2017/4/9  22:43

おかげさまで7周年!  四季レディースクリニック

2017年4月9日「子宮の日」。

東京は桜満開!なのに、雨で残念な日曜日になりましたね。

本日、四季レディースクリニックは、おかげさまで満7周年を迎えました。

気が付くと7年って、結構な年数で。
開院の時、ギリギリ30代だった私の年齢は、信じがたいごとに見事な「アラフィフ」!
そろそろ更年期に差し掛かってきましたねぇ(^_^;)。

先日、ちょうどカルテ番号が3600番を超えました。
いつもここにも書かせていただいているように、
特に初診の患者さんにはゆっくり時間をかけて拝見しているので、
患者さんの数は他の医療機関より圧倒的に少ないと思います。
それでも、毎週3〜5人程度の初診の方との出会いがあります。

ゆっくり時間をかけて話を伺い、説明をし、
ご自身で納得して治療を選んだ方の多くが、
自分の体を自分で守ることの重要性を感じて、
定期的に通院されるようになっています。

婦人科は「困ったときに慌てて駆け込む場所」ではなく、
日頃から検診を受け、
ちょっとした変化があるときに信頼して相談できるかかりつけ医を持つことが大切。

実は、そんな診療方針でクリニックが成り立つのか、
私が一番不安だったのですが、
この7年、淡々と通院してくださる患者さんたちのおかげで、
自信、確信を持てるようになりました。

初めて当院に来られたときには学生だった方が就職されたり、
お母さんになられたり、
それで生まれたお子さんが、診察につきそって来られるたびに大きく成長されてたり、
月経痛に悩んでいた方が、私と同じく更年期にさしかかったり。
こうして患者さんと一緒に年齢を重ねていくのは、何よりの喜びだと感じています。

スタッフも若い女性ばかりで、結婚、妊娠など、人生の変化もある時期に当たり、
マンパワー不足にも陥り、電話に十分対応できなかったり、
患者さんを拝見できる数が余計に限られたりしたので、
ご理解・ご協力をお願いすることも多かったと思います。

また、少ない人数のなか頑張ってくれたスタッフにも感謝、感謝です。

不思議なことに、この7周年を迎える春になって急に、
これまで1年以上ピタリと止まっていた求人への応募が数件続き、
おかげさまで素晴らしいご縁にも恵まれ、
今月、来月には2名の新しいスタッフが仲間に加わってくださることになりました。
(入れ替わりで、来月には1名産休に入りますが。)

新しいスタッフが「戦力」として、一人前に仕事ができるようになるには、
しばらく時間がかかるかもしれませんが、
これまで培ってきた「四季レディースクリニック・イズム」を共有できる
スタッフに育ててまいりますので、温かい目で見守っていただけますと幸いです。

8年目も、一生懸命、当院のミッションを果たしていくために努力を重ねてまいります。

これからもどうぞよろしくお願いします。


2017年4月9日 院長 江夏亜希子

14

2017/1/19  11:20

スタッフ募集!四季レディースクリニックで一緒に働きませんか?  四季レディースクリニック

※2017年4月9日 求人は一時休止いたします。
 沢山のご応募、ありがとうございました。


四季レディースクリニックでは、一緒に働いてくださるスタッフを募集しています。

女性医療に興味と熱意があり、心優しく、協調性と社会性がある方、
そして何よりも、
女性として人間として「自分の足でしっかり人生を歩みたい」という意欲と、
さらに「自分の足で人生を歩む女性のサポートをしたい」という志のある方を希望します。

当院に「社会のなかの自分の居場所」を見つけて、長く働き続けたい方、
経験の有無にかかわらず、一生懸命に「自己ベスト」を目指して仕事をする人を求めています。

女性は、結婚、妊娠、出産、子供さんの行事、パートナーの仕事の都合、親の介護など、
仕事を続けるのが難しい、と思い込んでいませんか?
自分の生活ペース、人生プランに合わせて、長く働き続けたいと思っている方!
当院では、できる限り応援、サポートいたします!
(今回も、産休に入る予定のスタッフがいることを考慮しての募集です。)

当院のお給料(初任給は下記)は、他院と比べると安いと思われるでしょう。
完全週休2日(+祝日休、院長出張で臨時休診もあり)で夜勤もない、
完全予約制のため残業もほとんどない当院では、初任給をそれほど高く設定はできません。
しかし、当院で誠実に努力し、長期に力を発揮してくださる方には、
きちんと評価し、還元することをお約束いたします。
未経験者にも、レベルに合わせて指導いたします。

私と一緒に働きませんか? 
ご興味のある方は下記までご応募ください。

【急募】
受付・医療事務、医療クラーク、診療助手  
 正職員;月給18万円〜、パート時給1000円〜



【随時募集中】
現在、当院で働く医療専門職は院長1名のみです。
下記の資格職には専門職(プロ)としての自覚と向上心を強く求めます。
院長と一緒に、女性医療を学び、極めたいという熱意がある方、大歓迎!

