2011/2/28  11:36

講演会も大事だけど・・・検診を受けましょう!  婦人科検診

昨日の温かさから一変、今日は冷たい雨が降り、冬の寒さに逆戻りですね!
昨日の東京マラソンがこの天気じゃなくてよかった、というべきでしょうか?
(何年か前はこんな寒い日でしたもんね。)

11時に予約されていた初診の方が夜中の間にキャンセルされており、
少し時間が空いたのでブログ更新します。

昨日は葛飾区の講演が10時〜12時。
終わったら立石を少しブラブラし、電車で自宅に帰りました。
少し東京マラソンも見たい気もしましたが、
講演前って、やっぱり緊張しているのか、あまり熟睡できなかった影響で、
空腹と眠気でヘロヘロになって直帰!
昼食の後は動くこともできず、昼寝に突入!
楽しみにしていたあんこお嬢との散歩もお休み、
ジムに行く元気ももちろんなく、ぐうたらな休日を過ごしました。

昨日の講演、2回形式のセミナーということで、参加者は13名と少なめでしたが、
みなさん、日曜日にわざわざ聴きに来てくださるだけあって、
とても熱心に聴き、質問も沢山してくださいました。

「働く女性の産みドキ」がテーマでしたので、
もちろん、産める状態をキープするため、症状がなくても、症状がないうちから
婦人科検診を受けましょう!という話をしたわけですが・・・

「1年以内に子宮がん検診を受けた人!」で挙手してもらったところ、
残念ながら1名のみしか手が挙がらず・・・(泣)。
「区の検診でも受けられるんですよ!」
とお話ししても、リアクションが非常に薄い・・・。
葛飾区は、自分で申し込みをしないと受けられないんですね。
http://www.city.katsushika.lg.jp/kurashi/233/023331.html
国のクーポン対象年齢以外は、自己負担も1000円。

クリニックの近隣では、中央区や江東区などは2年に1回、対象に該当する年齢の方には
本人宛に直接、受診券が郵送で届きますが、
葛飾区などのように、自分で市区町村のHPや広報をチェックして申込しないと
受診できないところもまだまだ多いようです。
さらに、「先着何名までで締切」みたいなひどいところもあるとか。

「受診者を増やそう(=住民の健康を守ろう)という気があるのか?」
と首をかしげたくなるばかりです。

もちろん、区の検診や職場の検診で受けるのが一番お財布には優しいですが、
自分で医療機関を受診してもらうのもおススメ!
お値段は張りますが、毎年同じ医療機関で受け、
がん検診だけでなく、超音波で筋腫や卵巣腫瘍、子宮内膜症の有無などのチェックを受けることもできますし、月経痛やPMS、妊娠したい時や避妊について、性感染症などの相談もできるし・・・
絶対、婦人科のかかりつけ医を決め、上手に自治体の検診や人間ドックを受け、
その結果、内容について相談し、自分に足りない検査を足していく、というのが
やっぱり理想ですよね、

そんな風に語っていたら、最後の質疑応答で、
「歯医者さんとかで、『妊娠前チェック』みたいな、数万円のコース検診があり、
 妊娠前に検診を受け、必要な治療が終わってから妊娠することをめられたけど、
 婦人科ではそういうのはないんですか?」

という質問があり、脱力・・・。

妊娠したい時に慌てるんではなく、月経の仕組みをよく知り、
性交を経験したら、症状がないうちから婦人科検診を受け始めましょう!

という話をしたつもりだったのですが・・・(汗)。

(ブライダルチェックは、多くの婦人科で行われているし、お勧めしますが、
 当院では、性経験があれば年一回の検診が必要!ということで、
 あえて「ブライダルチェック」という項目はない、と説明しましたが・・・)


まだまだ、修行が足りないな〜。と思いました。

いつになったら、みんながあたり前に検診をうけてくれるようになるんでしょうかね?
ちゃんと婦人科検診を受けていないと少なくとも婦人科では保険診療を受けられない、
みたいな制度が必要なんじゃないだろうか???
・・・と最近よく思います。
1

2011/2/27  9:28

これから葛飾区で講演!  講演会

今日は東京マラソンですね。いい天気でよかったですね…かえって暑くて大変かな?

さて、私はこれから葛飾区で講演。
前にもこのblogでご案内した「働く女性の産みドキ」についてお話ししてきます。

送ってもらう車の真正面にすっかり大きくなったスカイツリー!@墨田区・本所吾妻橋。
これ以上近づくと、かえって全体像が見えなくなります。

クリックすると元のサイズで表示します
2

2011/2/26  12:40

メルマガ配信、始まります!  講演会

3月からメルマガ配信が始まります!

