2017/5/8  11:09

2017年度中央区子宮がん検診始まりました!  婦人科検診

ゴールデンウイークも終わりましたね。
当院でも4月29日から9連休をいただき、すっかりリフレッシュ致しました。

さて、今年も5月1日から中央区子宮がん検診が始まっています。

受診券に記載されている期限は「平成29年12月28日(木)まで」となっていますが、
今年度も例年通り平成30年3月10日(土)まで受けられるそうです。

対象者は(平成30年3月31日時点の年齢)
・20歳以上で偶数歳の女性区民
・21歳以上で前年度受診していない奇数歳の女性区民
※20歳以上78歳以下の偶数歳の対象者には、4月下旬に受診券を送付されています。

・昨年受診しそびれた奇数年齢の方
・80歳以上の方
・年度途中で転入された方
・届いた受診券を紛失された方
は、中央区(福祉保健部保健係)に直接問い合わせをして
受診券を取り寄せていただくことができます。
なお、ご本人からのご依頼があれば当院からも手続きが可能ですので、
ご遠慮なくお申し付けください。

料金は無料です。(子宮頸がん検診のみ)

※頸がん検診受診者で、医師が必要と認めた方(不正出血などの症状がある場合)は、
 無料で子宮体がん検診も追加が可能です。

詳細は、中央区のHPでご確認ください。

当院でももちろんお受けいただけますが、当院は完全予約制で診療を行っており、
中央区子宮がん検診を当院でお受けいただく場合もご予約が必要です。

<当院に通院中の方>
インターネットの「再診予約」から、
「再診+内診あり」の枠でご希望のお時間にご予約をお取りください。
※インターネット予約の案内を受けていない方は、
 診療時間内にお電話でご予約をお取りください。

<当院を受診されたことのない方、かなり久しぶり(1年以上)の受診になる方>
まず、初診予約専用メールフォームをご利用いただき、
「婦人科検診希望(症状なし)」を選択、
要望欄に「中央区子宮がん検診希望」とご記載の上、ご送信ください。

なお、中央区子宮がん検診以外に、何かご相談されたい症状がある場合には、
通常の「初診」として診察時間を確保いたしますので、
必ず、相談内容を選択し、要望事項にご記載ください。

まずは区の検診のみお受けいただき、
2〜3週間後に改めて検診結果説明と同時に初診としてご来院いただくことも可能です。

※お願い
1)土曜日は再診の方で大変混み合いますので、
 「当院に受診されたことのない方で中央区検診のみ」という方の事前予約はご遠慮いただいております。
 まずはメールフォームでお名前、連絡先等の情報と要望欄に受診希望日をお書きいただき、
 当日(土曜日)朝にお電話いたけますでしょうか。
 予約に空きがあれば、来院いただくお時間を調整させていただきます。
 (結構、お受けいただける日もあるんですよ!)

2)「中央区子宮がん検診のみ」でご予約いただいた場合、
  当日は検診以外のご相談には対応いたしかねますので、ご了承ください。
 (取り急ぎ検診のみ受け、改めて受診予約をお取りいただくことをお願いしています。)

【所要時間について】
「中央区子宮がん検診のみ」でご来院いただく場合も、
受付からクリニックを出られるまで30分程度のお時間をいただきます。
<内訳>
 受付(問診票記載、カルテ作成(5分程度)
 問診・検査内容(オプションでお勧めする検査も含む)の説明、確認など(10分程度)
 内診室で医師による検査(5分程度)
 会計(オプションのある人)、検査結果受け取り方法の説明など(5分程度)

※オプション検査(自費)として、区の子宮がん検診と同時に
 経膣超音波検査、HPV検査(子宮頸がんの原因ウイルス)、
 性感染症検査(淋菌・クラミジア)をお受けいただけます。
 (症状がある場合には保険診療の適応になることもあるので、
  必ずご予約の時点で症状をお知らせください)

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


それから・・・
こちらも中央区の助成で無料で受けられる風疹抗体検査やワクチンの接種はお済みですか?

せっかく医療機関を受診されるのですから、一緒にお受けになってはいかがでしょうか?

