2008/4/17  ノースウエスト航空とデルタ航空の合併  トラベルインフォ

ノースウエスト航空とデルタ航空の合併にともないノースウエスト航空、太平洋地区マーケティング開発本部  本部長、トッド A. アンダーソンより以下のメールが届いたのでお知らせします。

ノースウエスト航空®とデルタ航空の合併の発表について

日頃よりノースウエスト航空ならびにワールドパークスにご愛顧賜りまして、誠にありがとうございます。

さて、ノースウエスト航空をご利用いただいておりますワールドパークス会員のお客様には、今回のデルタ航空との合併合意に関する発表についてできるだけ早くお知らせしたいと思い、ここにご案内申し上げます。規制当局の審査を経て、二つの航空会社は、世界最大の航空会社をつくるために力を結集することになります。合併後の会社の名称は、デルタ航空になります。

ノースウエスト航空とデルタ航空の合併により、私たちは、より強靭な航空会社を築き上げ、業界最高のサービスと価値を実現していきます。統合後の会社は、比類ない世界ネットワークを有し、より多くの就航都市とフライトの選択肢、より多彩なマイルのご獲得とご利用方法を提供することができるようになります。

また、ご獲得いただいたワールドパークス・マイルおよびエリート会員資格への影響はございません。さらに、すべてのワールドパークス提携会社ご利用でも引き続きマイルをご獲得いただけます。新デルタ航空のサービス開始の際は、より利便性の高い世界最大のマイレージプログラムをご提供いたしますのでご期待ください。

統合後のデルタ航空は、グローバルな航空会社の中で、最も多くの米国の都市に就航し、最も多くの世界の都市とを結ぶことになります。デルタ航空とノースウエスト航空のハブはともに維持されるのみならず、新たな国際便・国内便の追加によって拡張される予定です。私たちは、日本、アジア、中南米、欧州、インド、中東、アフリカ、および北米の主要ビジネス都市のすべてに向けて、米国からの直行便を提供する唯一の米国航空会社になります。

今回の新しいパートナーシップは、両社それぞれの圧倒的な強みを活かすものとなります。両社のネットワークは相互に補完しあい、単なる路線の合計ではなく、末端から末端までのシステムを形成します。つまり、引き算ではなく足し算の合併であり、ノースウエスト航空およびデルタ航空のハブや就航都市の数が減少することはありません。両社には、日本およびアジアと米国および世界各国の都市を結んできた歴史があり、それが私たちの礎となります。

両社の組み合わせが生み出すプラス効果により、私たちが実現できることは以下のとおりです。

運航スケジュールの選択肢が拡大し、マイレージプログラムのマイルご獲得とご利用の機会がさらに増えます。
現行の就航都市への運航を継続し、アトランタ、シンシナティ、デトロイト、メンフィス、ミネアポリス/セントポール、ニューヨーク、ソルトレークシティ、アムステルダム、東京を引き続きハブとします。
セルフサービスツールの充実、手荷物追跡システムの改善、機内食オプションの拡大、シートおよびキャビンの一新などの新しいプロダクトやサービスにより、お客様にさらに充実した旅の体験をお届けします。
私たちは現在、合併の承認を得るための手続きを行っており、この手続きには6ヶ月から8ヶ月の期間を見込んでいますが、両社の業務は通常通り行われます。両社は今後もそれぞれ独立した航空会社として運営を行い、ノースウエスト航空の従業員は、安全性、信頼性、利便性において最高の空の旅を提供すべく、引き続き尽力して参ります。同時に両社は、貴社に引き続きご愛顧いただけるような多くのメリットを提供できる航空会社を目指し、二つの航空会社のシームレスな統合を計画していきます。

今後の進捗状況につきましては、随時お知らせして参ります。日頃のご愛顧に感謝申し上げるとともに、引き続きノースウエスト航空をご利用いただけますようお願い申し上げます。

ノースウエスト航空会社
太平洋地区 マーケティング開発本部
本部長
トッド A. アンダーソン
0




AutoPage最新お知らせ