを突き飛ばしたり、
蓋をしたり、見えないどこかに隠そうとしてしまったり、
ネガティブな感情を抱いていることに嫌悪したり、
自己批判して落ち込んでしまうのではなく、


まずは、なぜ???
と問いかけてみて欲しいのです!!!


問いかけは、
ジャッジメントではありません。


問いかけは、
興味を持っているという
意思表示でもあります。


内なる感情に、


問いかけ、
語りかけてみることこそが、
最初の1歩につながります♪


自分の感情を否定するのではなく、
その感情を抱くに至った理由が知りたい!!!と、
そういう気持ちで語りかけてみましょう♪


内なる子供でもあるインナーチャイルドさんは、
頭ごなしに叱られるのではないとわかって、
まずは、ほっと一安心♪


インナーチャイルドさんの言い分に、耳を傾けてあげることは、
とってもとっても大切なことだと知っておいていただければと思います♪



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



ところで、皆様の周囲には、
ネガティブなことを延々と言い続けてばかりいるという
壊れたレコードタイプの人々は、いませんか?


壊れたレコードの溝をどうどうめぐりしているばかりで、
いつまでたっても先に進めないようなあり方は、
ネガティブエネルギーの増産体制に、
拍車をかけることになるので、
おすすめできません。


壊れたレコードのどうどうめぐりは、もう時代遅れです!!!


新しい世代の皆様は、壊れたレコードの話は、
さっぱり???かもしれないので、簡単にお伝えすると、


かつて、CDやDVDが登場する前の時代には、レコード盤があり、
そのレコードの上に針があたる事で音が聞こえてくる時代があったのです。


新しいレコードの場合には、
おおかた大丈夫なのですが、
レコードの面に傷がついていたり、
レコードがかなり古くなりはじめると、
レコードの針が、同じ溝の箇所で、円を描くばかりで、
次へと進まなくなってどうどうめぐりをしてしまうことがありました。


壊れたレコードタイプのどうどうめぐりが好きな人々は、
なぜか同じような共通の傾向を持っています。


それらの人々は、
建設的な提案を提示されると、
急に、そわそわし始めます。


表面的には、
「困っている」とか、
「なんとかしたい」と言いながらも、
意識のもっと深〜いところでは、変化したくはなく、
自分は、被害者であって、犠牲者であることのままでいることが、
当面の安心材料であったりする傾向が大なり小なりあることが多いのです。


そのようなこともあって、
解決できそうな道が提示されると、
なぜか避けて通ろうとすることさえあるのです。


人間は、変化を恐れることがあるものです。


時には、自分自身の人生の主役になるという
人生に対しての責任さえも、恐れの要因になったりもするのです。


変化の準備ができていない状態では、
また、自らの人生に責任を持ちたくない限りにおいては、
壊れたレコードのどうどうめぐりの輪からは、
あえて、出ようとしないこともあるのです!!!


ネガティブな状態に居続けたいか、
それとも、大いなる愛と光と共に、
新しい気づきの扉を開きたいかどうかは、
その人それぞれの選択にかかっています!


もし、周囲にそのようなタイプの人々がいたとしても、
自由意志が尊重されている、わたしたちの惑星地球では、
ネガティブなままで居続けるという自由も、まだあるので、
大いなる寛容さと共にそのこと自体を非難しないでいましょうね。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



ネガティブな感情は、
エネルギー的な影響という意味においては、
周囲の人々にとっては、結構、ダメージがあることもあります。


ネガティブな感情のエネルギーのかたまりは、
ドッジボールに似ているとも言えるでしょう。


ネガティブエネルギーの巨大なボールは、
持っているのが居心地悪くていやなので、
早めに、次なる人を探して、ボールを投げあいます。


すると、そのボールを受け取った人々は、
またまた、誰かを探して、ボールを投げることでしょう。


ドッジボールは、いったん、手からボールを手放してしまえば、
それですっきり解決してしまいますが、ネガティブエネルギーの場合は、
たとえ、誰かに、ネガティブなエネルギーをバトンのように手渡したとしても、
自分自身の感情もまだ未処理のままなので、それで終了というわけにはいきません。


ネガティブな感情のドッジボールは、実際には、
学校や、家庭や、職場などで、頻繁に起きていることでもあるのです!!!


