2013/7/20  6:57

シンポジウム「人工妊娠中絶を取り巻く現状」レポート その2  講演会

さて、ようやく「続き」を書く余裕ができました。
6月9日(日)に行われた、性と健康を考える女性専門家の会主催の総会シンポジウム「人工妊娠中絶を取り巻く現状」レポートその2!
実は、会の公式レポートを書かねばならず、テープ起こしをしたりしてじっくり書いておりました。昨日ようやく公式レポート(「性と健康を考える女性専門家の会」会員向けニュースレターに掲載)の校正が終わり、ようやくこっちに書き込めます。

今回のシンポジウムのプログラム
今回のプログラムのうち、
2.女性の人権と選択−中絶技術の観点から
    金沢大学 非常勤講師 塚原久美先生
3.避妊・人工妊娠中絶の最新情報
  ・経口妊娠中絶薬の動向  
     米国アクアイナス大学 松本佳代子先生
は内容がかなり重なるので、まとめてレポートします。

2011年の日本での人工妊娠中絶件数は20万2106件。
そのうち妊娠7週以前が55%、8〜11週が39%と、94%が初期(12週未満)に行われています。
12週以上になると子宮口を開き陣痛を付けて出産させるの方法を取り、「火葬届」が必要になります。ちなみに12週の胎児頭殿長は5pくらいになっています。
(イラストは、「日本産婦人科医会 性教育指導用スライド」より)

クリックすると元のサイズで表示します

塚原先生の調査(2010年)によると、
日本で行われた早期中絶325例のうち
 掻把のみ(D&C;子宮頸管開大+掻把);36.9%
 掻把+吸引;50.8%
 吸引のみ(VA);11.1%
と、掻把(D&C)が9割近くでおこなわれています。
私自身も中絶の方法としては、D&Cしか教えてもらっていません。
(現在は中絶手術をおこなっていませんが。)

実は、WHOが推奨する中絶方法は、この日本の現状と全く違う、ということをご存じでしょうか?
WHOが2003年に発行し「Safe abortion」の初版では、12週までの妊娠中絶の方法として、
VA(吸引法)とMA(ミフェプリストン(RU486;抗黄体ホルモン薬)+ミソプロストール(子宮収縮薬);いわゆる経口妊娠中絶薬)を推奨しており、
D&Cのことを「他の安全な方法を使えない場合の代替策」としているのです。
さらに、2012年の第2版では、D&Cのことを「obsolete(時代遅れの)外科的手法であり、VAまたはMAに置き換えるべき」としているんですよ!
恥ずかしながら、昨年塚原先生たちの論文が報道されるまで私も知らなかったし、他の多くの産婦人科医も知らない人が多いのでは?

実際、日本産婦人科学会誌の「医療安全対策シリーズ 術中合併症への対応 中絶によるトラブル(2009年9月)」の記載によると、
産婦人科医療事故(1983年〜2002年)の7.9%がD&C(子宮頸管拡張・内膜掻把)によるもので、
そのうち40.6%が子宮穿孔、10.5%が麻酔によるものと報告されています。

経口妊娠中絶薬で中絶が無事に終了できれば、麻酔の必要はないし、もちろん、子宮の中に器具をいれて「掻き出したり、吸引したり」という処置が必要ありませんので、上記の子宮穿孔と麻酔事故は避けられることになりますね。

いったんここで。また続きます。
1

2011/2/27  9:28

これから葛飾区で講演!  講演会

今日は東京マラソンですね。いい天気でよかったですね…かえって暑くて大変かな?

さて、私はこれから葛飾区で講演。
前にもこのblogでご案内した「働く女性の産みドキ」についてお話ししてきます。

送ってもらう車の真正面にすっかり大きくなったスカイツリー!@墨田区・本所吾妻橋。
これ以上近づくと、かえって全体像が見えなくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/2/26  12:40

メルマガ配信、始まります!  講演会

3月からメルマガ配信が始まります!