子宮がん検診の日に一緒に採血で風疹抗体検査を受け、
後日結果を聞きに来ていただき、必要ならワクチン接種をする、
というのがスムースな流れです。
(事前に保健所で受診票の発行を受けておいていただくと助かります)

詳細はこちらをご覧ください。


0

2015/4/15  13:29

【平成27年度版】東京23区の子宮頸がん検診受診要綱一覧  婦人科検診

ついでなので、今年もまとめてみました。

東京都23区の子宮頸がん検診実施要項!

毎年同じことを書いて、恐縮ですが・・・

子宮がん検診を受けるには、
・住民票がある自治体で受ける
・職場(または夫の職場)の健保組合の検診で受ける
・かかりつけ医で自費で受ける
という、3つの方法があります。
あなたにとって受けやすい方法で、確実に検診を受けましょう!
※不正出血などの症状がある場合には、保険診療で行うこともありますが、症状があってから受けるのでは遅い(進行がんのサインである場合がある)のです。

子宮頸がんは性交(や、それに類する行為)で感染するHPVが原因です。
性交経験のある女性の誰もがかかる可能性があるものです。
HPVに感染しただけでは症状がなく、
出血が「がん」を発症したサインであることも多いので、
不正出血などの症状がないうちに検診で見つけることが大切です!
子宮頸がんは「がんになる前に見つけられる数少ないがん」。
検診を受けないなんてもったいないですよ!!

子宮がん検診は、どの部位のがん検診より有用性が確立されたがん検診なのですから!

特に自治体の検診は最も受けやすい検診であるべきものです。
でも、ご覧のとおり、自治体ごとにバラバラ・・・。
(国からは「20歳以上の人に少なくとも2年に1回は受ける機会を与えるように」という指示がでているのみ。そこから、各自治体で予算をつけて、方法を考えて行っているものです。)
23区内でも、中央区などのように無料で受けられる(しかも対象者に案内の受診券が届く)ところから、2000円費用がかかり、しかも自分で申込みしないといけない区まで、本当にバラバラ。

今、統一地方選真っ最中(前半は終わりましたね)ですが、住民から「自分たちの受けたい、受けやすいがん検診」について声を上げていく、その声を拾ってくれる議員さんを選ぶのって、本当に大切ですよね。

東京23区はすべてここに貼り付けましたが、
その他の自治体にお住いの方は、市町村のHPのトップページのだいたい右上に「検索」があるので、「子宮がん検診」と入力するか、
GoogleやYahoo!などの検索サイトで「●●市 子宮がん検診」で検索をかけるとだいたいの情報が得られますよ!


足立区
http://www.city.adachi.tokyo.jp/esekanri/fukushi-kenko/kenko/25kenkou3.html#sikyuu
荒川区
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kenko/hokeneisei/seijinkenshin/shikyuukeigankenshin.html
板橋区
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/013/013208.html
江戸川区
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kenko/kenko/iryo/kenshin/kenshin/gan.html
大田区
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/seikatsusyukanbyo/gan.html
葛飾区
http://www.city.katsushika.lg.jp/20/77/013801.html
北区
http://www.city.kita.tokyo.jp/ikigai/kenko/kenko/gan/gan/shikyu.html
江東区
https://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/hoken/6855/20622.html
品川区
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000013400/hpg000013364.htm
渋谷区
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/fukushi/health/health/kenshin_can.html
新宿区
http://www.city.shinjuku.lg.jp/fukushi/file02_01_00038.html
杉並区
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/guide/guide.asp?n1=70&n2=600&n3=100
墨田区
http://www.city.sumida.lg.jp/hokenzyo/kenshin/gankenshin/cancer_shikyu-nyu.html
世田谷区
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/625/d00011762.html
台東区  
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kenko/gankensin/shikyukeigankenshin.html
千代田区  
http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/kenko/kenkoshinsa/shikyu.html
中央区
http://www.city.chuo.lg.jp/kenko/kenko/kenkougansika/kenkosinsagankensin/sikyu2013.html
豊島区
http://www.city.toshima.lg.jp/209/kenko/kenko/shinsa/gan/009200.html
中野区
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d001777.html
練馬区
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/hoken/kenkoshinsa/gankenshin/shikyugan.html
文京区  
http://www.city.bunkyo.lg.jp/_8052.html
港区
http://www.city.minato.tokyo.jp/kenkouzukuri/kenko/kenko/shinsa/gan/annai.html
目黒区
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/shikyugan.html

