2007/5/12  松本紀生アラスカフォトライブ  写真展

クリックすると元のサイズで表示します

5月11日の事ですが池袋で開催された松本紀生さんのアラスカフォトライブにでかけてきました。

アラスカで写真を撮影してその素晴らしさを紹介している方は僕を含めてとても多くの方々がいらっしゃいます。松本さんの事を知ったのはずいぶん前の事ですが、昨日初めて松本さんのフォトライブを観てとても素晴らしくて感動しました。

フォトライブというスタイルで活動をされているのですがどんな風にされるのかとても興味があって関東で開催された昨日のイベントはとても楽しみにしていました。

アラスカを撮影されている写真家はみなさんそれぞれにテーマがあるようで、松本さんは夏の四ヶ月を南東アラスカでザトウクジラを中心にそして冬の四ヶ月はアラスカ山脈の氷河の上にテントを張ってオーロラの撮影をされています。 

最初にフォトライブとは何かという事の説明がありましたが、松本さんは「簡単にいうとスライドイショー」という事ですと説明されていましたが僕にとっては初めて観るアラスカの紹介の仕方でとても感動させられました。

写真のスライドにミュージックとトークを組み合わせたショーでビデオカメラで撮影された動画がたくさんあり、とにかくトークがとても面白くて会場中何度も爆笑の渦が起こってました。

松本紀生オフィシャルサイト
http://www.matsumotonorio.com/

フォトライブ終了後は、沖縄料理?のちゃちい家というお店で仲間と飲み会を楽しみました。

ちゃちい家
http://www.toshima.ne.jp/~next1/chachiiya.html

料理はとても美味しくて満足出来ましたが、お通し代が300円でそのうえサービス料が10%も取られるのには驚いた。
0

2007/5/12  今月中にお願いします。  アラスカ

ショッキングなニュースがアラスカの友達から飛び込んできましたのでお知らせ致します。

現在、アンカレッジの領事館外部採用職員の岩崎久和さんが、18年間誠実に勤めてこられた領事館を日本領事館の領事の不当な行為のため(パワーハラスメント)、追い込まれ先日辞職(解雇)されてしまいました。

その理由が、全く理不尽で不当な領事の行動に抗議しての辞職(解雇)です。
日本から内部調査に来た外務省役人も、身内の保身だけを考えた行動をとっており、虚偽やでっちあげの話をあちこちで吹聴しているらしく、実際にあったことの話をもみ消そうとしています。

僕がアラスカに9年間住んでいた時、生活をして行くうえで様々なハードルにぶつかった時や、ただ寂しいという事だけで日本領事館に問い合わせをしたり、日本領事館に足を運び岩崎久和さんには大変お世話になり元気をもらった事が多くありました。

どんな小さな事でも豊富な知識を活かして親切かつ丁寧な応対をしてくれた岩崎久和さんを助けようという運動がアラスカ在留邦人の有志一同によって行われています。岩崎久和さんの職場復帰の署名運動を行っていて、あったことの事実を外務省には反省してもらい、アンカレッジ領事館が元通りの機能を取り戻してもらえるように運動を開始しています。

外務省から派遣された調査する人間も、外務省役人同士で、事なかれ主義、保身をするだけで、悪いところを切る姿勢が全くない状態のようです。これでは、浄化するどころか、正義の方が切られてしまう状況です。

今のままでは、悪代官が居残り、悪代官が雇う新職員が、事務的処理だけを行う、なんとも殺風景なアンカレッジ領事館になってしまいます。これでは、アラスカ在留邦人やアラスカを訪れる日本人観光客にとっても、大きな問題となるわけです。

私の仲間にもきっとポスポートを紛失した時等に岩崎久和さんのお世話になった方もいらっしゃるのではないでしょうか?

岩崎久和さんを知っている方やお世話になった方は必ず署名をし私の友達の舟津圭三さんにファックスを送って下さい。また岩崎久和さんを知らない方でもアラスカが好きな方や今後アラスカに訪れようと考えている方、またこの問題がおかしいと思われる方達にも是非この署名活動に参加して頂き健全なる領事館に生まれ変わるように協力して下さい。世界各国にある日本領事館は我々が納める税金で運営されています。海外に旅行に行って困ったら相談に行く領事館がしっかりと機能していなければどうでしょうか?旅行者としては不安になるのは目にみえています。

お忙しいと思いますが是非みなさん、ご協力いただければ幸いです。

署名のフォームにサインし私のお友達、舟津圭三氏までファックスにて送信願います。

舟津圭三氏ファックス番号:907−488−8387

岩崎久和さんの再雇用請願署名用紙
http://www.dawgbreeds.com/portals/3/iwasaki/iwasaki_petition_form4.pdf
0




AutoPage最新お知らせ