2011/4/3  8:54 | 投稿者: 江夏 亜希子

3月29日サンスポ.comの記事。
「野口健氏が被災地に届ける寝袋とタバコ」

これについて、私はツイッターでこんなことをつぶやきました(要約)。
「今、大騒ぎしている放射線の健康被害より、タバコの害のほうが大きいのに。(福島原発周辺を除いて)」

そしてら、色々な方からご意見が。
「被災地の人が、普段の生活を思い出すものになるのなら、それを非難するはどうかと思う」というのが多数。
「やっぱりタバコの健康被害を考えると、どうかと思う。」というほうが少数派かな?

面白いのは、後者の意見は医療関係者がほとんど。

タバコって、「嗜好品」に分類されると多くの人が思っていますよね。
じゃあ、「嗜好品」って?
大辞泉では、「栄養をとるためでなく、その人の好みによって味わい楽しむ飲食物。茶・コーヒー・タバコ・酒など。」
たしかに、「世界4大嗜好品」としてその4つが挙げられています。

その4つ「茶、コーヒー、タバコ、酒」を見たときに、
明らかにタバコは異質なのがわかりますか?
お茶やコーヒーに含まれるカフェインやお酒のアルコールは、
確かに多量にすると健康を害しますが、
適量であればほとんど健康を害することはありません。
「酒は百薬の長」を言われるのも一理ある部分もあります。

では、タバコはどうでしょう?
「タバコの害」については、色々なところで書かれていますが、
とりあえず、このページこのページあたりを見てみてください。
少量だって健康にいいところは1つもありません。
そして、ニコチンは多くの人に依存性をもたらします。
明らかに他の3つとは違いますね。
私は、いや、多くの医療関係者は、「タバコは嗜好品とは認めない」と思っているはずです。

「いやいや、でも、タバコは法律で禁じられている訳ではない、
 それをとやかく言われる筋合いはない」という反対意見が出るでしょう。

・・・では、なぜ明らかに健康を害するタバコが法律で禁じられていないのか?
いろいろな「大人の事情」が見え隠れしますね。
「タバコ農家やタバコ産業の保護」というのもあるでしょう。
「タバコ税による税収が大きい」ので、「必要悪」として認めざるを得ない・・・
というのが、かなり大きな理由ではないのでしょうか?
タバコって、税負担率が6割以上なんですって。

それでも、タバコによって健康を害し、
その疾患治療に使われる医療費が莫大であることが明らかになり、
ようやく平成14年に制定された「健康増進法」で
受動喫煙の害を訴える方向になってはきてていますが、
喫煙そのものを抑制するにはいたらず、
まだまだ日本は「喫煙対策後進国」といっていいでしょう。

北海道大学の予防医学講座の先生方は「タバコは国が認可している最大の殺人鬼」と書かれています。

私は生まれてこの方、タバコを吸ったことがありません。
「吸ったことがない人の論理」といわれてしまうのは非常に悔しいですが、
実は、私も数年前まで
「ヒステリックにタバコの害を訴えて禁煙を推進する人ってどうなの?」
と思っていました。
父も、私が子供の頃からヘビースモーカーでしたし、
夫も結婚前、付き合い始めたころはそうで、二人とも1日60本ほど平気で吸っていたとか。
むしろ、「タバコを吸う男性ってかっこいい」くらいに思っていた時期もあったくらい。

身近な大切な人が愛煙家で、タバコを吸うことがストレス解消になるといわれると、
「かわいそう。そんなに吸いたいなら吸わせてあげたいな」
と思うのも、もっともな感情でしょうし、私もそう思っていました。

5年くらい前に二人とも、拍子抜けするほとあっさりと禁煙に成功したのですが、
禁煙後5年経過した昨年、父を食道がんで亡くしました。
その病気にタバコがどれだけ影響していたのか?と考えると、
やっぱり残念でならないのです。
(おそらく禁煙した時点で、初期の癌はあったものと思われます。)

被災地の人々のストレスたるや、私など想像もつきません。
現地ではタバコ1箱5000円で取引されているのを見た、
とボランティアから帰ってこられた方からが情報もあり、
「欲しい人がいて、そのストレス解消になるなら、タバコも必要悪」
という考えも否定はしませんが、
「一時的に「タバコという合法DRUG」で逃避して、何の解決になるの?」
という考え方をしたほうが健康的ではありませんか?

もしかして「タバコがない」という日常が当たり前であれば、
そのまま、自然に禁煙が成功する人も多いのかもしれない。
「喫煙者のみなさん。これを機会にタバコをやめませんか?」
と、笑顔で明るく訴え、
差し入れするなら、「電子タバコとニコチンガム」にしたらいかがでしょう?

私は、本当の優しさとは、その人のためになることを、
例え、その人にとって耳が痛いことでも、
本気で考えて、何かを言ったり、したりすることだと思います。
それは、今回のような未曾有の大災害の後でも一緒で、
絶対にこの考え方だけは曲げたくありません。

人々の健康を守る、特に「予防医学」を専門とする私としては、
どうしてもこの「必要悪」を認めることはできないのです。

8

2011/4/3  7:00 | 投稿者: 江夏 亜希子

akikoent http://twitter.com/akikoent
4月2日 つぶやきまとめ


20:07
風見しんご!すげ〜!今でも涙の「Take a chance」を完璧に歌って踊れるって・・・何?この人、何歳?
2011/04/02 Sat 20:07 From web

10:36
お疲れ様です。「細胞診+HPV検査(予防)」で初めて「子宮頚がんゼロ」ですね。@atsushikisa 1430から宮崎県医師会館でテーマ「子宮頸がんゼロをめざして」。講演「子宮頸がん治療」「宮崎県の子宮頸がんへの取り組み」「子宮頸がんワクチン」シンポジウム「HPVワクチンの課題」
2011/04/02 Sat 10:36 From web atsushikisa宛

10:28
おはようございます。講演会・シンポジウムはどちらでですか?私もうかがいたかったな??!RT@atsushikisa 昼からは子宮頸がんに関する講演会とシンポジウムに参加しまーす。もうすぐ子宮の日(4月9日)ですからね。
.
2011/04/02 Sat 10:28 From web atsushikisa宛

10:26
昨夜は家族全員22時に睡魔に襲われ、22時15分就寝。催眠ガスでもかがされたかのようでした。4月1日を迎えるに当たって、遠足前の子供のように興奮して、前日眠れなかったのは私だけみたいですが。
2011/04/02 Sat 10:26 From web

0




AutoPage最新お知らせ