・・・といっても、クリニックのメルマガではありません。

低用量ピルのトリキュラーやヤーズ、子宮内避妊システムのミレーナ、
更年期のホルモン補充療法の薬であるジュリナやウェルナラなど、
いつも大変お世話になっているバイエル薬品さんの情報サイト
femalelife.jpの、
会員向けメルマガを3月から執筆することになりました。
来年4月まで、13回の予定で、女性の健康について書いていきます。

すでに先週原稿を提出し、現在、3月1日の第1回配信を待つのみ。
ちょっとドキドキです。

もしよろしければ、会員登録後、メルマガ配信登録してみてくださいね〜!

・・・このブログ読者には、ネタが色々かぶってしまうこともあるかも知れませんが、
その折は、どうかお許しを!(笑)
0

2011/2/7  13:22

「働く女性の産みドキについて」葛飾区で講演します。  講演会

講演会のご案内です。

2月27日(日)、葛飾区男女平等推進センター(葛飾区立石;ウィメンズパル内)にて、
講演会をさせていただくことになりました。

葛飾区では、昨年1月末にも、同じ場所で更年期の講演をさせていただいたんですよね。
この日のブログにも書いてあります。・・・父の状態が急に悪くなり、大変だった頃ですね(汗)。


で、今回のタイトルは、
からだ健康講座「働く女性の産みドキについて話しましょう。」

対象者は、葛飾区に在住・在勤・在学の女性。
費用は無料ですが、事前申し込み制です。
(託児もあるみたいですよ。)

前・後編2回の講座で、
前編は2月27日(日)私がお話させていただく「からだ編」
そして後編は3月12日(土)、社会保険労務士の今井久子さんによる「キャリア編」です。

なかなか聴けない話だと思うので、私も後編、聴きにいきたいな〜。

詳しくは、葛飾区のHP
http://www.city.katsushika.lg.jp/event/231/023152.html
をご覧ください。

葛飾区のみなさん! お会いできるのを楽しみにしています!
0

2010/10/19  16:54

子宮頚がん啓発ウォーク@11月23日  講演会

10月に入って、今年も乳がん啓発月間、ピンクリボンのキャンペーンが行われていますね。

婦人科の分野では、子宮頚がん啓発がかなりホットな話題なのですが、
なかなかピンクリボンのように知名度が上がらないのが残念なところ。
そんな中、子宮頚がん予防(HPV)ワクチンが発売になったこともあって、
今年は、「子宮頚がん啓発元年」と言われているんですよ。

で、ピンクリボンに負けるな!と、
11月23日(火・祝)に、代々木で
子宮頚がん啓発ウォーク
というイベントが初めて開催されます!

代々木(というより、新宿西口)の文化女子大をスタート・ゴールに、
6kmと10kmの2つのコースを歩こう!というイベント。
ピンクリボン・ウォーク」の「二番煎じ」な感じが否めないのが残念なところですが、
主催が「日本ウォーキング協会」さん。
ピンクリボンの方は、以前イーク丸の内でご一緒させていただいた島田奈穂子先生がおられる「乳房健康研究会」さんが主催なので、
医療の団体でないところが主催していただけた、という意味では画期的ではないかと思います。

詳細は、こちらのページへ!

その、イベント案内のページ、ご覧になられましたか?
実は私、そのイベントの中で、「子宮頚がん相談コーナー」を担当します。

このイベントの後援団体のうち、
(社)日本産婦人科医会(会員)
子宮頸がん征圧をめざす専門家会議(委員)
性と健康を考える女性専門家の会(運営委員)
・(NPO)子宮頸がんを考える市民の会(理事)
には、()内の形で私も関わっているので、お引き受けするしかないですよね?

私もあんこさんを連れて歩きたかったけど・・・無理かな?
(相談開始までに戻ってこれなかったら、しゃれにならない??)

ところで・・・。
子宮頚がん啓発ウォークのサイト、「子宮頚がんとは」のページのさらに先、
もっと詳しく知りたい方へ」のページを開いてびっくり。

東大医科学研究所病院の湯地晃一郎先生・・・高校の同級生です。
あ〜びっくりした。
内科医なのですが、HPVワクチンの論文、書いているのね。
しかも、超一流医学雑誌「Lancet」に掲載!
すごすぎ〜!さすが、「湯地先生」!
(高校生の時から賢すぎて、クラスメートも「湯地先生」と呼んでいた。)
やっぱり、同級生の活躍は、うれしいものですね。