看護師    
 正職員;月給25万円〜、パート;時給1500円〜 
准看護師   
 正職員;月給23万円〜、パート時給1300円〜
臨床検査技師(採血、検査データ管理、診療準備・補助)       
 正職員;月給20万〜、パート時給1200円〜


 電子カルテ、レセコン完備。パソコン操作のできる方歓迎します。
 交通費全額支給、制服貸与
 上記の他、詳細は面接時にお問い合わせください。

※ 診療時間、休診日、勤務地の住所・地図は、四季レディースクリニックHPをご参照ください。
※ 勤務時間は9時半から診療終了までの間のシフト制になります。
※ パートの勤務日、勤務時間は応相談
  (現在もパート勤務のスタッフが活躍中です。柔軟に対応します。)

【応 募】
 履歴書(写真貼付)、職務経歴書をクリニック宛にご郵送ください。
 〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町1-18-9 ATビル3F
       「四季レディースクリニック 求人募集係」宛
    
 書類選考の上、後日、担当者より面接日をご連絡いたします。

ご応募、お待ちしています!

6

2016/4/4  11:48

H28年度も中央区の風疹対策(無料での抗体検査、必要な方へのワクチン接種)は継続されます。  分類なし

あっという間に今年も新年度に入りました。
人形町の桜も満開!昨夜からの雨で少し散り始めでしょうか?

さて。年度末が来るたびに「どうなるんだろう?」と区からのお達しを待つわけですが、
今年も中央区の風疹抗体検査および抗体価が低い方へのワクチン接種の助成は継続されます!

詳細は中央区HPでご確認ください。

ちなみに。
2013年以降の風疹の大流行を受けて、この風疹対策が始まったわけですが、
2013年度はとにかく、抗体検査をせずにワクチンを打つ、というもので、
当院で中央区助成のMR(麻疹風疹混合ワクチン)を接種した方は64名いらっしゃいました。

2014年度以降は、抗体価を検査して、必要な方のみ接種になりましたが、
2014年度は、検査を受けたのが62名 そのうちワクチン接種したのが39名
2015年度は、検査を受けたのが80名 そのうちワクチン接種したのが31名
になりました。

以下、昨年の記載とまったく同じ文章になりますが、一応記載しておきますね。


当院にご来院される方で対象になられる方には、昨年同様、積極的にお声かけします。
ただし、手続きは、ご自身で中央区保健所または保健センターに直接来所か郵送でしていただく必要があるので、ご注意ください。

また、5月からは例年通り、中央区の子宮がん検診が始まる予定です。
子宮がん健診と一緒に抗体検査をされるのも、かなりお勧めですよ!


【対象者】
19歳以上の区内在住者で、以下の3つの条件を満たす方(「不明」の方を含む)
・風しんにかかったことがない
・風しん単抗原またはMR(麻しん風しん混合)ワクチンの予防接種をしたことがない
・風しんの抗体検査をしたことがない

抗体検査
1. 妊娠を予定または希望する女性とその同居者
2. 妊婦健診で風しん抗体価が低かった妊婦さんの同居者

予防接種
1. 上記、抗体検査の結果、風しん抗体価が十分でなかった方
2. 出産後等の方で、妊婦健診等で既に抗体価が十分でないことがわかっている方

※女性のみ、接種後2ヶ月は避妊が必要です。

【検査・接種期限】
平成28年3月31日まで

※なお、中央区在住以外の方が抗体検査を希望される場合は 1500円(税別)
 ワクチン接種を希望される場合は 風疹単独 4000円(税別)
                 MR(麻疹風疹混合) 8000円(税別)
 で承ります。
0

2016/1/13  10:00

【お詫びとお知らせ】クリニックHPとメールサーバーダウン  四季レディースクリニック

2016年に入り、早くも半月が過ぎようとしています。
四季レディースクリニックは1月6日(水)から診療を開始しております。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて。
新年早々大変申し訳ありません。
1月12日未明より、四季レディースクリニックおよびクリニックのメールが「謎の?」サーバーダウンに見舞われております。
HP業者に依頼し、復旧に向け作業を進めておりますが、
当初、本日には回復する見込みでおりましたところ、
残念ながら、1月13日(水)の朝10時現在、まだ復旧の見込みが立っておりません。