お母さんが太陽のように明るいと、家庭円満というたとえがありますが、
なかでも、大黒柱と呼ばれるお父さんや、本来、太陽であって欲しいお母さんなどが、
ネガティブエネルギーのボールを持っていたりすると、もう大変!!!


お父さんや、お母さんの怒りのボールや、
ネガティブなエネルギーがいっぱい詰まったボールは、
子供たちに勢いよく飛んできてしまいます!!!


すると、子供たちは、
突然、親から降ってきたエネルギーにイライラして、
それらのエネルギーをどうすることもできなくなると、
今度は、また、別の誰かに、投げようとしはじめます。


家の外で、いじめをする子供たちは、かなりの多くの場合、
家庭の中で、いじめられていることがあるとも言われています。


エネルギーのゆがみは、またどこかに噴出してしまいます!!!


親からのネガティブエネルギーが、
めぐりめぐって、学校のお友達に行ってしまうのは、
なんとも悲しいことでもありますよね。


会社などでも、未処理のネガティブなままの感情のかたまりを
大量に保持している人が周囲にいたりすると、
そこで働く人々は、知ら知らずの間に、
そうした不安定な感情を受け取りやすくなってしまいます。


地球のヴァイブレーションが上昇中の今この時期は、
あまりにも強烈な光と、加速度のついた進化の速さゆえに圧倒されてしまい、
感情の処理を落ち着いてすることができなくなりはじめている人が多いのです。


こうしたことは、アセンションについて言及されはじめていた当初の頃から、
あらかじめ予測され、これまでにも、伝えられてきたことでもあるのですが、
ついに、わたしたちのいるこの地球上では、
いよいよ、アセンションの時代に向けて、
人々の抑圧されていた感情が噴火し、
感情的な嵐とでも呼べる感情のジェットコースターの時代へと、
突入しはじめたとも言えるのです。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



ネガティブな感情は、
そのまま放置したり、
嫌っているばかりではなくて、


それらの感情を
抱きしめ、見つめ、問いかけ、


それらと語り合うことによって、


建設的な方向性に向けて、
活用することもできるのです!!!


自らの気づきと目覚めのために、これまでは、嫌っていた、
様々な感情に、勇気を持って、いっぱいの愛と光をあてて、
お友達になってみましょう♪


正直に
自分の心と向き合いながら、
積極的に解決しようと明確に意図しているならば、
必ずや新しい扉が開かれます♪


どうぞ、今1度、
自分自身の感情に☆光をあてる勇気を持ちましょう♪


突然、暗闇になれていたはずの心の奥深くに、
サーチライトのような明るさと共に、光をあてられると、
ただそれだけで、「こんなにまぶしい光で照らさないで!」と、
突如、怒り出す存在が隠れていることもあるかもしれません。


けれども、これからの新しい時代においては、
心の奥深くの押入れや物置のような真っ暗な部屋の片隅で、
ず〜と癒されていないままの内なる子供でもあるインナーチャイルドが、
これまで同様に存在し続けることはできません。


もし、周囲の誰かが、強烈な怒りをかかえているのを見聞きしたら、
その人の中に潜んでいるインナーチャイルドが心からの叫び声を上げているのだと、
そんな風にとらえてみるとわかりやすいかもしれません。


21世紀の今の時代は、それぞれの人々が、
自らの内面の光が欠如しているところに、
☆大いなる宇宙の☆愛と☆光をあてる時でもあるのです♪



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



今、この時期は、それまで蓋をしてきた様々なる感情が、
いたるところで、噴出し始めています。


けれども、それも変化の途上のひとこまです。


今や、
周囲の人々と比べたり、
周囲の人々の批判をしている場合ではないのです!!!


今、この時期は、ものすごい宇宙の恩寵の時♪


日々、増加中の
大いなる☆愛と☆光と共に、
☆アセンションできる最高の時でもあるのです!!!