・・・といっても、クリニックのメルマガではありません。

低用量ピルのトリキュラーやヤーズ、子宮内避妊システムのミレーナ、
更年期のホルモン補充療法の薬であるジュリナやウェルナラなど、
いつも大変お世話になっているバイエル薬品さんの情報サイト
femalelife.jpの、
会員向けメルマガを3月から執筆することになりました。
来年4月まで、13回の予定で、女性の健康について書いていきます。

すでに先週原稿を提出し、現在、3月1日の第1回配信を待つのみ。
ちょっとドキドキです。

もしよろしければ、会員登録後、メルマガ配信登録してみてくださいね〜!

・・・このブログ読者には、ネタが色々かぶってしまうこともあるかも知れませんが、
その折は、どうかお許しを!(笑)
0

2011/2/23  20:39

人形町でイタリアン!  人形町グルメ

明日はお休みなので、少しゆっくりディナーを!
今日のお店は…
人形町 IL BAMBOLINO
http://r.gnavi.co.jp/ga2a400/

クリニックの前の人形町通りを向かいに渡って、浜町方面に真っすぐ歩いて、緑道脇のampmの隣。

家庭的な雰囲気の中で本格的なイタリアンをいただけます!

ダイエッターはまず、有機野菜のバーニャカウダからスタート!

体に染み込むような野菜の甘さです。

お店のマスコットは豚ちゃん!
お店の至る所に豚ちゃんたちがいます。

クリックすると元のサイズで表示します
1

2011/2/22  23:29

上野のパンダさん、いらっしゃい!  ペット

仙女さん、比力くん
ようこそ日本へ!
長旅、お疲れさまでした!
久しぶりに、我が家のぱんちゃさまとあんこさんも記念撮影。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2011/2/21  2:11

割り切って前に進む気持ちも大切。  女性の健康

そういえば・・・2月って、子宮腺筋症と筋腫の手術を受けた月。
早いもので、手術からまる3年が経ちました。
2007年の1月に再婚。その前後に2回の流産。その度にメキメキ大きくなった筋腫。
経血量が多くなり、外来中に大き目のナプキンをあふれてしまったこともあったし、
子宮後壁にできた筋腫は7cmになり、お腹の上からしこりを触れるようになり、
もともと便秘ではあったのですが、下剤を飲んでも下からは全く出ず、
夜中に胃痙攣のような痛みで目を覚ますような状態。
それで、ちょうど学会で東京に来られた鳥取大の恩師、原田教授(当時は助教授)に相談し、腹腔鏡で手術をしていただいたのでした。
手術後は痛みも量もずいぶん落ち着いて、「さあ、妊娠!」と思っていたのですが、
なかなかうまくはいかないもので、
旦那さまは静岡に転勤になるし、
不妊治療に通おうにも、仕事の休みと排卵日と病院の診療日が合わない。
HPでよさそうだと思って行った、とある不妊治療専門のクリニックで、
ひどいことを院長先生に言われ、受診するのが怖くなったこともあったっけ?(苦笑)

旦那さまが静岡から帰ってきて、「さあ、本腰を入れて!」と思っていたら、
父の食道がんが見つかり、上京(IVb期)から考えて余命1年くらいかな〜?と思い、
父に私の子供も見せたいと、不妊治療を頑張ろうと思っていた矢先、
妹の妊娠が判明。しかも双子!
「自分の生まれ変わりだ」と喜ぶ父の言葉を聞いて、
「私が父にできる親孝行は、別に子供の顔を見せることではないのかもしれない」
と、なんだか肩の荷が下りた気がしました。
仕事をセーブして、不妊治療に通っても、
妊娠できる確率はそれほど高くないかもしれないし、
それが自分らしい生き方か?と。

それから、「自分らしく生きている私を見て、安心して逝って欲しい」と、
その方法を考えるようになりました。
そして出た結論が、自分の目指す医療を実現するための開業。
開業場所も、宮崎に帰るか、東京に残るか、迷った末、東京に決めました。

ちょうどその頃、2009年の夏から秋にかけては、
その準備のためになかなか実家に帰れず、
残念ながら父との最後の思い出を作ることができませんでした。
実は、その年の7月に双子ちゃんが生まれて、ずっと実家にいたので、
当時の私は、まだ「自分が産めない」という現実が享けいれられず、
胸がチクチクして、逃げだしたかったのも正直あったのかも知れません。