HPをご覧いただけない、メールを送っても返信がない、などの問題が起こり、
皆様にご迷惑をおかけしていること、大変心苦しく思っております。

お急ぎの方は、大変お手数ですが、
お電話  03-6661-9208
またはFAX 03-6661-9293
でご連絡をいただけますでしょうか?
尚、まことに勝手ながら、電話受付時間は
平日(木曜除く) 午前10時〜13時30分、午後15時〜18時30分
土曜  午前10時〜14時
となっております。
(休診日(木曜、日曜、祝日)はお電話はつながりませんので、ご了承ください)


インターネット予約はご利用いただけます。
PC
http://frontlink.jp/FrontLink/Login_p.php?login_ownnerid=10710&_applid=Clinic
スマホ
http://frontlink.jp/FrontLink/Login_s.php?login_ownnerid=10710&_applid=Clinic

こちらから予約申し込みをお願いします。
(初診ご希望の方も上記トップページの下方にある
「メール受付フォームを表示」
から必要事項をご記入のうえ、送信ください。

ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。


【1月15日追記】
おかげさまで、1月14日中に復旧しました。
ご迷惑をおかけした方々に、心よりお詫び申し上げます。

0

2015/4/15  13:29

【平成27年度版】東京23区の子宮頸がん検診受診要綱一覧  婦人科検診

ついでなので、今年もまとめてみました。

東京都23区の子宮頸がん検診実施要項!

毎年同じことを書いて、恐縮ですが・・・

子宮がん検診を受けるには、
・住民票がある自治体で受ける
・職場(または夫の職場)の健保組合の検診で受ける
・かかりつけ医で自費で受ける
という、3つの方法があります。
あなたにとって受けやすい方法で、確実に検診を受けましょう!
※不正出血などの症状がある場合には、保険診療で行うこともありますが、症状があってから受けるのでは遅い(進行がんのサインである場合がある)のです。

子宮頸がんは性交(や、それに類する行為)で感染するHPVが原因です。
性交経験のある女性の誰もがかかる可能性があるものです。
HPVに感染しただけでは症状がなく、
出血が「がん」を発症したサインであることも多いので、
不正出血などの症状がないうちに検診で見つけることが大切です!
子宮頸がんは「がんになる前に見つけられる数少ないがん」。
検診を受けないなんてもったいないですよ!!

子宮がん検診は、どの部位のがん検診より有用性が確立されたがん検診なのですから!

特に自治体の検診は最も受けやすい検診であるべきものです。
でも、ご覧のとおり、自治体ごとにバラバラ・・・。
(国からは「20歳以上の人に少なくとも2年に1回は受ける機会を与えるように」という指示がでているのみ。そこから、各自治体で予算をつけて、方法を考えて行っているものです。)
23区内でも、中央区などのように無料で受けられる(しかも対象者に案内の受診券が届く)ところから、2000円費用がかかり、しかも自分で申込みしないといけない区まで、本当にバラバラ。

今、統一地方選真っ最中(前半は終わりましたね)ですが、住民から「自分たちの受けたい、受けやすいがん検診」について声を上げていく、その声を拾ってくれる議員さんを選ぶのって、本当に大切ですよね。

東京23区はすべてここに貼り付けましたが、
その他の自治体にお住いの方は、市町村のHPのトップページのだいたい右上に「検索」があるので、「子宮がん検診」と入力するか、
GoogleやYahoo!などの検索サイトで「●●市 子宮がん検診」で検索をかけるとだいたいの情報が得られますよ!