※荒川区、江東区、品川区、新宿区、目黒区はまだ更新されていませんので、クリックすると昨年度の情報が表示されます。(4月15日現在)
0

2014/4/29  23:40

東京23区の2014年度版 子宮頸がん検診受診要綱一覧   婦人科検診

そして、今年もまとめてみました。
東京都23区の子宮頸がん検診実施要項!

いや〜。また今年もバラバラですねぇ〜。

足立区は、昨年同様、ハガキで申し込んで2000円支払い要。
新宿区も2000円ですね。
北区!6月〜7月しか受けられない?
江戸川区は、2年に1回、いつでも実施医療機関に行けば無料で受けられるという意味でとても素晴らしいのですが、問題は「あなたは対象ですよ」という通知がないこと。
せっかく機会があっても、知らなきゃ受けられませんよね。

私は、そういう意味では中央区、素晴らしいと思います。

昨年も書きましたが住民から「自分たちの受けたい、受けやすいがん検診」について声を上げていくのって、本当に大切です。
子宮がん検診は、どの部位のがん検診より有用性が確立されたがん検診なのですから!

ちなみに、子宮がん検診を受けるには、
・住民票がある自治体で受ける
・職場の健保組合の検診で受ける
・かかりつけ医で自費で受ける
という、3つの方法があります。
あなたにとって受けやすい方法で、確実に検診を受けましょう!

※不正出血などの症状がある場合には、保険診療で行うこともあります。

子宮頸がんは性交(や、それに類する行為)で感染するHPVが原因です。
性交経験のある女性の誰もがかかる可能性があるものです。
HPVに感染しただけでは症状がなく、
出血が「がん」を発症したサインであることも多いので、
不正出血などの症状がないうちに検診で見つけることが大切です!
子宮頸がんは「がんになる前に見つけられる数少ないがん」。
検診を受けないなんてもったいないですよ!!


足立区
http://www.city.adachi.tokyo.jp/hoken/fukushi-kenko/kenko/25kenkou3.html
荒川区
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/hokeneisei/seijinkenshin/shikyuukeigankenshin.html
板橋区
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/013/013208.html
江戸川区
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/chiikijoho/kohoedogawa/h22/220320/220320_45.html
大田区
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/seikatsusyukanbyo/gan.html
葛飾区
http://www.city.katsushika.lg.jp/20/77/008802.html
北区
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/service/176/017622.htm
江東区
http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/hoken/6855/20622.html
品川区
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000013400/hpg000013364.htm
渋谷区
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/fukushi/health/health/kenshin_can.html
新宿区
http://www.city.shinjuku.lg.jp/fukushi/file02_01_00038.html
杉並区
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/guide/guide.asp?n1=70&n2=600&n3=100
墨田区
http://www.city.sumida.lg.jp/hokenzyo/kenshin/gankenshin/cancer_shikyu-nyu.html
世田谷区
http://www.setagaya-call.jp/faq2/userqa.do?user=setagaya&faq=faq_main&id=13001539&parent=13005003
台東区  
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kenko/gankensin/shikyukeigankenshin.html
千代田区  
http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/kenko/kenkoshinsa/shikyu.html
中央区
http://www.city.chuo.lg.jp/kenko/kenko/kenkougansika/kenkosinsagankensin/sikyu2013.html
豊島区
http://www.city.toshima.lg.jp/kenko/kenkoshinsa/9199/009200.html
中野区
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d001777.html
練馬区
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/hoken/kenkoshinsa/gankenshin/shikyugan.html
文京区  
http://www.city.bunkyo.lg.jp/_8052.html
港区
http://www.city.minato.tokyo.jp/kenkouzukuri/kenko/kenko/shinsa/gan/kenshin.html
目黒区
https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/shikyugan.html