それゆえに、
☆自分自身にフォーカスしていることが必要なのです。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



すべては、☆自分自身からはじまります。


今こそ、自らを☆思い出す時なのです!!!


本当は、すべて☆知っているのです。


ただ、☆思い出すだけ。


☆帰還の時!!!


3次元という
重たい密度の地球で、
悲喜こもごもの様々なる感情的な体験を重ねながら、
それらの体験をこの地球での貴重な財産として、
魂の叡智として、携えながら、再び、故郷へと、
帰還しようとしているまっ最中でもあるのです。


アセンションとは、☆自分自身を☆マスターすることにほかなりません。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



皆様は、自分自身のことをどのくらい知っていますか?


「私は、誰?」


この問いに、どれだけ、☆光があたっているでしょうか?


毎日、わたしたちは、様々な感情を体験します。


是非、
新たな視点から、
自分自身の感情に対して、
親しみと共に接してみていただければと思います。


感情には、本来的には、
良いも、悪いもありません。


感じて、
見つめ、問いかけ、語りかけ、
そして、なぜその感情を感じているのかの大いなる意味に光をあて、
それが理解できたら、気づきのきっかけになったその感情に感謝をして、
開放させてあげましょう♪


また、あまりにも感情の波が大きいと感じられる際には、
あえて、それとは、がっぷり取り組まずに、
1度、居心地のよい居場所に気持ちを移動させ静観しましょう。


しばらくして、
心の準備ができたと思えたら、
蓋をしてしまっていた感情に声をかけてみると
それらの感情と、より穏やかな形で向き合いやすくなるでしょう。


                   
~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



次号、2012年3月30日発行号では、
毎日の生活の中で手軽に実践できる
シンプルなエネルギーのクリーニング方法について
☆光をあてながら、皆様のお手元に、
プレミアムマガジンをお届けいたします♪



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



まずは、
今、この瞬間の
感情を受け入れ味わい眺めてみましょう♪


あらゆる事柄は、必要なタイミングに浮上してきます。


もし、今、
あっと驚く、自分自身の感情に出会ったならば、
それは、今、感じてみて欲しい!!!という
インナーチャイルドさんからのメッセージなのです♪


自分自身をまるごと愛することから、
すべては、はじまります。


自分を抱きしめることができなくて、
どうして、他の人々を愛することができるでしょう?


わたしは、自分自身の内なる子供は、もちろんのこと、
様々な人々の中に存在している、内なる子供、
インナーチャイルドさんも大好きです♪


今は、ちょっとばかり怒っていたとしても、
また、メソメソ泣いてばかりいたとしても、
彼らは、本当は、とってもとってもピュアな存在なのです!!!


是非、インナーチャイルドさんと向き合うことを
そして、インナーチャイルドさんと語り合うことに対して、
「〜どうぞ♪〜」と、その時間とスペースを自らに与えてあげて欲しいでのす♪


インナーチャイルドさんたちは、
隙間のような時間、ぽっかり空いた時間、
何も用事がなくて、皆様がリラックスしている時に、
声をかけてくるでしょう。


なぜって、
インナーチャイルドさんたちは、
シャイで、はずがしがりやなんですもの。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



わたしが、葉山に移り住んでびっくりしたことの中に、
ヤモリさんがありました。


随分昔、ダイビングで、南の島に旅行に出かけていた頃には、
コテージやホテルで、ヤモリさんに遭遇することはありましたが、
葉山に来るまでは、まさか、自分の家の中で、
ヤモリさんとばったり遭遇するなんてことは、
まったく考えてもいませんでした。


はじめて、わが家で、ヤモリさんと遭遇した時には、
驚いたのなんの!!!


ドキッ!!!として、
パートナーの彼に助けを求めましたが、
彼も、そうした類の存在さんは、苦手なタイプで大爆笑!!!