4

2010/8/31  12:56

「講演と映画のつどい」9月11日(土)@日本橋小学校  講演会

9月11日(土)、クリニックのすぐ近く、中央区立日本橋社会教育会館ホール(日本橋小学校の中)にて、
中央区立女性センター21主催の「講演と映画のつどい」が開催されます。

まず、(株)朝日エルの岡山慶子さんの講演。
朝日エルは、「性と健康を考える女性専門家の会」や、「子宮頚がん制圧を目指す専門家会議」などの事務局をしていただいている会社で、私もいつもお世話になっています。
岡山さんも、とても素敵な、凛とした方で、沢山の社員さんを束ねていらっしゃってすごいな〜と思っています。
なかなかゆっくりお話をうかがう機会がないので、私も講演会聞きたかった!

そして、神戸にある「楽団あぶあぶあ」のドキュメンタリー映画「あぶあぶあの奇跡」の上映。

先日も、24時間テレビで、ダウン症のグループとAKB48がダンスパフォーマンスを披露するという企画がありましたが、こちらが元祖、先駆け的な存在だそうです。

私も是非、行きたかったのですが、土曜日の午後1時〜4時ということで、
外来と重なってしまい難しそうです(泣)。

お近くの方、是非! 
もっと早く取り上げればよかったのですが、申込は今日までだとか・・・。
(多分、まだ時間があるので、融通はきくと思いますが。)

チラシと申込用紙は、ダウンロードしてくださいね!
20100911.pdf
0

2010/7/11  22:12

お土産のプーさんが…。  講演会

7月10日土曜日は、外来が終わった後、
「全損保 女性のつどい」で講演をさせていただきました。

15時からの講演だったので、14時にはクリニックを出られるように
予約を絞っていたのですが、
土曜日の外来はけっこう混み合うようになってきて、
さらに予想外に時間がかかる方が続いたため、
予約制にもかかわらず、お待たせしてしまった方が多く、申し訳ありませんでした!

そんな感じで、最後の患者さんの診察が終わったのが14時半・・・。
カルテなどの処理が終わり、患者さんを見送り、
焦って準備をしてクリニックを出たのが14時45分!
結局、15時10分からの講演開始になってしまいました。
関係者、参加者の方々、本当に申し訳ありませんでした!!

到着してすぐに講演をスタートするのは、本当にヒヤヒヤもの。
何しろ、空気が読めない。どんな雰囲気なのか・・・。

今回呼んでいただいた「女性のつどい」は、
損害保険会社で働く皆さんの労組の主催で、
朝からバザーなど、いろいろなレクレーションをされていたようです。
結構、みなさん盛り上がっている中・・・という空気だけを感じながら、
手探りで講演スタート!
そんな私の話を皆さん熱心に聴いてくださり、本当に感謝!でした。

私の話の後には、リコーダーアンサンブルの演奏もあり、すっかり癒され、
最後には懇親会にも入れていただいて、
皆さんといろいろとお話させていただいて、とても楽しいひとときでした。

その中でも、「やっぱり働く女性は大変なんだ!」という切実な話を
たくさん聞かせていただき、
「やっぱり、困る前に婦人科に来てもらうようにしなきゃ!」
と、ますます、やる気が沸いてきました!

懇親会では、バザー品の販売も続いており、
私もあんこさんへのお土産に、ぷーさんのぬいぐるみを買わせていただきました。

「プーさん、こんにちは。」
クリックすると元のサイズで表示します

「お母さん、プーさんと遊んでもいいですか?」
クリックすると元のサイズで表示します

はいはいどうぞ!と、言うや否や、さっそく、夢中で遊びだした!
クリックすると元のサイズで表示します

「え?なにか?」
クリックすると元のサイズで表示します

そして、プーさんは無残な姿に。。。

驚いたのは、このぬいぐるみが「プーさん」という名前だということは、
ほんの1時間もしないうちに覚えてしまったこと。

「プーさんは?」と聞くと、尻尾を振って取りにいくんです。

一晩空けて、今朝、「もう忘れてるかな?」と思って、
「あんちゃん、あれ?プーさんは?」
って聞いたら、やっぱり尻尾ふりふり、咥えてとりにいきます。

あんちゃん、ホントに面白いね〜!
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