※荒川区、江東区、世田谷区、台東区、目黒区はまだ更新されていませんので、クリックすると昨年度の情報が表示されます。(4月29日現在)
2

2014/4/29  23:24

平成26年度 中央区子宮がん検診、始まります!  婦人科検診

今年も、5月1日から中央区子宮がん検診が始まります。

詳細は、中央区HPに記載してある通りです。
※2014年5月1日(木)から12月27日(土)までが受診期間となっていますが、
 2015年3月10日まで受診可能です。

検診の対象となるのは、例年と同様、20歳以上で、
今年度(2015年3月末まで)に偶数年齢になる方が対象です。
対象者には、すでに中央区から受診券が届いていると思います。

また、今年は対象でない方でも、昨年受けていない方(昨年中に中央区に転入された方も含む)も申し込みすれば受診可能です。
(受診券を紛失した方も、再発行が可能です。)

受診券発行の申請、再発行手続きは、中央区へ直接お問い合わせくださってもいいですが、
当院からもご本人からのご依頼があれば手続きが可能ですので、ご遠慮なくお申し付けください。

中央区子宮がん検診を当院でお受けいただく場合、ご予約が必要です。

<当院に受診されたことのある方>
インターネットの「再診予約」から、
「再診+内診あり」の枠でご希望のお時間にご予約をお取りください。
※インターネット予約の案内をされていない方は、診療時間内にお電話でご予約をお取りください。

<当院をこれまで受診されたことのない方>
当院診療時間内にお電話をいただくか、
初診予約専用メールフォームをご利用いただき、
「婦人科検診希望(症状なし)」を選択、要望欄に「中央区子宮がん検診希望」とご記載の上、ご送信ください。
なお、中央区子宮がん検診以外に、何かご相談されたい症状がある場合には、
通常の「初診」として診察時間を確保いたしますので、必ず予約時にお伝えください。
まずは区の検診のみお受けいただき、2〜3週間後に改めて検診結果説明と同時に初診としてご来院いただくことも可能です。

※お願い
1)土曜日は再診の方で大変混み合いますので、
「当院に受診されたことのない方で中央区検診のみ」という方の事前予約はご遠慮いただいております。
当日朝にお電話いただき、予約に空きがあれば、お受けいただける場合がありますので、土曜日ご希望の方は当日朝にお電話をいただきますよう、お願いします

2)初診の方も、再診の方も、「中央区子宮がん検診のみ」でご予約いただいた場合は、当日は検診以外のご相談には対応いたしかねますので、ご了承ください。
(取り急ぎ検診のみ受け、改めて受診予約をお取りいただくことをお願いしています。)

【所要時間について】
「中央区子宮がん検診のみ」でご来院いただく場合も、
受付からクリニックを出られるまで20〜30分程度のお時間をいただきます。
<内訳>
 受付(問診票記載、カルテ作成(5分程度)
 看護師から問診・検査内容(オプション検査希望)の確認など(5〜10分程度)
 内診室で医師の診察(5分程度)
 会計(オプションのある人)、検査結果受け取り方法の説明など(5分程度)

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


なお、国の予算による「女性特有のがん検診クーポン」は、
今年4月1日時点で20歳の方のみが対象です。
対象者には、改めて受診券が届き次第受診可能となります。
受診券が届くのをお待ちください。
2

2013/6/9  23:15

東京23区の子宮頸がん検診受診要綱一覧  婦人科検診

まとめてみました。
23区に住民票がある方、ご自身がお住まいの区の検診についてチェックしてみてください。

毎年、このページを印刷・ファイルして診察室に置いており、
「できるだけ安く受けたい」という方には、「じゃあ、自治体で受けてきてね」って、
コピーをお渡ししているのですが、
こうしてブログにまとめておけば、いちいち検索かけずに済むなあ〜と思っただけなんですけど。

よく見ていたら、面白いんですよ。
自己負担金は、無料から、最高2000円(足立区) 
面白いのは、板橋区。自己負担は無料なのですが、
 <参考> 一人当たりにかかる検診経費 7675円  と、わざわざ明記!