とはいっても、本当は、笑っていることなどできなくて、


網戸にぺったりくっついているヤモリさんは、
きっと外に出たがっているのだろうと、想像して、
最初の頃は、ハラハラ、ドキドキしながら、
網戸をはずして、外に逃していた頃があります。


お風呂に行くと、またまた、バッタリ、ヤモリさんと「今日は!!!」


いくら、声をかけてみても、移動をしてくれないので、
そのうち、お風呂に入る際にも、バスルームの壁のどこかに、
ヤモリさんが、へばりついたままということもありました。


お風呂の湿り気が気に入っていたのかもしれません。


そのうちに、わたしが、赤ちゃんヤモヤモと呼んでいる
生まれたばかりのヤモヤモちゃんは、
それほど怖くなくなりました。


怖がっているのは、どちらかというと、
本当は、ヤモリさんの方かもしれませんよね。


ヤモリさんたちは、突然、人間と鉢合わせをすると、
すっと姿を隠すのが上手です。


ヤモリさんたちは、
本当は、とっても静か〜で、
はずかしがりやの方々なのです!!!


南の島の体験で、ある程度、
ヤモリさんたちの習性を知っていたのは、
案外、役に立ったようにも思います。


ヤモリさんは、水周りがお好みのようで、
しばしば、トイレや、お風呂や、キッチンに出没します。


そして、時には、リビングにも。


ダイニングテーブルの上にいたヤモリさんと目が合うと、
ヤモリさんは、急いで、テーブルの裏側に隠れます。


ある時は、パソコンのキーボードの下のほんの小さな隙間から、
ひょっこり顔をのぞかせたり。


プレアデスの存在たちは、こうした種族のことを
リジーさんと呼ぶかもしれません。


おそらくは、あまりにも抵抗があるわたしたちに対して、
安全無害なタイプもいるのですよ〜〜〜!!!と、
そう教えに来てくれている代表者なのかもしれません。


なぜ、突然、ヤモリさんが登場したかというと、
つい今しがた、インナーチャイルドさんについて、お伝えしていたら、
急に、ヤモリさんたちの習性が思い出されてきたのです!!!


〜☆シャイで、恥ずかしがりやな存在たち☆〜


このフレーズを書いている時、
なぜか、ヤモリさんが、わたしのイメージに登場♪


そういえば、
プレアデスの宇宙の存在たちは、
わたしたち地球のヒューマノイドたちは、
様々な種族の混血であると語っていたようにも記憶しています!


アセンションの時代には、
爬虫類さんたちについても光をあてることが必要なのでしょう。


いつか、また別の機会に、
是非、高次の視点から、こうした
事柄についても光をあててみたいと思っております。


さすがに、
素手では、さわれませんが、
でも、今では、ヤモリさんに対して、
ハートtoハートな暖かな親しみを持つことは、
できるようになりました。


葉山に移り住んだ最高の恩恵とは、
実は、自然界の存在さんたちとの出会いなのかもしれません。


赤ちゃんヤモヤモさん、


なんとも愛くるしい姿を見せてくれて、どうも、ありがと〜〜〜う♪


あなたのかわいらしい、


小さな小さな指をいっぱい開いたお手手は、忘れることはないでしょう。


赤ちゃんヤモヤモさんの手の指を皆様にも、見せてあげたいくらいです。


おどろくほど小さくて、本当に、かわいらしいのですよ!!!


とは言っても、
ここまで来るには、
随分と時間を要したのも事実です!(笑)


もうちょっとしたら、
この地球は、こうした存在さんたちが、
より住みやすい安全なところになることでしょう。



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



皆様の元に
☆大いなる☆愛と☆光のシャワーが
注がれるのを心からイメージしております♪


心もカラダさんも軽やかになって、
アセンションの時代の波乗りを楽しみましょ〜う♪


皆様との出会いに、心からの喜びと感謝の気持ちを込めて



ハートの微笑みメッセンジャー


☆ほわふわMディアナーラ♪


エンジェリックハーモニー
http://angelicharmony.com


Copyright 2012 Angelic Harmony All Rights Reserved.


~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~



当マガジンは、☆人生をまるごと愛してアセンション♪
http://www.mag2.com/m/0000214568.htmlのプレミアム版です。


そのほかにも、様々なテーマにフォーカスをしながら、
メッセージを発信しています。
http://angelicharmony.com/11-message.htm



~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~〜~☆~


http://angelicharmony.com/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