そうこうしているうちに、クリニックの場所が決まり、内装が出来上がっていくうちに、
昨年1月中旬に父の病状が急激に悪化。
緊急入院したと聞いて、慌てて帰り、病院に駆けつけると、
3リットルも溜まった胸水を抜いてもらうと同時に、麻薬による鎮痛も始まって、
意識が朦朧として、おかしなことを言うようになっていました。
ベッドサイドで、父の体を拭いていたときだったか・・・
父が急に真顔になって、私に言いました。
「お父さんは、あっこが幸せそうな顔をしちょって、うれし〜がよ!」
いつもの笑顔でした。
孫の顔を見せることが、私にとっての親孝行じゃないよ、って言ってくれたんですよね。
「もう、何もいらない!」って思いました。
無いものねだりをするのは、本当にやめようと。

父が亡くなって1ヶ月、4月9日に四季レディースクリニックが開院。
ばたばたと毎日を過ごしているうちに気がついたのは、
まず、月経周期が徐々に短くなったこと。22〜23日周期でくるって、どう?
終わったらすぐに始まるんですよ!
月経痛はそれほどひどくないものの、
月経と関係ない時期にも下腹部がシクシク痛むし、
いわゆるプレ更年期なのか、排卵期と月経前後は片頭痛。
それでも自然周期で頑張ったのは、
「チャンスがあれば、妊娠も!」と考えていたんですよね。

でも、昨年11月に新しい、超低用量ピル「ヤーズ」が発売になったのを機に、
試してみたところ・・・まあ、体調がよくなったこと!

今回、ダイエットを始める気になれたのは、
きっと、ヤーズで体調がよくなったからだと思います。
だって、片頭痛や下腹痛、月経中って、どうしても体を動かす元気が出なかったですもん。
それが、今や、月経(消退出血)中でも痛みがないので、鎮痛剤は全くいらないし、
出血量も少なく・・・月経中に泳いだの、何年ぶりだろう?
もちろん排卵痛も、排卵や月経前後の頭痛・下腹痛もほとんどなし!

だいたい、ジムに入ろうにも、
「妊娠したら休会?」と思えば、入会のタイミングも難しかったし、
不妊治療に行こうと思えば、ジムに通う時間なんて取れなかったですもんね。

今回、ダイエットを始めてから、
「自分がどれだけ妊娠に囚われて生きてきたか」を再認識。
妊娠さえあきらめれば、こんなに楽な毎日が待っていたのに・・・。

皆さん、50歳前後で実際に閉経する頃に達する境地なのでしょうが、
職業のおかげか、10年早く到達できたと考えていいのかもしれません。
ありがたいことです。

私にとって、きっとこれからが人生の新しい局面。
第何章かな?
これまでに蓄えた贅肉をすっきり削ぎ落として、生まれ変わりたいと思います。
24

2011/2/17  17:06

江東区お散歩〜ダイエッターの休日。  プライベート

おとといの晩から?なんとなく風邪っぽくて、昨夜は鼻水がけっこう出ていました。
今朝、目覚めた瞬間も、休日らしく(?)ちょっと頭が痛かったけど、
熱はなく、鼻水もそうでもなく。
頭痛薬を飲んだら、すっきりしたので、今日はダイエッターらしく休日を過ごすことを決意。

実は、この日の翌日から、Yahooダイエットのダイエットダイアリーに登録し、
毎日の体重と体脂肪、食事内容を記録し始めているんです。

登録して10日間、既に体重は1kg減少しましたよ・・・っていうか、どんだけ太ってたんだ?私。・・・体重計に乗ることから徹底的に逃げてきたもんな〜ここ1〜2年。

ということで、午前中はまたジムに行き、今日は約40分くらいかけて1500m泳ぎました。
泳ぐ度に、からだが少しずつ絞れて、息切れなく泳げるようになっているのを実感。
そして、こうして泳ぎにくる余裕が出たことに感謝!
(昨年は、父のこと、クリニック開業のことで、それどころではなかったもんね〜。
 そして1年間で泳いだ距離、約200m!?という人生最短記録達成。)

お昼過ぎに帰宅し、ご飯を食べて、夕方は家族でお散歩!
今日は江東区を回るロングコース1時間半でした。

まず、清澄白河と門前仲町の間にある、松尾芭蕉の「奥の細道出発地点」にて。
(リンクのサイトの地図Cでこの芭蕉像に出会えます)
クリックすると元のサイズで表示します
あんこ、仕方なく、ビビリながら座るの図。

そして、門前仲町にある某公園の水飲み場で。
この水、カエルのおしっこ??
クリックすると元のサイズで表示します
なぜ、このデザインに?

ちょっとお昼寝して、これから晩ご飯の準備。
今日はダイエッターらしく、蒸し野菜鍋みたいなのにしようと思います。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