※ちなみに、四季レディースクリニックかかりつけの方が、頸がん検診だけ自費で受けたい、と言われる場合、3500円(税込3625円)とかなり安めに設定しているんですよ。どうしても頸がん検診は受けていただきたいので、儲け度外視です。

去年は無料だったはずなのに、今年から自己負担金が発生するようになったところもちらほら。

受診申し込み方法も、
・2年に1回、対象者に自動的に受診券が配布されるところ(中央区など)
・2年に1回、受診券も申し込み不要で指定医療機関を受診すれば受けられるところ(江戸川区)
などありますが、
もっともユニーク(?)なのは荒川区!何がユニークかって・・・まあ、開いてみてください。
申し込んで「抽選」って?!

同じ子宮頸がん検診でこんなに違うものか?と愕然とすると思います。
お住まいの自治体の体制が「よそと比べていまいちだな?」と思ったら、
自治体にその声を届けるってすごく大切なことだと思いますよ。

子宮がん検診情報ページ一覧

足立区
http://www.city.adachi.tokyo.jp/hoken/fukushi-kenko/kenko/25kenkou3.html
荒川区
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kurashi/hokeneisei/seijinkenshin/shikyuukeigankenshin.html
板橋区
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/013/013208.html
江戸川区
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kurashi/kenko/iryo/kenshin/kenshin/gan/
大田区
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/kenkou/gan.html
葛飾区
http://www.city.katsushika.lg.jp/20/77/008802.html
北区
http://www.city.kita.tokyo.jp/docs/service/176/017622.htm
江東区
http://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/hoken/6855/20622.html
品川区
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000013400/hpg000013364.htm
渋谷区
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/fukushi/health/health/sikyu_can.html
新宿区
http://www.city.shinjuku.lg.jp/fukushi/file02_01_00038.html
杉並区
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/guide/guide.asp?n1=70&n2=600&n3=100
墨田区
http://www.city.sumida.lg.jp/hokenzyo/kenshin/gankenshin/cancer_shikyu-nyu.html
世田谷区
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/625/d00011762.html
台東区  
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kenko/gankensin/shikyukeigankenshin.html
千代田区  
http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/kenko/kenkoshinsa/shikyu.html
中央区
https://www.city.chuo.lg.jp/kurasi/kenko/kenkozosinsoudan/kuminkenkosinsa/sikyugankensa/index.html
豊島区
http://www.city.toshima.lg.jp/kenko/kenkoshinsa/9199/009200.html
中野区
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/403000/d001777.html
練馬区
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/hoken/kenkoshinsa/gankenshin/shikyugan.html
文京区  
http://www.city.bunkyo.lg.jp/_8052.html
港区
http://www.city.minato.tokyo.jp/chiikihoken/kenko/kenko/kenkozukuri/documents/sikyugan_leaflet.pdf#search='%E6%B8%AF%E5%8C%BA+%E5%AD%90%E5%AE%AE%E3%81%8C%E3%82%93%E6%A4%9C%E8%A8%BA'
目黒区
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/shikyugan/

1

2013/5/1  9:00

2013年度中央区子宮がん検診スタート!  婦人科検診

今年も、本日5月1日から中央区子宮がん検診が始まりました!

詳細は、中央区HPに記載してある通りです。
※2013年5月1日(水)から12月28日(土)までが受診期間となっていますが、
 2014年3月10日まで受診可能です。

検診の対象となるのは、例年と同様、20歳以上で、
今年度(2014年3月末まで)に偶数年齢になる方が対象です。
対象者には、すでに中央区から受診券が届いていると思います。
また、今年は対象でない方でも、昨年受けていない方(昨年中に中央区に転入された方も含む)も申し込みすれば受診可能です。
(受診券を紛失した方も、再発行が可能です。)

受診券発行の申請、再発行手続きは、中央区へ直接お問い合わせくださってもいいですが、
当院からもご本人からのご依頼があれば手続きが可能ですので、ご遠慮なくお申し付けください。

