しぎ大陸南極展2006@上野にて  まちのイベント

クリックすると元のサイズで表示します

1956年秋、第1次南極観測隊が東京・晴海ふ頭から観測船「宗谷」で出航してから今年で50年になるのを記念して「ふしぎ大陸南極展2006」が7月15日から東京・国立科学博物館で開かれる。キャッチコピーは「東京に、南極大陸がやってくる」。南極の本物の氷に触れたり、零下の世界を体験したりして南極を身近に感じてもらう。

オーロラの舞、大型スクリーンで再現、みんなで観に出かけよう。

場所:東京・上野:国立科学博物館にて
会期:7月15日(土)〜9月3日(日)
   午前9時〜午後5時 金曜日のみ午後8時まで
料金:一般当日1300円、小中高生当日600円

オフィシャルホームページ
http://www.kahaku.go.jp/exhibitions/ueno/special/2006/south-pole/index.html

asahi.com :朝日新聞社
http://www.asahi.com/nankyoku2006/
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