足立区
http://www.city.adachi.tokyo.jp/esekanri/fukushi-kenko/kenko/25kenkou3.html#sikyuu
荒川区
http://www.city.arakawa.tokyo.jp/kenko/hokeneisei/seijinkenshin/shikyuukeigankenshin.html
板橋区
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/013/013208.html
江戸川区
http://www.city.edogawa.tokyo.jp/kenko/kenko/iryo/kenshin/kenshin/gan.html
大田区
http://www.city.ota.tokyo.jp/seikatsu/hoken/seikatsusyukanbyo/gan.html
葛飾区
http://www.city.katsushika.lg.jp/20/77/013801.html
北区
http://www.city.kita.tokyo.jp/ikigai/kenko/kenko/gan/gan/shikyu.html
江東区
https://www.city.koto.lg.jp/seikatsu/hoken/6855/20622.html
品川区
http://www.city.shinagawa.tokyo.jp/hp/menu000013400/hpg000013364.htm
渋谷区
http://www.city.shibuya.tokyo.jp/fukushi/health/health/kenshin_can.html
新宿区
http://www.city.shinjuku.lg.jp/fukushi/file02_01_00038.html
杉並区
http://www2.city.suginami.tokyo.jp/guide/guide.asp?n1=70&n2=600&n3=100
墨田区
http://www.city.sumida.lg.jp/hokenzyo/kenshin/gankenshin/cancer_shikyu-nyu.html
世田谷区
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/105/146/625/d00011762.html
台東区  
http://www.city.taito.lg.jp/index/kurashi/kenko/gankensin/shikyukeigankenshin.html
千代田区  
http://www.city.chiyoda.lg.jp/koho/kenko/kenko/kenkoshinsa/shikyu.html
中央区
http://www.city.chuo.lg.jp/kenko/kenko/kenkougansika/kenkosinsagankensin/sikyu2013.html
豊島区
http://www.city.toshima.lg.jp/209/kenko/kenko/shinsa/gan/009200.html
中野区
http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/402000/d001777.html
練馬区
http://www.city.nerima.tokyo.jp/kurashi/hoken/kenkoshinsa/gankenshin/shikyugan.html
文京区  
http://www.city.bunkyo.lg.jp/_8052.html
港区
http://www.city.minato.tokyo.jp/kenkouzukuri/kenko/kenko/shinsa/gan/annai.html
目黒区
http://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/hoken_eisei/shinryo/shikyugan.html

※荒川区、江東区、品川区、新宿区、目黒区はまだ更新されていませんので、クリックすると昨年度の情報が表示されます。(4月15日現在)
0

2015/4/15  10:49

平成27年度 中央区子宮がん検診始まります!(5月1日から)  分類なし

桜の季節はあっという間に終わり、人形町はツツジの花がちらほら咲き始めています。

さて、今年も5月1日から中央区子宮がん検診が始まります。
受診券に記載されている期限は「平成27年12月28日(月)まで」となっていますが、
今年度も例年通り平成28年3月10日(木)まで受けられるそうです。

対象者は(平成28年3月31日時点の年齢)
・20歳以上で偶数歳の女性区民
・21歳以上で前年度受診していない奇数歳の女性区民


※20歳以上78歳以下の偶数歳の対象者には、4月下旬に受診券を送付されます。
 (おそらく来週には届くのでは?)

昨年受診しそびれた奇数年齢の方、80歳以上の方、年度途中で転入された方は、
区に直接問い合わせをして受診券を取り寄せていただくことができます。
当院からもご本人からのご依頼があれば手続きが可能ですので、ご遠慮なくお申し付けください。

料金は無料です。(子宮頸がん検診のみ)
※頸がん検診受診者で、必要と認められた方(不正出血などの症状がある場合)は、無料で子宮体がん検診も追加されます。

詳細は、中央区のHPでご確認ください。

当院でももちろんお受けいただけますが、当院は完全予約制で診療を行っており、
中央区子宮がん検診を当院でお受けいただく場合もご予約が必要です。

<当院に受診されたことのある方>
インターネットの「再診予約」から、
「再診+内診あり」の枠でご希望のお時間にご予約をお取りください。
※インターネット予約の案内を受けていない方は、診療時間内にお電話でご予約をお取りください。

<当院をこれまで受診されたことのない方>
当院診療時間内にお電話をいただくか、
初診予約専用メールフォームをご利用いただき、
「婦人科検診希望(症状なし)」を選択、要望欄に「中央区子宮がん検診希望」とご記載の上、ご送信ください。
なお、中央区子宮がん検診以外に、何かご相談されたい症状がある場合には、
通常の「初診」として診察時間を確保いたしますので、必ず予約時にお伝えください。

まずは区の検診のみお受けいただき、2〜3週間後に改めて検診結果説明と同時に初診としてご来院いただくことも可能です。

※お願い
1)土曜日は再診の方で大変混み合いますので、
「当院に受診されたことのない方で中央区検診のみ」という方の事前予約はご遠慮いただいております。

当日朝にお電話いただき、予約に空きがあれば、お受けいただける場合がありますので、土曜日ご希望の方は当日朝にお電話をいただきますよう、お願いします。
(結構、お受けいただける日もあるんですよ!)

2)「中央区子宮がん検診のみ」でご予約いただいた場合は、当日は検診以外のご相談には対応いたしかねますので、ご了承ください。
(取り急ぎ検診のみ受け、改めて受診予約をお取りいただくことをお願いしています。)

【所要時間について】
「中央区子宮がん検診のみ」でご来院いただく場合も、
受付からクリニックを出られるまで30分程度のお時間をいただきます。
<内訳>
 受付(問診票記載、カルテ作成(5分程度)
 問診・検査内容(オプションでお勧めする検査も含む)の説明、確認など(10分程度)
 内診室で医師による検査(5分程度)
 会計(オプションのある人)、検査結果受け取り方法の説明など(5分程度)

※オプション検査として、当院では経膣超音波検査、HPV検査(子宮頸がんの原因ウイルス)、性感染症検査(淋菌・クラミジア)をお勧めしています。

ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。


なお、国の予算による「女性特有のがん検診クーポン」は、
今年4月1日時点で20歳の方のみが対象です。
対象者には、改めて受診券が届き次第受診可能となります。
受診券が届くのをお待ちください。(5月末頃発送される予定だそうです)


それから・・・
先日アップしましたが、風疹抗体検査やワクチンの接種はお受けになりましたか?
せっかく子宮がん検診に受診されるのですから、一緒にお受けになってはいかがでしょうか?

当院では、中央区の子宮がん検診のために来院された方に、風疹抗体検査も一緒にお勧めしています。
まだ抗体検査を受けていない方、過去にワクチンを受けたかどうか自信がない方、一緒にご検討ください。
子宮がん検診の日に一緒に採血で風疹抗体検査を受け、後日結果を聞きに来ていただき、必要ならワクチン接種をする、というのがスムースな流れです。
詳細はこちらをご覧ください。



0

2015/4/9  9:44

おかげさまで5周年!  四季レディースクリニック

本日、4月9日は「子宮の日」。

四季レディースクリニックは、おかげさまで5周年を迎えました。

5年間、本当にいろいろなことがありました。
どうしたら私の思う理想の医療を提供できるのか、試行錯誤の日々でした。

その中で、とにかく自分の本分を忘れないこと、身の丈に合ったことをすることが
最も大切なことだと思うようになりました。

当院に通院されている患者さんのためにできることを一生懸命考え、努力すること。
この小さなクリニックで働いてくれるスタッフを、精一杯大切にすること。

この二つに尽きるかな?と。

このことが、このブログでの発信が減った理由でもあるのですが・・・。(言い訳?(笑))
こうしてインターネットを介して「不特定多数」に発信するよりも、
直接、「face to face」でコミュニケーションをとることがどれだけ有効なのかも、
はっきりと実感できるようになりました。

ゆっくり時間をかけて診療することで、拝見できる患者さんの数に限りが出ますので、
初診の患者さんを拝見できるのは、せいぜい1日2人程度です。
(「初診予約が取りにくい」とのお叱りを受けますが、
  実際はコンスタントにこの程度、拝見できています)
再診の患者さんにも、予約の取り方などで細かなお願いを差し上げておりますが、
限られた時間の中で、「保険診療」という限られた診療報酬の中で、
クリニックを長期に健全に運営していくためには、皆様のご協力が不可欠です。
そして、多くの患者さんのご協力で、5周年を迎えることができたこと、
感謝、としか申し上げられません。

こうしてゆっくりと時間をかけて診療することが、
産婦人科という場所や診療内容に対する、
そして「医師」という存在や、「私」という人間に対する、
様々な誤解や偏見を払拭して、
長く安心して通院していただけるような信頼関係を築くために、
必要不可欠な時間だと確信しています。

そのうち、信頼できるスタッフ(看護師などの専門職)が育ってくれれば、
もう少したくさんの患者さんを拝見できるようになるのかもしれません。
ご縁があって入職してくれたスタッフの妊娠・出産ラッシュも重なり、
(私自身、妊娠・出産のタイミングを先延ばしにして、授かることができなかった人間なので、
 スタッフには同じ思いをさせたくはありませんから・・・)
今はじっと我慢の日々です。
これが、これから5年、10年の当院での課題になるように思います。

これからも、一生懸命勉強して診療に当たり、そこで患者さんから学んだことをアウトプットしていく、
それを繰り返していくという、医師として当たり前のことを、当たり前に繰り返していきたいと思います。

これからも、どうぞよろしくお願いします。



久しぶりに、愛犬あんこも登場!

スタッフにいただいたお花に、おっかなびっくり・・・もうすぐ8歳、相変わらずのビビりです。


クリックすると元のサイズで表示します
2



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