中央区子宮がん検診を当院でお受けいただく場合、ご予約が必要です。

<当院に受診されたことのある方>
インターネットの「再診予約」から、
「再診+内診あり」の枠でご希望のお時間にご予約をお取りください。
※インターネット予約の案内をされていない方は、診療時間内にお電話でご予約をお取りください。

<当院をこれまで受診されたことのない方>
当院診療時間内にお電話をいただくか、
初診予約専用メールフォームをご利用いただき、
「婦人科検診希望(症状なし)」を選択、要望欄に「中央区子宮がん検診希望」とご記載の上、ご送信ください。
なお、中央区子宮がん検診以外に、何かご相談されたい症状がある場合には、
通常の「初診」として診察時間を確保いたしますので、必ず予約時にお伝えください。

※土曜日は再診の方で大変混み合いますので、
「当院に受診されたことのない方で中央区検診のみ」という方の事前予約はご遠慮いただいております。当日朝にお電話いただき、予約に空きがあれば、お受けいただける場合がありますので、土曜日ご希望の方は当日朝にお電話をいただきますよう、お願いします。


初診の方も、再診の方も、「中央区子宮がん検診のみ」でご予約いただいた場合は、
検診以外のご相談には対応いたしかねますので、ご了承ください。
(取り急ぎ検診のみ受け、改めて受診予約をお取りいただくことをお願いしています。)

なお、「中央区子宮がん検診のみ」の場合も、
受付からクリニックを出られるまで20〜30分程度のお時間をいただきます。
【内訳】 
 受付(問診票記載、カルテ作成(5分程度)
 看護師から問診・検査内容(オプション検査希望)の確認など(5〜10分程度)
 内診室で医師の診察(5分程度)
 会計(オプションのある人)、検査結果受け取り方法の説明など(5分程度)

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


なお、国の予算による「女性特有のがん検診クーポン」は、
今年4月1日時点で20歳、25歳、30歳、35歳、40歳の方が対象です。
25歳、35歳の方は上記の区の検診で行いますが、
20歳、30歳、40歳の対象者には、6月末までに受診券が届き、7月から受診可能となります。
受診券が届くのをお待ちください。

0

2012/9/30  22:59

ピンクリボンウォーク in すみだ  婦人科検診

明日から10月!ピンクリボン月間ですね。
今日、9月30日(日)それを先取りして、錦糸町の錦糸公園にて、
「ピンクリボンウォーク in すみだ」が開催されました。

主催は、認定NPO法人「乳房健康研究会」。
以前、イーク丸の内勤務の際に大変お世話になった島田菜穂子先生がずっと旗振り役として頑張ってこられた会です。

今回のイベントは、私も委員として参加させていただいている
「子宮頸がん制圧を目指す専門家会議」が協賛しており、「子宮頸がんは検診とワクチンでほぼ完全に予防できる」という話を
乳房健康研究会の会員でもある、産婦人科医の大先輩、野末悦子先生と一緒に語る、というトークショーに参加させていただきました。
クリックすると元のサイズで表示します


あいにくの台風接近で、スケジュールがかなり短縮され、
メインイベントである錦糸公園からスカイツリーを目指して歩くピンクリボンウォークは中止、
トークイベントも、乳がん体験者である林家一門のおかみさん、海老名香代子さんを囲んでの乳がんについてのものと、子宮がんについてのものを一緒に行われました。
79歳の海老名さんと、80歳の野末先生の前向きなお元気さに、
非常に勇気づけられたというか、私もああして年を重ねていきたいな〜と、
私自身も元気をいただいて帰ってきました。

台風がくるなんて信じらない青空とかんかん照りの太陽の下、
見に来てくれた「ピンクリボンあんこさん」も暑そうでした!
クリックすると元のサイズで表示します

みなさん!子宮がんも乳がんも、検診が大切!
何も症状がない間に、定期的に検診を受けましょうね!
子宮頸がんは、HPVワクチンも効果的ですよ!!
特に自治体からの受診券(検診、ワクチン)が届いている方!せっかくの機会を逃さないでくださいね。
1



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